2010年01月01日

関西勢5チームがベスト8へ

明けましておめでとうございます。
今年も毎日更新を目標に頑張りますので、よろしくお願いいたします。

さて、今日は東大阪市の近鉄花園ラグビー場へ全国高校ラグビーフットボール大会の3回戦を見に行った。毎年元旦の恒例行事だ。朝のうちは晴れていたが、次第に曇りがちになり、陽射しがないとかなり寒かった。

スコアボードにも謹賀新年 近鉄花園ラグビー場・第一グラウンド

第一グラウンドの第一試合は常翔学園高(大阪)対高鍋高(宮崎)。
優勝の経験もあるAシードの常翔が圧勝するのではないかと思っていたが、高鍋は開始1分、いきなりバックスを走らせて攻め込み、WTB脇田が先制のトライを挙げた。常翔もすぐに2トライを奪って10-7と逆転したが、その後は高鍋がやや押し気味に試合を進め、ロスタイム0分には再びラックからパスをつないでFL山口が逆転のトライを決めた。そのまま前半終了。貞光工業高(徳島)は2回戦で高鍋のスピードあふれるバックスに翻弄されたが、Aシードの常翔でもこれだけ苦戦しているのだから、決して貞光工のレベルが低かったわけではないようだ。

ラインアウトをさばく高鍋

しかし後半はFWの力量で大きく上回る常翔が高鍋を圧倒し、開始59秒にFWが押し込んでHO圓生が逆転のトライを決めると、その後も4トライを重ね、終わってみれば41-14の大差で勝利を収めた。しかし高鍋の奮闘が印象に残る試合だった。

第二試合は大阪朝鮮高級学校対國學院大学久我山高(東京)。
前半は地元の大声援に後押しされた大阪朝鮮がいきなり1分に先制トライを奪うと、17分にもモールを押し込んでPR金寛泰がトライを決め、12-0とリードした。しかし名門の久我山も負けじと22分、ラックからLO大椙が真ん中を突破してトライを返し、7-12で前半を終えた。

ラックから展開する大阪朝鮮

後半はお互いに相手の守備を破れず、とくに久我山は20分頃にラインアウトからモールを作って敵陣深くまで攻め込むと、FWが執拗に縦を突いたが、最後はノックオンでボールを失ってしまった。逆に大阪朝鮮は後半ロスタイムに敵陣でPGを得ると、SO朴成基がしっかり時間をかけてこれを決め、15-7で逃げ切った。レベルの高い、締まった好試合だった。

ファイナルスコア

第三試合は大分舞鶴高対京都成章高。
前半は京都がショートパントを効果的に使って攻撃のリズムを作り、13分にはラインアウトのボールが奥へ流れてしまったが、これをSH湯浅が拾ってそのまま走りきり、先制のトライを決めた。さらに28分にはSO貴島が意表を突くDGを決めて10-0とリードを広げ、前半を折り返した。大分は京都とは対照的にキックが拙く、大事なところでダイレクトタッチを連発して流れを失った。

ラインアウトの競り合い

後半に入ると、立ち上がりから大分が押し込み、インゴール寸前まで攻め込んだが、京都の堅い守備を破れない。逆に京都は11分、FWがモールで押し込むと、最後はWTB廣川が右中間に抜け出してトライを決めた。大分も29分にモールを押し込んでNo.8の竹内がトライを決め、意地を見せたが、反撃もそこまで。京都が17-5で勝って、ノーシードながら準々決勝へコマを進めた。

第四試合は桐蔭学園高(神奈川)対報徳学園高(兵庫)。
桐蔭は開始3分に正面で得たPGをSO小倉が決めると、13分にも敵陣ゴール前5メートルのスクラムからバックスに展開してWTB竹中が右隅へトライを決め、8-0とリードした。攻め込んではミスでボールを失う悪い流れが続いていた報徳は21分、モールで敵陣を突き進むと、最後もラインアウトからモールを作ってFL勝川がトライを決めた。さらに28分にはラックから左へ展開し、SO長石倉がタックルされる寸前でキックパスを左へ送ると、これをWTB吉村が見事にキャッチしてそのままインゴールへ走り込み、逆転のトライを決めた。

スクラムからパスアウトする桐蔭

しかし後半、桐蔭はいきなり34秒にWTB竹中が自陣の5メートル付近から巧みなステップとパワー、スピードで一気に敵陣インゴールまで走りきり、そのままノーホイッスルトライを決めて15-14と再びリードした。報徳も25分にほぼ正面でペナルティをもらったが、それまで難しいキックも決めていたSO長石倉がこれを右に外してしまった。その後は再び桐蔭が攻め込み、ダメ押しのトライこそ奪えなかったものの、15-14で逃げ切った。最後までどちらに転ぶか分からない面白い試合だった。

なお、第三グラウンドでは御所実業高(奈良)、流通経済大学柏高(千葉)、東海大学付属仰星高(大阪)、東福岡高(福岡)がそれぞれ勝って準々決勝へ勝ち進んだ。ベスト8の中に関西勢が5校、うち大阪勢が3校と、例年以上に地域的に偏った顔ぶれがそろった。

全試合終了後、準々決勝の組み合わせ抽選が行われ、以下の対戦が決まった。
第一試合:流通経済大学柏高×大阪朝鮮高級学校
第二試合:東海大学付属仰星高×東福岡高
第三試合:常翔学園高×桐蔭学園高
第四試合:御所実業高×京都成章高

準々決勝の組み合わせ抽選会


posted by ナカヲ at 20:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Rugby Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。