2010年06月20日

JY、圧勝で決勝T進出決定

今日は田宮の徳島市陸上競技場へ日本クラブユース選手権(U-15)大会四国予選のグループリーグを見に行った。朝のうちは曇り空でやや涼しかったが、第一試合の後半の半ば過ぎから雨が降り始め、第三試合が終わるまで断続的に降り続く生憎の天気だった。

第一試合はFCコラソン(高知)対プルミエール徳島SC。
ここまでコラソンは1勝1敗、プルミエールは2勝1敗だが、このグループはすでに全チームが1敗以上を喫しているため、まだまだ1位通過のチャンスは十分にある。

FCコラソンのスタメンは以下の通り。4−1−4−1のフォーメーションだ。
GKは1番。DFは右から6番、5番、3番、4番。MFはボランチに10番、2列目に右から21番、19番、8番、17番。FWは11番のワントップ。

対するプルミエールのスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から4番、3番、15番。MFはボランチに13番と9番、右サイドに2番、左サイドに12番、トップ下に7番。FWは10番と8番。

前半の立ち上がりはプルミエールが優勢で、3分に左サイドからのパスを正面で受けたFW10番がフリーでミドルシュートを放つと、これが左ポストを叩いてゴールの中へ跳ね返った。

先制ゴールを決めたプルミエールのFW10番

先制を許したコラソンはDFラインを入れ替え、右から5番、3番、6番、4番の並びになった。すると10分頃からはコラソンがペースをつかみ、押し気味に試合を進める。17分にはプルミエールの最終ラインにプレスをかけてボールを奪ったMF17番がGKの頭上を狙ってループシュートを放ったが、ポストの右へ外れた。

しかし次の1点を奪ったのはまたしてもプルミエールだった。前半終了間際の30分、こぼれ球を正面で拾ったMF7番がGKとの一対一からフリーでシュートを決め、2-0とリードを広げて前半を折り返した。

後半は2点を追いかけるコラソンが押し気味に試合を進め、2分にはプルミエールDF15番のミスになったバックパスをFW9番が奪ってGKと一対一になったが、シュートはGK1番がよく弾き、こぼれ球も自ら押さえた。プルミエールも3分、スルーパスに反応したMF2番が正面やや右寄りへ抜け出したが、シュートは惜しくもクロスバーを叩いた。

コラソンは12分、左クロスを正面で受けたMF7番がミドルシュートを放ったが、ポストの右へ外れた。16分にはMF10番が右コーナー際でよく粘ってボールをキープし、DF24番が右からクロスを送ると、ファーサイドのMF19番が頭で合わせ、クロスバーのすぐ下へゴールを決めた。これで1点差、勝負は全く分からない。

後半の半ば過ぎからは雨が落ち始めたが、コラソンの攻勢は変わらない。22分には右サイドでパスを受けた9番がドリブルして右からシュートを放ったが、GK1番にセーブされた。さらに23分にはMF12番が正面で縦パスを受けて反転し、シュートを放ったが、クロスバーを越えた。ロスタイムにはプルミエールも攻め込むが、こちらもフィニッシュが決まらない。結局、プルミエールが2-1で逃げ切ってグループリーグ3勝目を挙げた。

惜しいシュートを放ったコラソンMF12番

第二試合は徳島ヴォルティスジュニアユース対FCリフォルマ(香川)。ヴォルティスはここまで2連勝、一方のリフォルマは1勝。試合数は少ないが、全勝同士の直接対決であり、とくにヴォルティスはこの試合に勝てば決勝トーナメント進出が決まる。ヴォルティスは昨シーズンのこの大会、決勝トーナメント初戦でリフォルマに敗れて本大会出場を逃しただけに、その雪辱を果たしたいところだ。

ヴォルティスのスタメンは以下の通り。
GKは高橋。DFは右から真田、小泉、森下、巽。MFは右から松竹、山口、廣瀬、夏目。FWは林と表原。

円陣を組むヴォルティスのスタメン

対するリフォルマのスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から5番、3番、2番、15番。MFは右から13番、12番、10番、8番。FWはトップ下に7番、ワントップに9番。

円陣を組むリフォルマのスタメン

前半は立ち上がりからヴォルティスがほぼ敵陣で一方的に攻め続ける。まずは3分にFW表原が裏へ抜け出し、正面左寄りからGKとの一対一を決めて先制。5分には表原がペナルティエリアの左隅で倒されて得たPKを自ら決めて2点目。7分にはFW林の左クロスにゴール正面でMF松竹が頭で合わせて3点目。

15分にはMF山口の左クロスにニアサイドの表原が頭で合わせて4点目。18分には松竹の右CKにファーサイドのDF小泉が頭で合わせたが、GK1番にキャッチされた。しかし20分、MF夏目の左クロスにファーサイドの松竹が頭で合わせて5点目。

23分には山口のパスに反応した表原が裏へ抜け出し、GKとの一対一からゴール左隅へ6点目を決めた。さらに24分にはDF真田の右クロスがファーサイドへ流れ、これを拾った林が7点目を決めた。28分にも松竹の右クロスにゴール正面の表原が頭で合わせたが、GK1番の正面を突いた。結局、7-0で前半終了。

前半だけでハットトリックを決めたFW表原

後半に入り、ヴォルティスは高橋に代えて2年生の小畑、真田に代えて川添、松竹に代えて郡、表原に代えて宮井を投入した。後半の立ち上がりはリフォルマが攻め込んだが、ヴォルティスも相手のシュートをしっかりブロックして跳ね返す。10分にはDF5番のスルーパスにMF12番が正面右寄りへ抜け出してGKと一対一になったが、シュートはGK小畑がよくセーブした。

ヴォルティスは12分、小泉に代えて2年生の小栗、夏目に代えて大谷、林に代えて2年生の重本を入れた。さらに18分には山口に代えて2年生の川原を入れた。そして21分、ヴォルティスは相手の最終ラインにプレスをかけたMF廣瀬がボールを奪うと、FW重本がGKとの一対一から8点目のゴールを決めた。

26分には森下に代えて川上を投入。28分には重本が左サイドのMF大谷とのワンツーパスからドリブルでゴール正面へ抜け出したが、シュートはGK1番にセーブされた。しかしロスタイム1分、ヴォルティスは右クロスに正面へ飛び込んだ重本が合わせて9点目。結局、そのまま9-0で試合終了。ヴォルティスが圧勝で3連勝を飾り、1試合を残して決勝トーナメント進出を決めた。

続いて第三試合はシーガルFC(香川)対徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川。シーガルはここまで2勝、対する吉野川は1勝1敗。シーガルはこの試合に勝てば決勝トーナメント進出に大きく近づき、逆に吉野川はかなり苦しい状況に追い込まれる。何とか勝ってシーガルを混戦に引きずり込みたいところだ。

シーガルのスタメンは以下の通り。
GKは16番。DFは右から5番、4番、3番、8番。MFは右から11番、6番、10番、7番。FWは2番と9番。

対する吉野川のスタメンは以下の通り。
GKは藤本。DFは右から林、茨木、西岡、山口。MFは右から板野、矢田、大西、福冨。FWは美馬と豊崎。

ベンチの前で円陣を組む吉野川の選手たち

前半は半ば頃まで互角の攻防が続き、どちらも決定機を作れない。そして19分、シーガルはペナルティエリアの左寄りでFW2番が倒されてPKを獲得した。しかし20分にMF6番が蹴ったキックは右ポストを叩いて左へ外れた。

チャンスを逃したシーガルは24分、今度は強烈なミドルシュートでゴールを狙ったが、GK藤本の正面を突き、弾いたボールも藤本が自ら押さえた。吉野川も29分、左CKにファーサイドのFW美馬が合わせたが、GK16番のファインセーブに阻まれた。

このまま0-0で折り返しかと思われたロスタイム1分、シーガルは右サイドのハーフウェイ付近で得たFKをMF11番がゴール前へ放り込むと、これが風に乗って伸び、クロスバーのすぐ下に当たって地面に跳ね返り、そのままゴールラインを越えた。思わぬ形でシーガルが先制点を奪い、1-0で前半を終えた。

後半は開始と同時にシーガルが攻め込み、25秒、MF10番が右から放ったシュートがファーサイドへ流れ、そこへFW9番が飛び込んだが、ポストの左へ外れた。さらに10分には混戦の中で2番が正面からシュートを放つと、吉野川のGK藤本は抜かれたが、カバーに入っていたDF西岡がゴールライン上でよく跳ね返した。

しかし押し気味に試合を進めていたシーガルは18分、2番が相手DFと競り合って裏へ抜け出し、GKとの一対一からGK藤本の頭上を越すシュートを決めて貴重な追加点を奪った。

追いかける吉野川は19分に福冨に代えて川村を投入。20分にはそのMF川村が左からクロスを入れると、こぼれ球をFW豊崎がバイシクルボレーでシュートしたが、ポストの右へ外れた。21分には板野に代えて小方をボランチに入れ、大西を右SHへ移したが、最後までゴールを奪うことはできず、2-0のまま試合終了。

中盤でのボールの奪い合い

地力に勝るシーガルが3連勝を飾り、決勝トーナメント進出へ大きく前進した。敗れた吉野川はこれで1勝2敗。決勝トーナメント進出のためにはもう後がなくなった。

ようやく雨の上がった第四試合はFCディアモ(香川)対阿南FC(徳島)。昨年度の覇者・ディアモはここまで2勝1敗でプルミエールとグループ首位を争っている。対する阿南はここまで1勝1分1敗。ディアモを撃破して2位争いに割って入りたいところだ。

ディアモのスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から11番、16番、7番、2番。MFはボランチに10番、二列目に右から4番、17番、8番、5番。FWは22番のワントップ。

対する阿南FCのスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から6番、12番、5番、18番。MFはボランチに13番と7番。FWは右サイドに11番、左サイドに9番、そしてトップに8番と15番。形としては4−4−2に近いが、両サイドとツートップの選手が柔軟にポジションを入れ替えて攻撃を仕掛けていたので、あえて4−2−4のような表記にしてみた。

前半の立ち上がりはややディアモが押し気味で、5分にはこぼれ球を拾ったMF17番が正面からシュートを放ったが、GK1番の正面を突いた。半ば頃からは阿南も盛り返して互角の攻防が続いたが、どちらも決め手を欠き、あまりチャンスは作れないまま、0-0で前半終了。

バイタルエリアでの攻防

後半も立ち上がりはディアモが優勢で、いきなり開始45秒に阿南のGK1番がピンチに飛び出して弾いたこぼれ球をMF18番が正面で拾ってシュートしたが、GK1番がよく反応して至近距離でキャッチ。8分には右クロスにファーサイドのMF6番がダイレクトで合わせたが、ポストの左へ外れた。さらに10分には正面左寄りでパスを受けたMF10番がフリーでシュートを放ったが、クロスバーを越えた。

その後は次第に阿南がペースをつかみ、ディアモのゴールに迫る。そして20分、阿南は右サイドでパスを受けたFW8番がドリブルでゴールに迫ると、右の角度のない位置からゴールネット上部へ豪快に突き刺して先制した。

しかしディアモも少ない残り時間で必死に反撃し、29分には右CKにファーサイドの6番が合わせたが、GK1番のファインセーブに阻まれた。それでも30分、18番が左サイドから送ったパスを正面で受けた10番がゴール右隅へ値千金の同点ゴールを決めた。

同点ゴールを決めたディアモのMF10番

ロスタイムに入り、引き分けでは決勝トーナメント進出が厳しくなる両チームは勝ち越しを狙って攻めたが、結局、どちらもゴールは奪えず、1-1のまま試合終了。手に汗握るなかなか面白い試合だった。

◎第25回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会四国予選
 グループリーグC 2010年6月20日10時キックオフ
 (徳島市陸上競技場)=30分ハーフ

FCコラソン 1(0−2)2 プルミエール徳島SC
        (1−0)

得点:コ=19番(46分)
   プ=10番(3分)、7番(30分)

(FCコラソン)
GK 1番
DF 6番
   5番
   3番
   4番(→HT、24番)
MF 10番
   21番(→HT、12番)
   19番
   8番(→HT、7番)
   17番
FW 11番(→HT、9番)

(プルミエール徳島SC)
GK 1番
DF 4番(→59分、14番)
   3番
   15番
MF 13番
   9番(→HT、11番)
   2番
   12番
   7番
FW 10番
   8番

◎第25回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会四国予選
 グループリーグA 2010年6月20日11時30分キックオフ
 (徳島市陸上競技場)=30分ハーフ

徳島ヴォルティスジュニアユース 9(7−0)0 FCリフォルマ
                 (2−0)

得点:徳=表原(3分、5分、15分、23分)、松竹(7分、20分)、
     林(24分)、重本(51分、60+1分)

(徳島ヴォルティスジュニアユース)
GK 高橋1(→HT、小畑12)
DF 真田18(→HT、川添5)
   小泉11(→42分、小栗2)
   森下19(→56分、川上3)
   巽13
MF 松竹8(→HT、郡17)
   山口4(→48分、川原24)
   廣瀬7
   夏目6(→42分、大谷14)
FW 林9(→42分、重本15)
   表原10(→HT、宮井20)

(FCリフォルマ)
GK 1番
DF 5番
   3番(→HT、6番)
   2番
   15番
MF 13番(→HT、17番)
   12番
   10番
   8番(→HT、14番)
FW 7番
   9番(→HT、11番)

◎第25回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会四国予選
 グループリーグD 2010年6月20日13時キックオフ
 (徳島市陸上競技場)=30分ハーフ

シーガルFC 2(1−0)0 徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川
        (1−0)

得点:シ=11番(30+1分)、2番(48分)

(シーガルFC)
GK 16番
DF 5番
   4番
   3番
   8番
MF 11番(→60+2分、14番)
   6番
   10番
   7番
FW 2番(→60分、18番)
   9番

(徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川)
GK 藤本1
DF 林3
   茨木13
   西岡5
   山口17
MF 板野15(→51分、小方4)
   矢田11
   大西6
   福冨9(→49分、川村7)
FW 美馬10
   豊崎8

◎第25回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会四国予選
 グループリーグC 2010年6月20日14時30分キックオフ
 (徳島市陸上競技場)=30分ハーフ

FCディアモ 1(0−0)1 阿南FCジュニアユース
        (1−1)

得点:デ=10番(60分)
   阿=8番(50分)

(FCディアモ)
GK 1番
DF 11番
   16番
   7番
   2番
MF 10番
   4番(→27分、6番)
   17番(→54分、20番)
   8番(→22分、18番)
   5番
FW 22番(→49分、12番)

(阿南FCジュニアユース)
GK 1番
DF 6番(→46分、2番)
   12番
   5番
   18番
MF 13番
   7番
FW 11番
   8番
   15番(→44分、10番)
   9番


posted by ナカヲ at 21:32| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。