2011年03月04日

JリーグU-14、最終戦飾れず

先月末の27日、徳島スポーツビレッジ天然芝グラウンドでJリーグU-14サザンクロスAブロックの徳島ヴォルティスジュニアユース対愛媛FCジュニアユースが行われたが、ヴォルティスは2-4で敗れ、通算成績7勝2分3敗で全日程を終了した。
2010 Jリーグ U−14リーグ サザンクロスA結果について

ヴォルティスはDF小田とFW山田がゴールを決めたものの、大量4失点を喫してしまった。愛媛FCとはちょうど1週間前にも四国U-15クローバーリーグの最終節で対戦し、その時は敵地へ乗り込んだヴォルティスが3-2の逆転勝ちを収めていたが、今度は逆にアウェイの愛媛FCに雪辱される形となった。

ヴォルティスは2週間前のファジアーノ岡山FCジュニアユース戦でも2-3で敗れており、これで2連敗。ヴォルティスがこのリーグで連敗を喫したのは、2008年のリーグ創設以降初めてのことだ。故障者が出るなどチーム状態は決して良くないようだが、月末に行われるJFAプレミアカップ四国予選までには立て直してほしい。


posted by ナカヲ at 08:21| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。