2009年12月26日

林は栃木へ、筑城は熊本へ

徳島ヴォルティスは昨日、今シーズン限りで契約非更新を通知されていた
FW林祐征が栃木SCへ、同じくDF筑城和人がロアッソ熊本へ、いずれも
完全移籍することが決まったと発表した。
林 祐征 選手 栃木SCへ完全移籍のお知らせ
筑城 和人 選手 ロアッソ熊本へ完全移籍のお知らせ

小松島市出身の林は昨シーズン、アビスパ福岡からヴォルティスに加入し、
県人FWとして大いに期待された。しかし4月中旬に愛媛FCとの練習試合で
大怪我を負ったのが響き、実力を発揮できないまま退団となってしまった。
栃木SCはJ2初年度の今シーズン、リーグ最少の38ゴールに終わったが、
来シーズンは林の加入で攻撃力が向上することを期待したい。

また筑城は今シーズン、J1の名古屋グランパスから期限付き移籍加入し、
開幕から6試合連続でスタメン起用されるなどレギュラーとして活躍したが、
DFペ・スンジンのSB転向に伴って出場機会を失い、結局、19試合のみの
出場にとどまった。

熊本は今シーズン、リーグワースト2位の82失点。ヴォルティスとの3度の
対戦で計12点を奪われるなど守備の崩壊が目立ったので、筑城の加入で
守備を安定させたいところだろう。その期待に応える力は十分にあるはず。
これまでのうっ憤を晴らす活躍を期待したい。


posted by ナカヲ at 01:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。