2010年06月22日

ドゥンビア、2戦目も出番なし

日本時間の昨日早朝、南アフリカのヨハネスブルクでFIFAワールドカップのグループリーグ第2戦、ブラジル代表対コートジボワール代表が行われたが、コートジボワールの元徳島ヴォルティスFWドゥンビアは初戦に続いてまたも出場機会を得られなかった。

コートジボワールは、大会直前の日本代表との親善試合で右腕を骨折して第1戦はベンチスタートとなったエースFWドログバがスタメン入りし、後半途中からは第1戦スタメンのFWジェルヴィーニョ、さらに第1戦途中出場のFWケイタとMFロマリックが相次いで投入されたが、またもドゥンビアに出場機会は与えられなかった。

なお、試合はブラジルが3-1で快勝し、決勝トーナメント進出を決めた。敗れたコートジボワールは1分1敗となり、決勝トーナメント進出が非常に難しくなったが、25日(金)の23時から行われる朝鮮民主主義人民共和国戦ではドゥンビアのゴールとコートジボワールの勝利が見たいものだ。


posted by ナカヲ at 00:03| 徳島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポルトガル対北朝鮮をテレビで見まして...、
鄭大世と安英学、瑞穂で何度も見てましたので、
負けるかもしれんけど、北朝鮮に頑張ってもらいたかった。
前半0−1、チャンスは結構あったし、互角の試合になってる印象でしたが、後半はどうしたものか。これが実力というもんでしょうか。
コートジボアールにとっては、えらい迷惑な結果です。はてさて、どうするつもりやろ?ドゥンビア出すかな?
Posted by 元野球応援団 at 2010年06月23日 01:41
>元野球応援団さん
点を取りに行った結果の大量失点ですし、まあ仕方ないですね。
コートジボワールはあきらめずに8点を取りに行きましたが、さすがに難しかったです。
Posted by ナカヲ at 2010年06月30日 12:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。