2011年01月25日

bjオールスターは西軍連勝

一昨日、bjリーグのオールスターゲームが大阪府立体育会館で行われ、WESTが110-109で競り勝って昨シーズンに続いて2年連続の白星を挙げた。なお、通算成績はEASTの3勝2敗。
西軍逆転勝ち/バスケbjリーグオールスター戦

WESTは前半を10点のビハインドで折り返したが、後半に猛然と追い上げると、試合終了と同時に劇的な逆転勝ち。最優秀選手にはWESTのFリン・ワシントン(大阪エヴェッサ)、またMIPにはEASTのPG青木康平(東京アパッチ)が選ばれた。高松ファイブアローズから唯一出場したSG竹田智史は18分間の出場で6得点1アシスト4リバウンドを記録し、WESTの勝利に貢献した。アローズは現在、ウェスタン・カンファレンスで6勝20敗の最下位に沈んでいるが、竹田を中心にここからの巻き返しを期待したい。

なお、試合前にはスリーポイントコンテストとダンクコンテストが行われ、スリーポイントコンテストでは昨シーズンまでアローズでプレーしていたSG岡田優(滋賀レイクスターズ)が、またダンクコンテストでは日本人で唯一の出場となったSG橘佳宏(仙台89ERS)が、いずれも昨シーズンに続いての優勝を飾った。

岡田は6選手で争われた予選で2位タイとなり、PG大口真洋(浜松・東三河フェニックス)との延長戦を制して決勝へ進むと、決勝でもFウィリアム・ナイト(大阪エヴェッサ)と同点になったが、再び延長戦を制して見事に連覇を達成した。

また、橘は6選手で争われた予選を1位で通過し、決勝ではCジェラル・デービス(島根スサノオマジック)と同点になったものの、延長戦を制して連覇を達成した。なお、アローズから出場したPGラシード・スパークスは予選で4位タイに終わった。


posted by ナカヲ at 08:07| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。