2010年06月30日

日本、PK合戦でベスト8逃す

日本時間の昨夜から今朝にかけて、南アフリカの行政首都ツワネ/プレトリアでFIFAワールドカップの決勝トーナメント1回戦、パラグアイ代表対日本代表が行われたが、日本はスコアレスドローからPK合戦の末、3-5で敗れて初のベスト8進出はならなかった。

グループリーグ3試合と全く同じスタメンで臨んだ日本は、前後半ともパラグアイに押し込まれる時間が長く、何度か決定的なピンチを迎えたが、GK川島(川崎フロンターレ)の好セーブやフィールドプレーヤーたちの体を張った守備もあって、パラグアイに最後までゴールを許さなかった。しかし攻撃では、得意のショートカウンターで何度か惜しい場面は作ったものの、前半19分にMF松井(グルノーブル・フット38)が放ったミドルシュートがクロスバーに嫌われるなど、最後までゴールを決めることはできず、15分ハーフの延長戦を含めた120分間の激闘は0-0で終了した。

そして決勝トーナメント進出チームを決めるPK合戦では、5人全員が決めた先攻のパラグアイに対して、後攻の日本は3人目のDF駒野(ジュビロ磐田)がクロスバーに当ててしまい、惜しくも3-5で敗退となってしまった。

史上初の準々決勝進出にはあと一歩届かなかったが、選手たちは持てる力をすべて出し切り、望みうるほぼ最高の結果を残したと思う。PK合戦で敗れたということは、サッカーで敗れたわけではない。日本中にあらためてサッカーの魅力を伝えてくれた今回の代表チームの功績は非常に大きいと思う。胸を張って日本に帰ってきてほしい。

とはいえ、120分で勝てなかったからこそ運頼みのPK合戦に運命を委ねることになったのも事実。ここからさらに上を狙うには、チーム自体の底上げが必要だろう。セットプレーは大きな武器であり、それを磨くことはいいことだが、逆にそれ以外での得点は4試合で2点しかなく、美しい攻撃の形と言うべきものは残念ながらそれほど多く見ることはできなかった。そのあたりには改善の余地があると思う。

また、全4試合を同じスタメンで戦わざるを得なかったため、決勝トーナメントに進出した段階で選手たちの疲労はピークに達していた。他に同レベルの選手がいれば、コンディションを考慮したメンバーの入れ替えが可能となり、疲労だけでなく怪我や出場停止に際してもチームのレベルを落とさずに戦えるはずだ。

中継TV局の試合後のインタビューで、MF長谷部(VfLヴォルフスブルク)が「(日本代表の)ほとんどの選手がJリーグでプレイしているので、次はJリーグの方に足を運んで盛り上げてもらいたいなと思います。」と発言していたが、これは全くその通りで、日本代表がさらに上のレベルを目指すための一番の近道は、Jリーグのレベルアップであり、それは即ちJリーグの入場者数増でもある。

今大会の日本代表の活躍に「元気をもらった」「夢や感動をありがとう」とコメントしている人には、その恩返しとして、また次回以降の大会でさらに大きな感動をもらうための投資として、ぜひJリーグの試合会場へ足を運んでもらいたいと思う。

日本代表チームの選手、監督、コーチ、スタッフの皆様、本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。


posted by ナカヲ at 08:55| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。