2011年05月15日

ユースは延長戦で逆転負け

今日は徳島市陸上競技場へ徳島県サッカー選手権大会1次トーナメント2種予選の決勝を見に行った。薄曇りの空から弱い陽射しが降り注いでおり、風はあるもののやや暑い。

決勝のカードは徳島市立高対徳島ヴォルティスユース。昨日行われた準決勝では、徳島市立は市立鳴門工業高を2-1で、またヴォルティスはFW西岡田とMF桑島のゴールで富岡東高を2-0でそれぞれ破り、決勝へコマを進めてきた。
徳島県サッカー選手権大会 準決勝 結果

両チームの決勝での対戦は2年連続2度目。昨シーズンはヴォルティスが2-1の逆転勝ちを収め、2連覇を果たしている。両チームはプリンスリーグ四国でも上位につけており、まさに徳島県の高校生年代のNo.1チームを決めるにふさわしいカードだ。

ヴォルティスのスタメンは以下の通り。背番号1から11までの11人が出場するというのはありそうでいてなかなか珍しい。
GKは三好。DFは右から窪田、増矢、武岡、矢野。MFはボランチに梅田、二列目に右から田中、中川、大西、桑島。FWは西岡田のワントップ。

円陣を組むヴォルティスユース

対する徳島市立のスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から22番、3番、4番、12番。MFはボランチに酒巻、二列目に右から11番、板東、6番。FWは23番と9番。

前半、ヴォルティスはまず3分、MF中川のスルーパスに正面右寄りへ抜け出したFW西岡田がフリーでシュートを放ったが、惜しくもポストの左へ外れた。徳島市立も7分、FW23番が正面左寄りから放ったシュートは跳ね返され、さらにこぼれ球を正面で拾ったFW9番がシュートを放ったが、これもGK三好のセーブに阻まれた。

そしてヴォルティスは14分、MF桑島の左ショートコーナーからもう一度桑島に戻して左クロスを上げると、これにファーサイドのDF武岡が頭で合わせて先制ゴールを決めた。セットプレーからの武岡のゴールはプルミエール徳島SC時代によく見たが、ユースで見たのはこれが初めてかもしれない。

相手の攻撃に立ちはだかるヴォルティスDF武岡

得点後、ヴォルティスの選手たちは控え選手や監督、コーチと喜びを分かち合おうと、武岡を先頭に自陣のベンチ前へ走って行った。そして徳島市立陣内にヴォルティスの選手が一人もいなくなったため、徳島市立の選手はすぐにキックオフの準備を整え、レフリーが試合再開の笛を吹いた。これに気づいたヴォルティスの選手は慌ててシュートコースを塞ぎに走り、何とか失点を免れたが、実に危ない場面だった。

徳島市立は17分、相手のクリアボールを正面右寄りで拾ったMF11番がシュートを放ったが、ポストの左へ外れた。その後はヴォルティスがやや押し気味に試合を進めたが、決定機までは作れず、1-0で35分ハーフの前半を終えた。

後半に入り、まずは2分、ヴォルティスは桑島が左サイドをドリブルで攻め上がって左クロスを送ると、ファーサイドで西岡田がつなぎ、正面からMF大西がシュートを放ったが、GK1番にキャッチされた。逆に徳島市立は5分、正面で得たFKをMF酒巻が直接ゴール左隅へ決めて1-1の同点に追いついた。

その後は互角の攻防が続いたが、どちらも決め手を欠いて勝ち越し点を奪えない。ヴォルティスは15分、MF田中が正面から送った浮き球のパスを正面左寄りで大西が受け、反転してシュートを放ったが、GK1番がキャッチ。徳島市立も16分、正面でこぼれ球を拾ったMF板東がミドルシュートを放ったが、ポストの右へ外れた。

ヴォルティスMF大西へのパスを狙う徳島市立DF3番

さらにヴォルティスは21分、左サイドで大西のパスを受けた西岡田がドリブルからシュートを放ったが、GK1番のセーブに阻まれ、こぼれ球にも詰め切れず。徳島市立も23分、9番が正面やや右寄りからループ気味のミドルシュートを放ったが、GK三好が弾いてキャッチした。

後半の半ば以降はヴォルティスの中途半端なクリアが目立ち、これを拾った徳島市立が波状攻撃をかけるなどやや押し気味に試合を進めたが、ゴールは奪えない。結局、1-1の同点のまま35分ハーフの前後半を終え、決着は10分ハーフの延長戦へともつれ込んだ。

左サイドを守るヴォルティスDF矢野

ヴォルティスは延長戦の頭から西岡田に代えてジュニアユースの牛田を大西の位置に入れ、大西がFWに上がった。延長前半はどちらもチャンスを作れずに終了。そして延長後半が始まってわずか11秒、ヴォルティスは牛田が正面左寄りへ抜け出し、GKと一対一になったが、シュートはクロスバーの上へ。徳島市立も7分、正面右寄りから板東がシュートを放ったが、GK三好が正面でキャッチ。

そして勝負はこのままPK合戦までもつれ込むかと思われた9分、徳島市立は相手GKのグラウンダーのミスキックを正面で拾った板東がすかさずループ気味のミドルシュートを放つと、これが慌てて戻ったGK三好の頭上を越えてそのままゴールに吸い込まれた。

ヴォルティスもロスタイム1分にペナルティエリア左角のすぐ外でFKを得ると、これを桑島がゴール前へ蹴り込んだが、わずかに武岡の頭には合わず、そのままポストの右へ流れて行った。その直後に試合終了の笛が鳴り、徳島市立が2-1の逆転勝ちで優勝を果たした。

優勝を決めて喜ぶ徳島市立の選手たち

試合終了の笛が鳴った後、ヴォルティスの何人かの選手はピッチに突っ伏したまま、しばらく起き上がれなかった。何とも悔しい敗戦となってしまったが、今回の敗戦、そしてプリンスリーグでの連敗の悔しさを糧にして、今月末から始まる日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会の四国予選ではいい結果を収めてほしい。

一方、徳島市立は昨年、この大会の決勝でヴォルティスに1-2の逆転負けを喫したが、見事にその雪辱を果たし、7月に行われる1種代表との2次トーナメントへコマを進めた。1種代表に勝てば、天皇杯の徳島県代表をかけて三洋電機徳島と対戦することができる。13年ぶりの天皇杯出場、また2種チームとして12年ぶりの代表権獲得を目指して頑張ってほしい。

サッカー第16回徳島県選手権 徳島市立2次T進出

◎第16回徳島県選手権大会兼第91回天皇杯全日本選手権大会徳島県予選
 2種1次トーナメント決勝 2011年5月15日10時30分キックオフ
 (徳島市陸上競技場)=35分ハーフ+延長10分ハーフ

        (0−1)
徳島市立高  2(1−0)1  徳島ヴォルティスユース
        (0−0)
        (1−0)

得点:市=酒巻(40分)、板東(89分)
   V=武岡(14分)

(徳島市立高)
GK 1番
DF 22番
   3番
   4番
   12番
MF 酒巻7
   11番
   板東14
   6番
FW 23番(→HT、19番 →延長前半終了、2番)
   9番

(徳島ヴォルティスユース)
GK 三好1
DF 窪田2
   増矢3
   武岡4
   矢野5
MF 梅田7
   田中6
   中川8
   大西9
   桑島10
FW 西岡田11(→後半終了、牛田18)


posted by ナカヲ at 13:56| 徳島 | Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。