2010年12月23日

札幌からDF西嶋弘之を獲得

徳島ヴォルティスは今日、コンサドーレ札幌からDF西嶋弘之選手が完全移籍で加入することが決まったと発表した。
西嶋 弘之選手完全移籍にて加入決定のお知らせ

西嶋は奈良県河合町出身の28歳。奈良育英高時代は攻撃的MFを任され、高校2年時の全国高校サッカー選手権大会では1学年上の北本久仁衛(現・ヴィッセル神戸)らとともに3回戦へ進出、1回戦の韮崎高(山梨)戦ではハットトリックを達成するなど大いに活躍した。

さらに3年時は強化指定選手として京都パープルサンガにも登録され、全国高校総体では3回戦まで勝ち上がったが、全国高校サッカー選手権大会には、奈良県予選の決勝でGK古田泰士(のちヴォルティスに加入)率いる耳成高にPK合戦の末に敗れて出場できなかった。

高校卒業後は2001年にサンフレッチェ広島へ加入し、守備的MFやDFにコンバートされたが、公式戦に出場することなく2004年にヴィッセル神戸へ移籍した。しかし神戸でも出場機会を得られず、同年9月にはさらにJ2のコンサドーレ札幌へ完全移籍した。

当時の札幌は、左CBを務めていたDF大森健作(翌年にヴォルティスへ加入)がシーズン途中でJ1のセレッソ大阪へ期限付き移籍したため、その後任を探していたが、西嶋は大森のつけていた背番号6を受け継ぐと同時に、その穴を埋めてJリーグデビューを果たした。

翌年以降は左右のSBを中心に、CB、SH、ボランチなど様々なポジションを任され、今シーズンまで長くレギュラーとして活躍した。また、2006年9月27日に札幌厚別公園競技場で行われたヴォルティス戦でJリーグ初ゴールをマークしたのを皮切りに、翌年以降もDFながら毎年ゴールを積み重ね、今シーズンは11月23日に札幌ドームで行われたヴォルティス戦の決勝点を含めて計5ゴールを挙げた。Jリーグ通算203試合出場14得点は見事な成績だ。

守備的なポジションならどこでもこなせるユーティリティプレイヤーだが、もともと高校時代まで攻撃的MFを務めていたこともあって攻撃的センスも兼ね備えており、精度の高いクロスを蹴ることができるほか、セットプレーなどの際には180cmの長身を活かしてゴール前の競り合いでも強さを発揮する選手であり、攻守両面で大いに期待したい。


posted by ナカヲ at 21:09| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。