2011年05月01日

この悔しさを今後に活かせ

今日は愛媛県総合運動公園球技場へ高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ四国の第5節を見に行った。今日の愛媛県は雨の予報だったが、雨は第一試合が終わった後に一瞬降っただけで、雲の合間から太陽がのぞき、陽射しが当たると暑いくらいだ。

ニンジニアスタジアムには何度も来ているが、同じ愛媛県総合運動公園内でも球技場での観戦は今回が初めて。球技場だけあってスタンドからピッチが近く、なかなか見やすい。

メインスタンド上段中央からの眺め

スタンドがあるのはメイン側だけだが、スタンド自体に高さがあるうえ、小さいながらも上段中央部には屋根がついているので、観戦環境としてはかなり快適だ。ただ、ピッチ自体はそれほどきれいではなく、とくにラグビー用のラインがはっきりと残っているのは残念だ。

メインスタンド上段の端からの眺め メインスタンド

スコアボードはラグビーに対応したものとなっており、今日はその前に移動式のスコアボードが持ち込まれていた。チーム名や得点は紙を張って表示している。

球技場のスコアボード

さて、第一試合は現在2位の松山工業高(愛媛)と3位の徳島ヴォルティスユースの対戦。優勝争いの行方を占う注目の大一番だ。

ヴォルティスのスタメンは以下の通り。
GKは大本。DFは右から窪田、武岡、増矢、矢野。MFはボランチに梅田、二列目に右から田中、大西、中川、桑島。FWは西岡田。

対する松山工のスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から2番、3番、山崎、13番。MFは右から重川、18番、松下、田中。FWはトップ下に16番、ワントップに城本。

両チームのスタメン

前半は立ち上がりから松山工が攻め込み、まずは3分、正面左寄りのかなり距離のある位置からFW城本がFKを直接ゴール右上隅へ決めて先制した。松山工はさらに4分にも城本が正面右寄りからグラウンダーのシュートを放ったが、右隅を襲ったボールはGK大本にセーブされた。

しかし松山工は5分、MF松下が右CKをファーサイドへ蹴り込み、MF梅田の中途半端なクリアを松山工の選手が拾ってゴール前へパスを送ると、これを受けたDF山崎が反転してシュートを決めた。さらに9分にはDF2番の右クロスをDF増矢がクリアし損ね、これがそのままゴールマウスへ飛び込んでオウンゴールで3点目。

松山工のキャプテンMF松下

押し込まれていたヴォルティスはようやく15分、右サイドでDF窪田が倒されて得たFKをMF桑島がゴール前へ放り込み、クリアボールを正面で拾ったMF田中がループ気味のシュートを放ったが、クロスバーを越えた。

松山工は21分にも正面左寄りで梅田からボールを奪った松下がドリブルから左クロスを送ってチャンスを迎えたが、これはヴォルティスの選手が何とか跳ね返した。しかし34分、松山工はMF田中がこぼれ球を拾ってGKとの一対一からGK大本の頭上を越すループシュートを決めた。

ヴォルティスも36分、桑島が左から送ったパスを正面で受けたMF大西がドリブルからフリーでミドルシュートを放ったが、クロスバーの上をかすめて外れた。逆に松山工は44分、松下の縦パスを正面で受けた城本が緩急をつけたドリブルからゴール左上隅へシュートを決めた。結局、5-0というまさかの大差で前半を終了。

ヴォルティスは後半の頭から西岡田に代えて林、矢野に代えて姫田、増矢に代えて真田を入れた。後半に入ってヴォルティスは5分、正面右寄りでクリアボールを拾った田中がミドルシュートを放ったが、GK1番が弾いて自ら押さえた。

最終ラインで奮闘したDF真田

松山工も7分、城本が正面右寄りへのパスにフリーで走り込んでシュートを放ったが、これはGK大本のセーブに阻まれた。しかし9分、松下の縦パスに正面右寄りへ抜け出した城本がDF武岡に倒されてPKを獲得すると、これを10分に城本がゴール左隅へ決めて6点目を奪った。城本は早くもハットトリックを達成。

何とか反撃に転じたいヴォルティスは14分、大西が右サイドをドリブルで攻め上がり、右クロスにファーサイドのMF中川が頭で合わせたが、惜しくも左サイドネットへ。18分には梅田が正面からグラウンダーのミドルシュートを放ったが、これもポストの左へ外れた。

逆に松山工は19分、右寄りでこぼれ球を拾った城本がゴール左隅へシュートを決めて7点目。ヴォルティスも21分に梅田が正面からミドルシュートを放ったが、GK1番が弾いてキャッチした。ヴォルティスは23分、田中に代えて牛田を投入。さらに25分には武岡に代えて巽を右SBに入れ、窪田がCBに移った。

松山工は29分にもスルーパスに反応した城本が正面右寄りへ抜け出してGKと一対一になったが、シュートはGK大本がセーブ。しかし31分、DF13番が左サイドをドリブル突破してマイナスの左クロスを送ると、これに城本が合わせてゴール右隅へ自身5点目のゴールを決めた。

何とか一矢を報いたいヴォルティスは45分、右サイドのMF牛田からのパスを受けたFW林がペナルティエリア右寄りでGK1番に倒されてPKを獲得した。しかしロスタイム1分に林がゴール右隅を狙って蹴ったボールはGK1番にセーブされてしまった。

PKを止めた松山工GK1番 競り合う松山工MF重川とヴォルティスFW林

結局、そのまま8-0で試合終了。松山工が圧勝で首位へ浮上し、大敗のヴォルティスは4位へ転落した。残念な試合だったが、まだシーズンは始まったばかりであり、しかも今年のプリンスリーグは18節の長丁場。次節まで2ヶ月近く間が空くので、この悔しさを忘れず、徳島県選手権や日本クラブユース選手権四国予選を戦いながら修正していきたい。そして今シーズンもう一度松山工と対戦する時には、必ずこの雪辱を果たしてほしい。

ファイナルスコア

続いて第二試合は今治東中等教育学校(愛媛)対高松商業高(香川)。ともに下位に沈んでいるが、ここで勝って浮上のきっかけをつかみたい。

今治東のスタメンは以下の通り。
GKは12番。DFは右から13番、4番、3番、2番。MFは右から16番、8番、7番、20番。FWは19番と城村。

対する高松商のスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から5番、3番、4番、14番。MFは右から8番、7番、橋本、9番。FWは11番と10番。

両チームのスタメン

前半は立ち上がりから互いにダイレクトパスをつないで攻めるが、どちらも相手の守備を崩せず、なかなかチャンスを作れない。高松商は2分、MF橋本が正面からグラウンダーのミドルシュートを放ったが、ゴール右隅を襲ったボールはGK12番が弾き出した。

対する今治東も9分、FW城村が正面からミドルシュートを放ったが、ポストの左へ外れた。さらに18分にはMF8番のスルーパスにFW19番が正面右寄りの裏へ抜け出してシュートを放ったが、クロスバーを越えた。

終盤は次第に今治東が押し気味になり、裏へのパスから何度か決定的なチャンスを作る。36分には19番の縦パスに城村が正面へ完全に抜け出してGKと一対一になったが、高松商のGK1番が判断良く飛び出し、シュートを見事に跳ね返した。

ファインセーブを見せた高松商のGK1番

今治東は41分にも裏へのロングパスに反応した城村が正面左寄りへ抜け出し、GKと一対一になったが、ここもGK1番が判断良く飛び出してきたため、城村はシュートを打てず。45分には相手のパスミスを奪った19番が正面からシュートを放ったが、GK1番の正面を突いた。結局、スコアレスのまま前半終了。

今治東MF20番と高松商FW11番

後半に入ると今度は高松商が立ち上がりからアグレッシブにプレスをかけて主導権を握る。まずは3分、MF8番が左サイドのタッチライン際をドリブルで攻め上がり、飛び出してきたGKの頭上を越すループシュートを放ったが、ポストの左へ外れた。8番はなかなかいい選手だ。

今治東も14分、クリアボールを正面で拾った城村がミドルシュートを放ったが、ポストの右へ外れた。さらに17分には右寄りの距離のある位置からのFKをファーサイドで受けた城村がトラップからシュートを放ったが、惜しくも右ポストに跳ね返された。

惜しいシュートを放った今治東FW城村

半ば過ぎからは風上の高松商が優位に立ち、たびたび決定的なチャンスを迎える。23分には左寄りで得たFKを8番がゴール前へ蹴り込み、正面へ飛び込んだMF7番が頭で合わせたが、GK12番がクロスバーの上へ弾き出した。さらに23分、MF9番の左CKにファーサイドの選手が頭で合わせたが、これも今治東がよく跳ね返した。

30分には7番の右クロスから決定的なチャンスを迎えたが、ゴール前の選手には合わず。しかしついに34分、高松商は9番の左CKに正面でフリーの橋本がドンピシャのヘディングで合わせ、待望の先制ゴールを決めた。

決勝ゴールを決める高松商MF橋本 ゴールを決めて喜ぶ高松商MF橋本

その後は今治東が最終ラインの裏を狙ってどんどんロングボールを放り込み、高松商がこれをしっかりと跳ね返す展開が続く。今治東は38分、城村が正面右寄りでパスを受けてシュートを放ったが、クロスバーを越えた。

逆に高松商は41分、8番が正面からドリブルで右へ流れ、正面右寄りからフリーでシュートを放ったが、ポストの左へ外れた。42分には20番が正面からミドルシュートを放ったが、GK12番が弾いて自ら押さえた。何とか追いつきたい今治東は45分、パスを回して攻め込むと、MF5番が正面右寄りからシュートを放ったが、GK1番にキャッチされた。

結局、1-0のまま試合終了。逃げ切った高松商が嬉しい今シーズン初勝利を挙げるとともに、勝ち点を4に伸ばして6位へ浮上した。一方、敗れた今治東は開幕戦に勝った後の4連敗でとうとう9位まで順位を落としてしまった。

なお、同じ愛媛県総合運動公園の補助競技場でも2試合が行われ、首位の済美高(愛媛)は5位の香川西高に0-5の大敗を喫して2位へ後退した。また、富岡東高と徳島北高の徳島県勢対決は1-1の引き分けに終わり、徳島北は今大会初の勝ち点を獲得した。
高松商高が今季初白星/サッカー プリンスL四国

そして、徳島市立高グラウンドで行われた徳島市立高対市立高知商業高の試合は、徳島市立が徳島ヴォルティスジュニアユース出身のMF小出とFW武田のゴールなどで3-2で勝ち、ヴォルティスを抜いて3位へ浮上した。

プリンスリーグ四国は今後、県選手権やクラブユース選手権、高校総体予選などのためにしばらく中断し、次節は6月25日(土)に行われる。ヴォルティスをはじめ、調子を落としているチームは中断期間中に立て直しを図りたいところだ。

◎高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ四国第5節
 2011年5月1日11時キックオフ
 (愛媛県総合運動公園球技場)

松山工業高 8(5−0)0 徳島ヴォルティスユース
       (3−0)

得点:松=城本(3分、44分、54分、64分、76分)、山崎(5分)、OG(9分)、
     田中(34分)

(徳島ヴォルティスユース)
GK 大本12
DF 窪田2
   武岡4(→70分、巽16)
   増矢3(→HT、真田15)
   矢野5(→HT、姫田14)
MF 梅田7
   田中6(→68分、牛田18)
   大西9
   中川8
   桑島10
FW 西岡田11(→HT、林13)

(松山工業高)
GK 1番
DF 2番(→86分、5番)
   3番
   山崎4
   13番
MF 重川8
   18番(→72分、14番)
   松下7(→90+3分、20番)
   田中9
FW 16番(→68分、11番)
   城本10

◎高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ四国第5節
 2011年5月1日13時30分キックオフ
 (愛媛県総合運動公園球技場)

今治東中等教育学校 0(0−0)1 高松商業高
           (0−1)

得点:高=橋本(79分)

(今治東中等教育学校)
GK 12番
DF 13番(→84分、11番)
   4番
   3番
   2番
MF 16番(→63分、9番)
   8番
   7番(→84分、14番)
   20番(→84分、5番)
FW 19番
   城村10

(高松商業高)
GK 1番
DF 5番
   3番
   4番
   14番
MF 8番
   7番(→76分、15番)
   橋本6
   9番
FW 11番(→73分、19番)
   10番(→56分、20番)


posted by ナカヲ at 23:02| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。