2010年12月24日

徳島県出身DF塩谷、水戸へ

J2の水戸ホーリーホックは今日、国士館大のDF塩谷司選手が来シーズンから加入することが内定したと発表した。
塩谷 司選手(国士舘大学)加入内定のお知らせ

塩谷は徳島県出身の22歳。南小松島FC、大松サッカー少年団から大塚SSジュニアユース(現・徳島ヴォルティスジュニアユース)を経て徳島商業高に進み、高校2年時の全国高校サッカー選手権大会ではボランチとして活躍、ここ10年間の四国勢の最高成績であるベスト16まで勝ち進んだが、3回戦で大会2連覇を狙った鹿児島実業高に敗れた。

高校卒業後は国士舘大に進学したが、なかなか出場機会を得られず、ようやく3年時の前期にボランチのレギュラー争いに参戦したが、結局、定着することはできなかった。

しかし4年生になった今シーズンは、関東大学リーグ1部で開幕からCBとして活躍、全22試合中、警告累積による出場停止の1試合を除く21試合にフル出場し、失点数リーグ3位タイの堅守を支えて、チームをリーグ3位に導いた。

徳島県出身者の来シーズンのJリーグ加入内定は、高知大からJ1の川崎フロンターレへの加入が内定しているDF實藤友紀に次いで2人目。水戸ということはJ2リーグ戦でヴォルティスと対戦する機会もあるわけで、ぜひポカリスエットスタジアムでヴォルティスを相手にプレーする姿を見たいものだ(もちろん勝ち点は1点もあげられないが)。


posted by ナカヲ at 20:46| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。