2010年06月16日

ドゥンビア、初戦は出番なし

日本時間の昨夜から今日にかけて、南アフリカのネルソンマンデラベイ/ポートエリザベスでFIFAワールドカップのグループリーグ第1戦、コートジボワール代表対ポルトガル代表が行われたが、コートジボワールの元徳島ヴォルティスFWドゥンビアは出場しなかった。

コートジボワールは今月4日の日本との親善試合で右腕を骨折したエースFWドログバがベンチスタートとなったが、代役としてスタメンに入ったのはドゥンビアではなくジェルヴィーニョだった。そして後半途中からはドログバ、ケイタと前線の選手が投入されたが、残念なことにドゥンビアには出場機会は与えられなかった。

なお、試合はスコアレスドローに終わったが、グループリーグ第1戦では一番の好カードという前評判どおり、守備の意識が強く伺える中でも、お互いに高い技術レベルを披露し、非常に見ごたえのある内容だった。

コートジボワールは次節、21日(月)の早朝にブラジルと対戦する。この試合を引き分け以上で乗り切れば、決勝トーナメント進出の可能性が見えてくるだけに、ブラジル戦ではぜひドゥンビアに勝ち点獲得につながるゴールを決めてもらいたいところだ。

頑張れ、ドゥンビア! 頑張れ、コートジボワール代表!


posted by ナカヲ at 22:56| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2008年第4節での同点ゴールは、今思い出しても、鮮やかでした。
先日の第17節(岡山戦)の帰り、サポーター仲間と、ワールドカップについて、あれこれ喋っておりまして、「コートジボワールのドゥンビアは、一昨年徳島におったぞ。同点ゴール決めやがったぞ。」→「覚えてない〜」→「電光掲示板に、字数の都合か知らんけど、”ドウンビ”と書いてあった」→「ああ、はいはい!」
「FC岐阜と対戦した選手で、今回出てるのは、彼だけや。」→「楢崎は?」→「あ、天皇杯を忘れとった〜」
ドログバ選手もフル出場はきついと思われるので、きっとチャンスがありますよ。次回は、岐阜や徳島から、代表選手を送り出したいですね。
Posted by 元野球応援団 at 2010年06月17日 02:03
>元野球応援団さん
思えば、あれがドゥンビアのJリーグ初ゴールでしたね。
そして確かヴォルティスのそのシーズンの初ゴールでもあったと思います。

岐阜と対戦した選手・・・さんざんやられたキム・ボギョンはお忘れですか?(汗)
Posted by ナカヲ at 2010年06月18日 12:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。