2011年05月17日

JリーグU-13、初戦は大勝

一昨日、郷東海浜公園グラウンドでJリーグU-13サザンクロスCブロックのシーガルFC(香川)対徳島ヴォルティスジュニアユースの試合が行われ、ヴォルティスが新チーム初の公式戦を8-0の完封勝利で飾った。
2011 Jリーグ U−13リーグ サザンクロスC結果について

JリーグU-13は2007年度にスタートしたU-13(主に中学1年生)のリーグ戦で、四国のチームは2009年以降、サザンクロスCブロックとして四国内のみでリーグ戦を行っている。今シーズンは徳島県内からヴォルティス、徳島FCリベリモのほか、吉野川SCラ・オーレも初参戦し、全10チームによる2回戦総当たりのリーグ戦が行われる。

ヴォルティスは山田がハットトリックを達成したほか、西が2得点、さらに坂本、大西、郡もゴールを決め、守ってはシーガルを無得点に抑えて快勝した。これからの3年間で一人ひとりが大きくレベルアップし、さらに強いチームに成長していってほしい。


posted by ナカヲ at 01:11| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。