2011年05月26日

小野雄平がグルージャ加入

東北社会人リーグ1部のグルージャ盛岡は今日、昨シーズンまで同じ東北リーグ1部の福島ユナイテッドFCでプレーしていた元徳島ヴォルティスMF小野雄平選手の加入が決まったと発表した。
新加入選手のお知らせ

小野は大阪市出身の25歳。ヴェルディの下部組織から2004年に東京ヴェルディ1969に昇格し、2006年9月にはヴォルティスへ期限付き移籍してJ2で7試合に出場したが、同年限りで契約満了となった。2007年からは当時まだ中国リーグのファジアーノ岡山FCへ移籍、ボランチとしてチームを支え、2008年にはJFLへ、さらに2009年にはJ2へとチームを引き上げた。しかし昨シーズンはチームの戦力構想から外れて下部組織のファジアーノ岡山ネクスト(中国リーグ)に登録変更となり、6月には福島に期限付き移籍していた。

福島と盛岡は、東北リーグでここ3年ほど優勝を争っているライバル同士であり、今回の移籍が両チームのサポーターをいっそう熱くさせるのは間違いない。さっそく今週末の29日には、両チームの今シーズン最初の直接対決が予定されており、小野もその試合から出場が可能となっている。

盛岡にはヴォルティスから期限付き移籍中のDF大原卓丈や、かつてヴォルティスのキャプテンも務めたGK島津虎史が在籍しており、対する福島にも2005〜2007年にヴォルティスで通算20ゴールを挙げたFW小林康剛が在籍している。今週末の直接対決を見に行くことはできないが、どんな試合になるのか、実に興味深い。


posted by ナカヲ at 21:51| 徳島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2011-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
福島ユナイテッド対盛岡グルージャ戦を観戦してきました。結果は4対0で福島の勝ち。
立ち上がり早々右クロスにドンピシャのヘッドが左上隅にゴール。虎史の手が2メートルあっても届かないファインゴール。2本目も同じようなヘディングのゴールを康剛が。
3本目もは左CKにヘディング。最後は正面やや左からのシュートがDFに当たってコースが変化しゴール。後半は3本決定的な場面で虎史がファインセーブ。
康剛、虎史、小野雄平、大原と元ヴォルティス勢ぞろいしましたが、康剛も雄平もこのクラスでは頭一つ抜けた感があります。福島では10番11番が目立っていました。CB2人も高さがあって安定していました。盛岡はFWの高さが無い分、繋いでかき回してゴールを狙っていましたが力不足。DFは高さがあるがあたりが弱い。今の段階では、福島が1位通過しそうです。
それにしても、気分治しに観に来たのに4−0のスコアでまた思い出してしまった。
 
Posted by Sakamoto at 2011年06月01日 07:01
>Sakamotoさん
レポートありがとうございます。
そうか、仙台大学グラウンドでしたね。行きたかったけど遠すぎました(苦笑)
個人的には2008年からグルージャびいきなので頑張ってほしかったですが、
チーム状態がかなり悪いみたいですね。これで早くも自力優勝が消滅ですか。
まだ諦めるのは早いですが、最悪でも全社枠は確保してほしいです。
康剛はさすがですね。大原は怪我から復帰したばかりとか。これからです。
Posted by ナカヲ at 2011年06月07日 12:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。