2011年05月11日

友成が関西学生L初ゴール

先週末の8日に行われた関西学生サッカーリーグ1部の姫路獨協大対大阪体育大の試合で、徳島ヴォルティスユース出身の姫路獨協大MF友成健悟選手が初ゴールを決めた。
関西学生サッカー連盟

友成は2008年にプルミエール徳島SCから徳島ヴォルティスユースに加入し、1年生の春から3年間、レギュラーとして活躍。今春、姫路獨協大に進学し、第2節で初めてベンチ入りして途中出場を果たすと、第3節には初めてスタメンに起用された。

そして3試合ぶり3度目のスタメン入りを果たした先週末の大阪体育大戦では、0-3で迎えた前半39分に、ユース時代に四国でしのぎを削ったライバル・愛媛FCユース出身の1年生MF小原勇人選手のパスを受けて記念すべき同リーグ初ゴールを決めた。

ヴォルティスユース出身の選手が関西学生リーグ1部でゴールを決めたのはおそらくこれが初めて。姫路獨協大は残念ながら1-4で敗れ、ここまでわずか1勝で12チーム中の11位に沈んでいるが、来シーズン以降も1部でプレーするためにも、さらにゴールを積み重ねてチームを1部残留に導いてほしい。まずは初ゴールおめでとう、ケンゴ!

ちなみに、この試合の対戦相手・大阪体育大の2点目のゴールを決めた3年生MF田上勇輝選手も徳島県出身。川内中から開志学園高JAPANサッカーカレッジ高等部(新潟)を経て大阪体育大に進学し、1部リーグでは一昨年に1ゴール、そして今シーズンはここまで2ゴール2アシストを決めている(昨年は2部リーグで2ゴール2アシスト)。他にもこのリーグには徳島県出身選手が多数在籍しているので、彼らの活躍を期待したい。


posted by ナカヲ at 08:29| 徳島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。