2011年05月27日

JリーグU-14キャンプに中尾

Jリーグは今日、Jリーグ全38クラブのアカデミーからU-14の51選手を選抜し、来月、大阪府の堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター(J-GREEN堺)でJリーグアカデミープレーヤー(U-14)トレーニングキャンプを実施すると発表し、徳島ヴォルティスジュニアユースからはMF中尾慶心選手が選ばれた。
2011年度 Jリーグ アカデミープレーヤー(U−14) トレーニングキャンプを開催

中尾は徳島ヴォルティスジュニア出身で、ジュニア時代には「2009ナショナルトレセンU-12四国」や「2009ナショナルトレセンU-12四国(後期)」に、そしてジュニアユースに進んだ昨シーズンは「2010ナショナルトレセンU-14(前期)」や「JFAエリートプログラムU-13トレーニングキャンプ」にも選ばれた。さらに先月にはJFAエリートプログラムU-13の一環としてAFC U-13フェスティバルに参加したU-13日本選抜チームにも選ばれ、中国に遠征した。

すでにジュニアユースでもU-15チームでレギュラーとして活躍しており、3月のJFAプレミアカップ四国予選や今月の四国U-15クローバーリーグでもゴールを決めているが、今回のキャンプを通じて自身をさらに成長させてほしい。なお、トレーニングキャンプは2週に分けて行われ、中尾が参加する西日本19クラブのキャンプは6月16〜19日に行われるとのこと。

また、今日は日本サッカー協会から、来月1〜7日に行われるキリンカップサッカーの日本代表メンバーと、来月1日にU-22オーストラリア代表と国際親善試合を戦うU-22日本代表のメンバーも発表され、U-22日本代表には徳島県出身の川崎フロンターレDF實藤友紀選手が選ばれた。
U-22日本代表メンバー 〔国際親善試合 対U−22オーストラリア代表(6/1@新潟)〕

實藤は先月から今月にかけて2度行われたU-22日本代表候補トレーニングキャンプにも招集され、先月の全日本大学選抜との練習試合ではDFながらゴールも決めた。昨年のアジア大会決勝での決勝ゴールも記憶に新しく、今度の国際親善試合でも活躍が期待される。U-22日本代表に定着すると同時に、そろそろJリーグでのプレーも見たいところだ。


posted by ナカヲ at 20:33| 徳島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。