2010年06月26日

ユース、高円宮杯出場逃す

今日は愛媛県の新居浜市営サッカー場(グリーンフィールド新居浜)へJFAプリンスリーグU-18四国の第6節を見に行った。第5節が行われたのは5月の半ばだったので、6週間ぶりの再開ということになる。朝からまとまった雨が降り続く生憎の空模様で、湿度はかなり高いが、気温はそれほど高くない。

第一試合は第一グラウンドで愛媛FCユース対徳島ヴォルティスユース、第二グラウンドで済美高(愛媛)対高知高が行われたので、当然ながら私は第一グラウンドへ向かった。

愛媛は現在首位、対するヴォルティスは現在5位。両者の勝ち点は5点離れており、前期の残り試合はともに3試合なので、ヴォルティスはもし今日の試合に敗れると、前期の優勝、つまり高円宮杯全日本ユース(U-18)選手権大会出場の可能性が完全に消えてしまう。

また、このカードは今月6日と19日に日本クラブユース選手権(U-18)大会の四国予選でもホーム&アウェイで行われており、何と今月だけで3度目の対戦となる。ヴォルティスはクラブユース選手権予選では1分1敗と勝てなかっただけに、今日こそは勝ちたいところだ。

愛媛のスタメンは以下の通り。
GKは山本。DFは右から曽根田、岡原、田村、藤。MFはボランチに平田と黒瀬、右サイドに垂水、左サイドに野町、トップ下に近藤。FWは金村のワントップ。

対するヴォルティスのスタメンは以下の通り。
GKは津司。DFは右から窪田、武岡、増矢、藤本。MFはボランチに渡邊、右サイドに友成、左サイドに中川、トップ下に桑島。FWは林と大西泰。ただし、友成、中川、桑島の3人は流動的にポジションを入れ替えていた。

雨はピッチ内アップ時には小止みになっていたが、キックオフ直前から急に激しく降り始めた。そのせいかどうかは分からないが、ヴォルティスは立ち上がりやや集中を欠き、開始わずか52秒にMF平田のパスを受けたMF近藤に正面からフリーで強烈なミドルシュートを打たれ、GK津司がかろうじて弾いたボールはクロスバーに跳ね返されたが、こぼれ球を正面右寄りからFW金村に決められてあっさりと先制を許してしまった。

その後も愛媛が押し気味に試合を進め、ヴォルティスはなかなかチャンスを作れない。しかし次第に落ち着きを取り戻すと、遠目から積極的にシュートを打ち始める。スリッピーなピッチと濡れたボールがGKのファンブルを誘う可能性は大いにある。

前線からプレスを掛けるMF中川

26分にはFW大西泰が正面右寄りからミドルシュートを放ったが、クロスバーを越えた。28分にはMF桑島が右サイドからドリブルで中央へ切れ込み、正面やや右寄りからシュートを放ったが、惜しくもポストの右へ外れた。

しかし互角の展開から次の1点を挙げたのは、またしても愛媛だった。38分に平田とのパス交換で右サイドへ抜け出した近藤が右から放ったシュートがGK津司の手の先を通過してゴール左隅へ決まった。今日のゴール裏には、下部組織の試合としては珍しい近藤個人を応援する横断幕が掲げられていたが、それに応える見事な活躍だった。結局、愛媛が2-0とリードして前半を終了。

ゴール裏に張られた「KANTA」の横断幕

ヴォルティスは後半の頭から林に代えて田中を右SHに入れ、友成がセンターハーフに入って4−1−4−1のようなフォーメーションに変わった。

しかし後半はどちらもあまりチャンスを作れない。愛媛は11分、裏へのパスに近藤が正面右寄りへ抜け出し、飛び出してきたGK津司と一対一の決定的なチャンスを迎えたが、シュートは津司にブロックされ、こぼれ球もクリアされてしまった。

ゴール前の空中戦に挑むDF増矢

なかなか決定機を作れないヴォルティスは31分、武岡に代えて山口をボランチに入れ、渡邊がCBに回った。そして38分、ヴォルティスは大西泰が右から決定的なシュートを放ったが、GK山本にセーブされた。

結局、2-0のまま試合終了。内容的にはそれほど差があるわけではなかったが、試合運びやFWの決定力などの面で愛媛に一日の長があった。これで今シーズンも高円宮杯出場はお預け。残り試合をきっちりと勝って、勝ち越しで前期を終えたい。

第一グラウンドの向こうが大雨で霞む

さて、第二試合は第一グラウンドで南宇和高(愛媛)対香川西高、第二グラウンドでは明徳義塾高(高知)対徳島市立高が行われたので、第二グラウンドへ移動。残留を決めて上位6チームによる後期リーグへ参戦するためにもお互いに負けられない一戦だ。

雨で煙る第二グラウンドのピッチ ゴール裏の高みから見た第二グラウンド

明徳義塾のスタメンは以下の通り。
GKは藤川尚。DFは右から庄司、中川、高橋、堅田。MFは右から福本、禹奨允、中嶋、城前。FWは佐々木と尾崎。

対する徳島市立のスタメンは以下の通り。
GKは芦田。DFは右から河野、真杉、近藤耕、近藤亮。MFは右から戎谷、島田、酒巻、新見。FWは坂東と武田。

試合は激しい雨の中で始まり、水の溜まったピッチでスリップして転倒する選手が続出。立ち上がりは互角かやや明徳が押し気味だったが、徳島市立は22分、DF真杉のロングパスをFW武田が頭で落とし、これを正面右寄りで拾ったMF島田がドリブルからゴール左隅へシュートを決めて先制した。

しかし明徳も30分、FW佐々木が左へ展開すると、MF禹奨允からのパスに正面左寄りへ抜け出したMF城前が左からシュートを決めて同点に追いついた。明徳はさらに攻勢をかけ、32分に裏へ抜け出してGKと一対一になった場面ではシュートをGK芦田に弾き返されたが、35分に相手ボールを奪った禹奨允が正面からフリーで強烈なミドルシュートを放つと、これがGK芦田の手を弾いてゴール右隅へ飛び込んだ。

その後、徳島市立はプレッシングを強めて再び互角の展開に持ち込む。明徳は45分、相手GKのロングフィードにFW真辺がプレッシャーをかけ、身体に当たってこぼれたボールを拾ってシュートを放ったが、これはGK芦田が何とかセーブした。そのまま2-1で前半終了。

後半に入り、明徳は5分、相手のパスをカットしたFW小松が正面からドリブルで攻め込み、GKとの一対一からシュートを放ったが、GK芦田のセーブに阻まれた。逆に6分、徳島市立はMF山口の右クロスにファーサイドの武田が合わせ、左隅へ同点ゴールを決めた。

同点ゴールを決めた徳島市立MF武田

これで徳島市立に勢いが出てくるかと思われたが、そうはさせじと明徳は9分、カウンターから真辺がMF中嶋とのパス交換で左へ抜け出し、左クロスにゴール前でフリーになっていた小松が難なく合わせて、3-2と再び勝ち越しに成功。お互いに攻守がめまぐるしく入れ替わる、見ていて面白い展開だ。明徳はさらに13分、真辺が正面からシュートを放ったが、GK芦田のスーパーセーブに阻まれた。

その後は徳島市立が攻めて明徳がカウンターを狙う試合展開に変わり、明徳は31分、右サイドからMF福本が送ったスルーパスに中嶋が右寄りへ抜け出すと、GKとの一対一からドリブルでGK芦田を右へかわし、無人のゴールへ流し込んだ。

徳島市立も45分、正面右寄りで得たFKをMF戎谷がゴール前へ蹴り込み、ニアサイドのMF酒巻が頭で合わせて3-4と追いすがったが、反撃もここまで。明徳が1点のリードを守り切り、激しい点の取り合いを制して開幕戦以来の2勝目を挙げた。敗れた徳島市立はこれで1勝4敗。残留に向けていよいよ後がなくなってきた。

一方、第一グラウンドでは、2位ながら残り試合数の関係で優勝に最も近いところにいた香川西が、まだ1勝の6位・南宇和と1-1で引き分けるという波乱が起こった。この結果、首位の愛媛FCユースに自力優勝の可能性が復活。香川西にとっては痛恨の取りこぼしとなってしまった。

第一グラウンドの熱戦

◎JFAプリンスリーグU-18四国第6節 2010年6月26日11時キックオフ
 (新居浜市営サッカー場(グリーンフィールド新居浜)第一グラウンド)
 観衆100人

愛媛FCユース  2(2−0)0  徳島ヴォルティスユース
          (0−0)

得点:愛=金村(1分)、近藤(38分)
警告:徳=増矢(50分)、窪田(67分)

(愛媛FCユース)
GK 山本1
DF 曽根田24
   岡原5
   田村17
   藤20
MF 平田14
   黒瀬23
   垂水7(→76分、伊藤8)
   野町19(→85分、村上2)
   近藤22
FW 金村10(→87分、林9)

(徳島ヴォルティスユース)
GK 津司1
DF 窪田13
   武岡20(→76分、山口23)
   増矢3
   藤本5
MF 渡邊2
   友成7
   桑島10
   中川18
FW 林24(→HT、田中19)
   大西泰9

◎JFAプリンスリーグU-18四国第6節 2010年6月26日13時30分キックオフ
 (新居浜市営サッカー場(グリーンフィールド新居浜)第二グラウンド)観衆30人

明徳義塾高  4(2−1)3  徳島市立高
        (2−2)

得点:明=城前(30分)、禹奨允(35分)、小松(54分)、中嶋(76分)
   徳=島田(22分)、武田(51分)、酒巻(90分)
警告:明=高橋(69分)、禹奨允(88分)

(明徳義塾高)
GK 藤川尚1
DF 庄司2
   中川3(→57分、岡村14)
   高橋4
   堅田5(→85分、山本15)
MF 福本9(→90+2分、谷奥18)
   禹奨允6
   中嶋7
   城前8
FW 佐々木10(→HT、小松16)
   尾崎11(→27分、真辺17)

(徳島市立高)
GK 芦田17
DF 河野5
   真杉3
   近藤耕22
   近藤亮4(→85分、犬伏23)
MF 戎谷7
   島田6(→60分、圓藤20)
   酒巻11
   新見14(→HT、山口16 →85分、横田24)
FW 坂東19
   武田13


posted by ナカヲ at 23:48| 徳島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。