2011年05月19日

Honda FC、圧勝で首位浮上

日本フットボールリーグ(JFL)は先週末、各地で前期第11節の8試合が行われ、2位のHonda FCはホームでJリーグ準加盟の9位・松本山雅FCを3-0で下して3連勝を飾るとともに、ホンダロックを抜いて首位へ浮上した。
日本フットボールリーグ

松本山雅FCはシュート数4-15という完敗に終わり、下位チームがほとんど勝ち点を上積みしたため、一気に16位まで順位を落とした。まだシーズンは始まったばかりとはいえ、Jリーグ参入へ向けて厳しい戦いが続きそうだ。

一方、前節まで首位に立っていたホンダロックSCはアウェイで10位・栃木ウーヴァFCに0-1の完封負けを喫し、今シーズン初黒星で2位へ後退した。勝ったウーヴァは消化試合数が1つ少ないにもかかわらず、ここまで6位と健闘が光っている。

前節まで3位のFC琉球はアウェイでJリーグ準加盟の13位・カマタマーレ讃岐に1-2で敗れて今シーズン2敗目を喫したものの、順位は3位のまま。ホーム2連勝を飾った讃岐は10位へ浮上したが、消化試合数が1つ少ないことを考えれば、Jリーグ参入要件の4位以内も射程圏に捉えていると言っていい。

讃岐では元徳島ヴォルティスのMF天羽と元徳島ヴォルティス・セカンドのMF野口がフル出場したほか、その両チームに在籍経験のあるFW岡本もスタメン出場して後半43分までプレーし、ホーム2連勝に貢献した。

そして4位には、前節まで5位のJリーグ準加盟クラブ・町田ゼルビアが浮上。11位・ブラウブリッツ秋田をホームに迎えての一戦は1-1の引き分けに終わったが、勝ち点1を上積みしてJリーグ参入圏内に食い込んできた。町田では元ヴォルティスのDF藤田がフル出場している。

一方、開幕から負けなしで前節まで4位につけていた佐川印刷SCはアウェイで14位のV・ファーレン長崎と対戦したが、0-6という衝撃的な大敗を喫して5位へ後退した。Jリーグ準加盟の長崎は得失点差を大きく稼いで一気に7位まで浮上。なお、この試合で2ゴールを挙げた長崎のFW有光は、今シーズンの通算ゴール数を6に伸ばし、得点ランキング単独首位に立った。

7位・SAGAWA SHIGA FCが12位・ツエーゲン金沢をホームに迎えた一戦は、アウェイの金沢が1-0で勝ち、今シーズン初勝利で9位へ浮上、敗れたSAGAWAは11位まで順位を落としている。なお、SAGAWAの元ヴォルティスユースMF濱田はスタメン出場して後半19分までプレーしたが、ゴールは奪えなかった。

8位・アルテ高崎が16位・MIOびわこ草津をホームに迎えた一戦は、アウェイのびわこが1-0で勝ち、連勝で13位へ浮上、敗れた高崎は今シーズン初黒星で一気に14位まで順位を落としている。なお、びわこの元ヴォルティスMF尾上は後半35分から出場し、チームの逃げ切りに貢献した。

そしてここまで全敗の最下位・ジェフリザーブズが1勝の15位・横河武蔵野FCをホームに迎えた一戦は、アウェイの横河が1-0で勝ち、連敗を3で止めるとともに12位へ浮上した。ジェフは開幕から4連敗、しかもまだ得点を1点も奪えておらず、苦しい戦いが続いている。

次節は今週末に行われ、首位のHondaはアウェイで5位の印刷と対戦する。また、優勝候補の本命と目されながらここまでわずか1勝の16位と結果の出ていない松本は、ホームにJリーグ準加盟のライバル・町田を迎える。そして四国から3チーム目のJリーグ入りを目指す讃岐は、金沢へ乗り込んでアウェイ初勝利と初の連勝を狙う。


posted by ナカヲ at 00:25| 徳島 | Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。