2010年07月03日

JY吉野川、決勝T進出ならず

今日は徳島スポーツビレッジ人工芝グラウンドへ日本クラブユース選手権(U-15)大会四国予選のグループリーグを見に行った。朝から曇り空で湿度が高く、非常に蒸し暑い。

会場に到着すると、ちょうど第一試合の横浜ポラリスFC(高知)対FC AMIGOS(愛媛)が終わる直前だった。また、隣の天然芝グラウンドBでは、徳島ヴォルティスのトップチームがJ2の後半戦へ向けて練習に励んでいた。中にはユースのMF桑島の姿も見える。

横浜ポラリスFC対FC AMIGOS トップチームの練習

さて、人工芝グラウンドの第二試合はグループDの徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川対MFC高松ジュニアユース(香川)。お互いに勝てば決勝トーナメント進出が決まるという大一番だ。なお、引き分けた場合はどちらもグループリーグ敗退となり、すでに全日程を終えている帝人サッカースクール(愛媛)が決勝トーナメントに進出する。

吉野川のスタメンは以下の通り。
GKは藤本。DFは右から林、茨木、西岡、重本。MFは右から中川、矢田、大西、川村。FWは美馬と豊崎。

試合前に円陣を組む吉野川の選手たち

対するMFC高松のスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から11番、8番、4番、6番。MFはボランチに18番、右に3番、左に9番、トップ下に7番。FWは10番と14番。

両チームのスタメン

立ち上がりは吉野川が押し気味で、まずは2分にFW美馬が中央をドリブルで突破し、右からクロスを送ると、ファーサイドでMF大西が合わせたが、大きくクロスバーの上へふかしてしまった。その後も吉野川はたびたび高松ゴールに迫るが、シュートが枠に飛ばない。

試合が始まってしばらくすると雨が降り始めた。劣勢だった高松は11分、FW14番が裏へ抜け出してGKと一対一になったが、飛び出してきたGK藤本とすれ違うように放ったシュートはポストの右へ外れた。

しかし直後の12分、高松はまたしてもカウンターで14番が裏へ抜け出し、シュートはGK藤本に跳ね返されたものの、こぼれ球を正面右寄りで拾ったFW10番がフリーでシュートを放つと、これが右ポストの内側に当たって決まった。

その後はどちらもチャンスを作れない膠着した時間帯がしばらく続き、吉野川は20分、左寄りからドリブルで攻め込んだ美馬が正面からシュートを放ったが、DFに当たってクロスバーを越えた。

逆に高松は23分、自陣からのグラウンダーのパスが吉野川の最終ラインの裏へ流れ、14番が抜け出してGKと一対一になったが、ペナルティエリア内で追いすがったDF茨木に背後から倒されてPKを獲得した。これを24分に10番が右隅へ決め、高松が2-0とリードを広げた。

吉野川は30分、ゴール正面の混戦から美馬がボールを奪ってドリブルで左寄りへ流れ、シュートを放ったが、GK1番にキャッチされた。そのまま2-0で前半終了。

ゴールを決められなかったエースFW美馬

後半は2点を追いかける吉野川が押し気味に試合を進めるが、なかなか決定機は作れない。3分にはDF西岡がドリブルで攻め上がり、正面やや左寄りで倒されてFKを獲得したが、4分に美馬が蹴ったボールはポストの右へ外れた。8分には正面左寄りで得たFKを大西が素早くリスタートしてグラウンダーのシュートを放ったが、GKの正面を突いた。

中盤の攻防

12分には大西のパスを受けた美馬が正面左寄りへ抜け出してGKと一対一になったが、ループ気味のシュートはGK1番にキャッチされてしまった。その後は高松も反撃し、15分に14番、17分には10番が抜け出したが、吉野川はGK藤本やDF陣が粘り強く対応して事なきを得た。

吉野川は18分、林に代えて板野を右SHに入れ、中川を右SBに回した。雨は20分過ぎには上がったが、残り時間が10分を切っても吉野川はゴールを奪えず、いよいよ苦しくなってきた。

そして27分、吉野川はMF川村が左からループ気味のミドルシュートを放ち、これがGK1番の頭上を越えてようやく1点を返した。しかしその後はチャンスを作れない。逆に高松はロスタイム1分、14番が右寄りへ抜け出してGKと一対一になったが、ループシュートはクロスバーの上を叩いた。

そのまま試合終了。高松が2-1で逃げ切り、初の決勝トーナメント進出を決めた。吉野川は内容的には決して負けていなかったし、勝つチャンスは十分にあったと思うが、カウンターへの対応の拙さが命取りとなって惜しくも決勝トーナメント進出はならなかった。この悔しさを忘れず練習に励み、県U-15リーグや高円宮杯の県予選ではさらに成長した姿を見せてほしい。

続いて第三試合の愛媛FCジュニアユース対ソレイユFC(徳島)が行われたが、雨が激しく降ってきたので観戦を断念した。この日の夕方にはこのグラウンドで「大人のサッカー教室」も行われる予定だったが、こちらも悪天候のために中止になってしまった。

サッカースクールのバナー

◎第25回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会四国予選
 グループリーグD 2010年7月3日11時30分キックオフ
 (徳島スポーツビレッジ人工芝グラウンド)=30分ハーフ

徳島ヴォルティス    1(0−2)2 MFC高松
 ジュニアユース吉野川  (1−0)   ジュニアユース

得点:吉=川村(57分)
   高=10番(12分、24分)

(徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川)
GK 藤本1
DF 林3(→48分、板野18)
   茨木13
   西岡5
   重本14
MF 中川2
   矢田11
   大西6
   川村7
FW 美馬10
   豊崎8

(MFC高松ジュニアユース)
GK 1番
DF 11番
   8番
   4番
   6番(→56分、20番)
MF 18番
   3番(→HT、2番)
   9番
   7番
FW 10番
   14番


posted by ナカヲ at 22:49| 徳島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。