2009年12月22日

蹴友会、PK負けで昇格逃す

先週末の19〜20日、四国サッカーリーグチャレンジチーム決定戦が行われ、
徳島県リーグ1部を8勝1分2敗で制した蹴友会は、高知県リーグ1部の2位・
黒潮FC(優勝した高知大は四国リーグに参入できないため)と対戦したが、
2-2からPK合戦の末、2-3で敗れ、四国リーグ昇格はならなかった。
R・VELHO決勝へ/チャレンジチーム決定戦

蹴友会は前半を2-0とリードして折り返したが、後半に同点に追いつかれた。
その後の延長戦では両チームとも得点を奪えず、PK合戦の末、黒潮FCが
勝ち上がった。徳島県勢は2005年に徳島ヴォルティス・カバロスが優勝し、
入れ替え戦にも勝って四国リーグ昇格を決めたのを最後に、この大会では
勝利がなく、昨年も吉野クラブがなんこくトラスターに延長戦の末、惜敗した。

今回の蹴友会は四国リーグでもプレーした元徳島ヴォルティスアマチュアの
椋田崇大がGKを務めており、4年ぶりに徳島県リーグからの昇格チームが
誕生するかと期待されたが、あと一歩、及ばなかった。

なお、1回戦のもう1試合は、香川県リーグ1部を8勝1分で制したR. VELHOが
愛媛県リーグ1部を8勝3分で優勝したKFCユナイテッド四国に1-0で勝った。
そして翌20日の決勝では、黒潮FCがR. VELHOを2-1で下して優勝を果たし、
1997年以来13年ぶりとなる四国リーグ復帰を決めた。13年前の降格時には
入れ替え戦で三洋電機徳島に敗れており、来年は因縁の対決が見られる。
平成21年度四国サッカーリーグチャレンジチーム決定戦
R・VELHO入れ替え戦へ/サッカー四国リーグ

また、決勝で敗れたR.VELHOは来年1月、四国リーグ7位のベンターナACと
四国リーグ入れ替え戦を戦うことになった。ベンターナが勝てば今まで通り、
四国4県が2チームずつだが、R.VELHOが勝てば香川県は3チームに増えて、
愛媛県は1チームだけになる。


posted by ナカヲ at 18:28| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。