2006年06月19日

日本、W杯海外初勝ち点

日本時間の昨夜行われた、2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会で、
日本代表はクロアチア代表と対戦し、0-0で引き分けた。
これによって日本は今大会初の勝ち点を獲得。
前々回のフランス大会では3戦全敗だったから、
これが国外開催のワールドカップで初めて獲得する勝ち点ということになる。

日本びいきではない立場で書けば、日本は格上のクロアチアに対して
よく戦ったと思う。決定的なチャンスもあった(柳沢が外してしまったが)。
また、スルナのPK失敗がなければ負けていたわけだから、
引き分けという結果は、内容の割には幸運なものだったはずだ。

ただ、「最悪、引き分けでも可」だったクロアチアとは違い、
日本は決勝トーナメント進出のためにはどうしても「勝ち」がほしかったはず。
そういう意味では、目標を達成できなかったし、満足できる結果ではなかった。

次の試合は、すでに決勝トーナメント進出を決めているブラジルとの対戦。
ブラジルが決勝トーナメントをにらんでメンバーを落としてくることも
考えられるが、それでも日本が2点差以上をつけて勝つのは至難の業だ。
ただ、サッカーは何が起こるか分からない。
他力本願の決勝トーナメント進出云々は置いておいて、
優勝候補の本命チームを相手に感動を与える試合を見せてほしいものだ。

ところで、PK失敗の場面、日本のGK川口は、スルナが蹴る前から
思いっきり動いていた。今のJ2の基準なら間違いなく蹴りなおしだ。
しかし、それではスリルが減って観客にとっても面白くないだろう。
あんな厳しい判定をすることが、いったい誰に何のメリットを与えるのか。
Jリーグ(JFA審判部?)にはもう一度よく考えてほしい。


posted by ナカヲ at 13:23| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2006-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりにコメントします。
私も川口が止めたシーンで同じこと考えました。
まあ、しばらくするとまた緩くなるかなと思いますけどね。
審判も厳しくとれと言われて、境目が分かんなくて困ってんじゃないですかね。
昔厳しくとられた相撲の立ち会いを思い出します。
Posted by AWAN渦帝 at 2006年06月19日 20:42
ご無沙汰しております。

相撲の立ち会い、なつかしいですね。
そう言われると確かに今回のケースと似てますね。

うちは損した側と得した側の双方を1回ずつ経験したので、
マイナスにならないうちにさっさと元の基準に戻してほしいです。
Posted by Φ at 2006年06月20日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。