2010年06月21日

日本、2位でデンマーク戦へ

日本時間の19日夜、南アフリカのダーバンでFIFAワールドカップのグループリーグ第2戦、オランダ代表対日本代表が行われ、日本は健闘及ばず0-1で惜敗した。

日本は前半、圧倒的格上のオランダに対して守備を固めてカウンターでゴールを狙うスタイルに徹し、ボールは一方的に支配されたものの、シュート数やチャンスの数ではオランダを上回るというほぼ完璧な内容で、両チームスコアレスのままハーフタイムを迎えた。

しかし後半に入ると次第にオランダが攻勢を強め、8分にオランダのMFスナイデルが放った強烈なミドルシュートは、GK川島(川崎フロンターレ)が弾いたものの、ボールの軌道の変化が勝ってそのままゴールネットに突き刺さった。

リードを許した日本は、時間の経過とともに攻撃に比重をかけていったが、最後までオランダの守備を崩すことはできず、逆に何度か決定的なピンチを招いた。それでもGK川島の度重なるファインセーブで何とか2失点目は阻止し、結局、0-1のまま試合を終えた。

引き分けに持ち込めずに残念という声も多く聞かれるが、決勝トーナメント進出を目標とするなら、1点差での負けは引き分けと大差ない価値がある。オランダとの実力差を考えればほぼ狙い通りの結果を得たと言えるだろう。本当によくやったと思う。

そして日本時間の20日早朝に行われたグループEのもう1試合でデンマーク代表がカメルーン代表を2-1で破ったことにより、日本はグループEの2位で第3戦のデンマーク戦を迎えることになった。オランダ戦を1点差負けで切り抜けたおかげで、デンマーク戦に勝つか引き分ければ決勝トーナメント進出が決まる。もちろんデンマークも格上のチームなので、簡単には勝ち点を奪えないだろうが、守備の固い相手に必ずしも勝たなくていいということで、かなり戦いやすくなるはずだ。

注目の一戦は日本時間25日(金)の早朝3時30分から、南アフリカ北部の高地・ルステンブルクで行われる。日本代表の奮闘に期待したい。


posted by ナカヲ at 03:26| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。