2010年10月30日

徳島大学パイレーツ、優勝

今日は徳島市球技場へ全国高校サッカー選手権大会徳島県予選の準々決勝を見に行く予定にしていたが、台風の影響で来月3日に延期になってしまったので、代わりに全く別のスポーツを見に行くことにした。

行き先は大阪府の万博記念公園にあるアメリカンフットボール球技場「エキスポフラッシュフィールド」。ガンバ大阪の練習場へ行ったことのある人なら、そのすぐ近くにあるアメリカンフットボール用の球技場を見たことがあるかもしれない。今日はここで関西学生アメリカンフットボールリーグのディビジョン3、Eブロック最終戦が行われる。

アメリカンフットボールは好きな球技のひとつで、テレビではよく見るのだが、生で観戦するのは実に約9年ぶり。最後に見たのがどの試合だったか、すぐには思い出せないほどだ。

大阪はすでに雨が上がっており、風も強くはない。多少気温が高いとはいえ、ニュースを見なければ台風が来ていることには気づかないだろう。

「エキスポフラッシュフィールド」は2006年にオープンした日本初のアメリカンフットボール専用スタジアム。西宮スタジアムの閉鎖後、試合会場の確保に悩んでいた関西学生アメリカンフットボール連盟が自前で作った施設だ。

メインスタンド

野球場や陸上競技場と違ってスタンドとフィールドが非常に近く、とても見やすい。フィールド上のどこでプレーが行われていても選手の背番号を肉眼でチェックできるのはありがたい。

メインスタンド中央からの眺め

スコアボードには得点だけでなく、ボール位置、ダウン数、ダウン更新に必要なヤード数まで表示されるので記録もつけやすい。さすがは専用スタジアムだ。

ゴール裏のスコアボード

さて、関西学生アメリカンフットボールリーグは3つのディビジョンで構成されており、今日観戦するのは一番下のディビジョン3。しかも、ディビジョン3は5つのブロックに分かれており(その他に6人制のブロックが2つある)、今日観戦するEブロックはディビジョン3の中でも一番下の扱いになっている。とはいってもブロックを制してポストシーズンゲームを勝ち上がれば1年でディビジョン2に上がれる。

関西学生リーグのディビジョン構成

第一試合は鳥取大学レイカース対吉備国際大学フォーティファイアーズ。鳥取大学は現在、2勝1敗の首位タイで、この試合に勝てば同率優勝が決まり、第二試合の勝者と入れ替え戦出場校決定戦への進出をかけたプレーオフを戦うことができる(第二試合が引き分けなら鳥取大学が単独優勝で、プレーオフなしで入れ替え戦出場校決定戦へ進める)。対する吉備国際大学は現在、1勝2敗の最下位。すでに優勝の望みは消えており、勝てば2位タイ(第二試合が引き分けなら3位タイ)でシーズンを終えることになる。

円陣を組む鳥取の選手たち

試合は吉備国際のキックオフで始まったが、吉備国際はいきなりオンサイドキックを試み、これを鳥取が敵陣39ヤード地点で押さえて絶好のフィールドポジションから攻撃を開始。鳥取はQB10番やRB18番、RB20番が短いランを重ねて敵陣1ヤードまで攻め込むと、5分50秒に18番が1ヤードを押し込んで先制のTDを挙げた。しかしPATのキックは吉備国際のDB99番にブロックされて失敗。6点の先制にとどまった。

鳥取QB10番からRB18番へのハンドオフフェイク

吉備国際もQB10番のパスで反撃するが、最初の攻撃シリーズは鳥取大のCB87番にパスをインターセプトされて終了。守備陣が踏ん張ってさらなる失点は防いだものの、次の攻撃シリーズも敵陣へ侵入したところでパントに追い込まれた。

第2Qに入って鳥取は再びラン攻撃を軸に敵陣へ侵入し、P10番が敵陣1ヤードでサイドラインに出るスーパーパントを決めるなどしていいフィールドポジションを確保すると、3分10秒、18番が左サイドライン際を走り抜けて25ヤードのTDランを決めた。しかしPATのキックはまたしてもブロックされ、追加点は6点止まり。

第3Qも鳥取が10番や20番のランで敵陣へ攻め込んだが、ホールディングの反則で後退したあげく、吉備国際のDB99番にパスをインターセプトされて追加点は奪えない。対する吉備国際は10番からSE21番へのパスなどで敵陣へ攻め込み、次の鳥取の攻撃シリーズをしっかりと押さえていいフィールドポジションを確保する。

第4Qに入り、吉備国際は敵陣から攻撃を開始すると、10番やRB31番のラン、10番から21番へのパスなどで敵陣8ヤードへ侵入。しかし、TDを狙ったパスはレシーバーが落球して不成功に終わり、4thダウン2ヤードからのギャンブルもQBスニークに失敗して攻撃権を失ってしまう。

この時点で残り時間は5分42秒。ここから吉備国際が逆転するのは難しいかと思われたが、最後にドラマが待っていた。吉備国際は次の鳥取の攻撃シリーズをスリーアンドアウトに抑えると、敵陣38ヤードからの攻撃シリーズでいきなり10番が中央の88番へパスを通す。88番は強引にタックルを振り切ってそのままエンドゾーンへ走り込み、38ヤードのTDレシーブを決めた。PATもK44番がキックを確実に決めて7-12。残り3分38秒で5点差に迫った。

さらに吉備国際は次のキックオフでオンサイドキックを試み、これを自陣49ヤードで見事に14番がリカバー。3分半の残り時間でエンドゾーンまでボールを運べば逆転だ。しかし、次のプレーで吉備国際はパスをインターセプトされてしまう。これで今度こそ万事休すかと思われたが、勝利の女神は最後まで両チームの選手たちをもてあそぶ。パスをインターセプトした鳥取の選手がリターン中にボールをファンブルし、これを吉備国際のC62番がリカバーしたのだ。

命拾いした吉備国際は10番から44番へのパスなどで前進し、残り時間2分を切ったところでついに敵陣3ヤードまで攻め込んだ。奇跡の大逆転は目前だ。しかし1stダウンのエンドゾーンへのパスは相手DBにカットされて失敗。2ndダウンのランもノーゲイン。そして残り時間37秒で迎えた3rdダウン、吉備国際は何とQB10番が痛恨のファンブルを犯し、これを鳥取にリカバーされて万事休す。

吉備国際のQB10番に襲いかかる鳥取のLB56番

鳥取があわや逆転負けかという冷や汗ものの試合を何とか拾い、リーグ戦の成績を3勝1敗としてEブロックの優勝を決めた。この後に行われる第二試合の勝者とのプレーオフに勝てば入れ替え戦出場校決定戦に進出できるわけだ。

ファイナルスコア

続く第二試合は徳島大学パイレーツ対姫路獨協大学ワイルドボアーズ。両者とも現在2勝1敗で、勝った方が鳥取大学と同率優勝となり、入れ替え戦出場校決定戦進出をかけたプレーオフへ進める(引き分けた場合は鳥取大学の単独優勝)。

コイントスは徳島の勝ち

今日、この試合を見に来たのは、久しぶりにアメリカンフットボールを生で見たかったからというのもあるが、やはり徳島のチームが優勝するところを見たかったからというのが一番の動機だ。めったに見られないものなので、ぜひ期待に応えてほしい。

円陣を組む両チームの選手たち

第二試合が始まる頃には風がやや強くなり、気温も下がってきた。試合は姫路獨協のキックオフで始まり、徳島は最初の攻撃シリーズでいきなりTB22番がランで中央を突破、そのまま66ヤードを走り切って先制のTDを決めた。PATのキックもK97番がしっかりと決め、8分27秒に早くも7点をリードした。

徳島のQB16番(右)とTB22番(左)

しかし姫路獨協もすぐに反撃し、短いパスとランをバランスよく織り交ぜてじわじわと攻め込むと、最後はQB1番が右ワイドの12番へ約35ヤードのTDパスを通し、K2番のPATキックも決まって、4分36秒にあっさりと7-7の同点に追いついた。

ハンドオフを試みる姫路獨協のQB1番

その後、徳島は攻撃が全く機能せず、ほとんどのシリーズをスリーアンドアウトで終えてしまう。対する吉備国際はFB22番のランや4thダウンギャンブルのQBスニーク、1番からTE8番へのパスなどでFG圏内まで攻め込んだが、第2Qの7分4秒に元サッカー選手の1年生K2番が蹴った35ヤードのFGはゴールまで届かず、失敗。直前にディレイ・オブ・ザ・ゲームの反則で5ヤード罰退していたのも響いた。

結局、徳島は守備陣の踏ん張りやP99番の敵陣1ヤードで止まる素晴らしいパントなどもあって苦しいフィールドポジションを脱し、攻め手を欠きながらも7-7の同点でハーフタイムを迎えた。

第3Qに入り、徳島は9分1秒、姫路獨協の1番が投じたパスをLB97番が50ヤードライン上でインターセプトして敵陣から攻撃を開始すると、前半は不調だったQB16番がTE99番へ22ヤードのパスを通したり、22番へのスクリーンパスを決めたりと、少しずつ攻撃が機能し始める。

そして2度目の攻撃シリーズでは22番のランが面白いように進み、自陣11ヤードから敵陣2ヤードまでボールを運んだ。しかし徳島はゴール前のあと2ヤードが押し込めず、4thダウンを迎えてしまう。ここまで7-7というロースコアの試合、同点で第3Q終了目前というシチュエーションなら、FGで3点を狙いに行くのが定石だ。ところが、徳島はこの攻撃シリーズ中に97番が負傷しており、この時、キッカーが不在だった。やむなく4thダウン2ヤードからギャンブルを敢行したが、16番からWR15番へのパスは姫路獨協の2番にカットされて失敗。絶好の勝ち越しのチャンスを逃してしまう。

ピンチを逃れた姫路獨協は自陣3ヤードから攻撃シリーズをスタート。しかし第4Qに入って最初のプレイで、姫路獨協はランプレイ中にボールをファンブル。何とかボールを自らリカバーしたものの、そこはエンドゾーンの中だったため、セイフティで徳島に2点が入った。

第一試合を終えてこの試合を観戦していた鳥取の選手たちは、この試合が引き分けに終われば単独優勝決定ということもあって、引き分けを願いながらこの試合を見ていたが、最も引き分けに終わる確率の低い2点差となったことにショックを受けていた。

さて、徳島はその後の攻撃シリーズでは敵陣に攻め込みながら4thダウンギャンブルに失敗したり、パスインターセプトを食らったりして追加点を奪えなかったが、36番がQBサックを決めるなど守備陣が姫路獨協の攻撃をよく抑えてFG圏内への侵入を許さず、そのまま9-7で逃げ切った。

ダウン更新を賭けたメジャーメント

結局、セイフティの2点が決勝点となったわけだが、セイフティ自体がなかなか見ることのできない珍しい得点なのに、それが決勝点になるというのはさらに珍しい。しかもそれで優勝を決めるというのは奇跡のような話だ。

これで徳島は鳥取と同率優勝を飾り、来週にも両者の間で入れ替え戦出場校決定戦進出をかけたプレーオフが行われることになった。2部に上がるためにはまずプレーオフに勝ち、さらにDブロックの覇者・摂南大学ブルークラッシュに勝ち、さらにBブロックの2位にも勝って入れ替え戦に出場し、そこで2部のAブロック5位に勝たなくてはならない。相当険しい道のりだが、上を目指して勝ち続けてほしいものだ。

観客席に挨拶する徳島の選手たち

○関西学生リーグDiv.3 Eブロック 2010年10月30日11時キックオフ
 (万博記念公園アメリカンフットボール球技場)=10分×4

鳥 取 大|6600|12
吉備国際大|0007|7

1Q-05:50 鳥TD 18番ラン1ヤード(キック失敗)
2Q-03:10 鳥TD 18番ラン25ヤード(キック失敗)
4Q-03:38 吉TD 10番→88番パス38ヤード(44番キック成功)

(鳥取大スタメン)
オフェンス ディフェンス
SE 87番  DE 67番
LT 67番  NG 77番
LG 52番  DE 58番
C 71番  LB 55番
RG 56番  LB 52番
RT 55番  LB 17番
TE 19番  LB 85番
WR 8番  CB 12番
QB 10番  CB 87番
RB 18番  SS 19番
RB 20番  FS 18番
K 10番  P 10番

(吉備国際大スタメン)
オフェンス ディフェンス
SE 21番  DL 51番
LT 66番  DL 79番
LG 53番  DL 88番
C 62番  LB 33番
RG 55番  LB 77番
RT 77番  LB 55番
TE 44番  LB 14番
WR 14番  DB 44番
QB 10番  DB 13番
RB 31番  DB 31番
RB 99番  DB 99番
K 44番  P 44番

○関西学生リーグDiv.3 Eブロック 2010年10月30日13時20分キックオフ
 (万博記念公園アメリカンフットボール球技場)=10分×4

徳 島 大|7002|9
姫路獨協大|7000|7

1Q-08:27 徳TD 22番ラン66ヤード(97番キック成功)
1Q-04:36 姫TD 1番→12番パス(2番キック失敗)
4Q-09:53 徳SF

(徳島大スタメン)
オフェンス ディフェンス
LT 60番  DT 99番
LG 67番  DT 71番
C 53番  DE 60番
RG 71番  DE 78番
RT 63番  LB 27番
QB 16番  LB 97番
TB 22番  LB 31番
FB 31番  LB 53番
TE 99番  CB 80番
WR 15番  CB 88番
SE 97番  S 15番
K 97番  P 99番

(姫路獨協大スタメン)
オフェンス ディフェンス
T 63番  DE 55番
G 52番  DE 54番
C 79番  DT 79番
G 55番  LB 7番
T 54番  LB 22番
TE 8番  LB 4番
FL 2番  LB 52番
SE 85番  CB 1番
QB 1番  CB 8番
FB 22番  SS 12番
TB 7番  FS 85番
K 2番  P 4番


posted by ナカヲ at 20:53| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | American Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。