2011年06月04日

対サガン鳥栖@ベアスタ

◎Jリーグ2部第15節 2011年6月4日13時キックオフ
 (ベストアメニティスタジアム)観衆5,242人

サガン鳥栖  1(1−0)1  徳島ヴォルティス
        (0−1)

得点:鳥=岡本(42分)
   徳=衛藤(85分)
警告:鳥=木谷(26分)、永田(45分)、金民友(58分)
   徳=ドウグラス(1分)、ペ・スンジン(90分)

(サガン鳥栖)
GK 室21
DF 田中4
   木谷2
   呂成海20
   磯崎3
MF 早坂25
   永田8(→63分、浦田13)
   岡本6(→86分、丹羽15)
   金民友10(→76分、野田18)
FW 池田22
   豊田9

(徳島ヴォルティス)
GK オ・スンフン21
DF 平島25
   ペ・スンジン20
   三木2
   西嶋6
MF ディビッドソン純マーカス27
   倉貫8(→84分、濱田14)
   衛藤17
FW 島田10(→58分、津田11)
   柿谷13(→67分、杉本19)
   ドウグラス9


今日はベストアメニティスタジアムでサガン鳥栖とのアウェイ戦。九州は朝からいい天気で気温も高く、かなり暑く感じられる。

両チームのエンブレム 「がんばろう東日本! チカラをひとつに。」

せっかくの九州遠征なので、今年3月に全線開通したばかりの九州新幹線の山陽新幹線直通列車「みずほ」に乗って行くことにした。新型車両なのでとてもきれいだ。木目調を多用しているのも新鮮でいい。

みずほの先頭車両 みずほの連結部

スタジアムのグッズ売店では新商品の「てるてるストラップ」などが販売されていた。ボール型クッションはスタジアムには持ち込めるのだろうか? また、ウィントスくんのぬいぐるみは完売とのことで展示のみだった。

てるてるストラップ ボール型クッション ウィントスくんのぬいぐるみ

今日の試合は玄海町がマッチスポンサーとなっており、ホームゴール裏の広場では物産展が開かれていた。イカがものすごいスピードで回転しながら美味しそうな匂いを振りまくイカ干し回転機はなかなかインパクトがある。イカ焼きと佐賀牛の炭火焼を食べたが、どちらも絶品だった。

イカ干し回転機 佐賀牛の炭火焼

2位と4位の対戦で、天気も悪くないのだが、来場者はあまり多くはない。集客に苦戦しているのはどこも同じのようだ。

ホームゴール裏スタンド アウェイゴール裏スタンド

ヴォルティスのスタメンは前節から佐藤に代わってドウグラスが入った以外は変化なし。佐藤は今シーズン初めてのベンチスタートとなった。なお、ベンチ入りメンバーは前節と全く同じだ。対する鳥栖は元ヴォルティスのMF米田がベンチスタート。

選手紹介時にはヴォルティスの衛藤、島田、濱田、そして鳥栖の米田にスタジアム全体から拍手が贈られていた。古巣との対決で存在感を見せつけるのはどの選手だろうか?

米田兼一郎の横断幕 リザーブ選手発表

玄海町デーを記念した始球式(キックイン)の後、いよいよ試合開始。

キックインによる始球式

前半は立ち上がりからヴォルティスが攻め込んだが、先に惜しいシュートを放ったのは鳥栖。6分にクリアボールを正面で拾ったMF永田の縦パスを受けたFW豊田が左寄りからミドルシュートを放ったが、これはポストの右へ外れた。

ヴォルティスも10分、MF衛藤のパスを右サイドで受けたMF島田が右クロスを送り、DFに跳ね返されたボールを左寄りで拾ったDF西嶋がミドルシュートを放ったが、ミートせずポストの左へ外れた。その後は鳥栖も反撃に転じ、互角の攻防が続く。鳥栖は12分に正面左寄りでMFディビッドソンのパスをカットした永田がミドルシュートを放ったが、ポストの右へ外れた。

ヴォルティスは18分、こぼれ球を拾ったMF倉貫からのパスをMF柿谷が左サイドで受け、左クロスを上げるとこれをニアサイドのMFディビッドソンが頭でそらしてDFペ・スンジンが永田と競り合いながらヘディングシュートを放ったが、ポストの左へ外れた。

さらに20分には柿谷の左スローインにニアサイドのFWドウグラスがバックヘッドで合わせたが、GK室がキャッチ。26分にはMF衛藤が左タッチライン際をドリブル突破しようとしてDF木谷に倒されてFKを獲得。これを27分に島田がゴール前へ蹴り込み、ニアサイドのドウグラスが頭で合わせたが、ポストの左へ外れた。

鳥栖も29分、左サイドのやや距離のある位置で得たFKをMF岡本がゴール前へ蹴り込み、正面でDF呂が頭で合わせたが、GKオ・スンフンがキャッチ。ヴォルティスは30分、DF平島の右アーリークロスを正面右寄りで受けた柿谷が胸トラップからシュートを放ったが、ポストの右へ外れた。

35分過ぎからは鳥栖が攻勢に転じ、38分には左寄りでクリアボールをFW池田が頭で競り落とし、これを左サイドで拾ったMF早坂がドリブルで中へ入り込んで左寄りからシュートを放ったが、GKオ・スンフンの正面を突いた。

そして42分、鳥栖は岡本のクイックリスタートの左ショートCKからMF金民友がペナルティエリアの左角へパスを出し、そこへ走りこんだ岡本がワンタッチから低い弾道のミドルシュートを放つと、これがニアサイドを抜いてゴールに突き刺さった。ヴォルティスの選手たちは岡本の素早いリスタートに反応できず、ちょっとした隙を突かれてしまった。

先制されたヴォルティスは44分、正面右寄りの距離のある位置から島田がFKを蹴り、クリアボールを正面左寄りで拾ったMF倉貫が粘ってグラウンダーのミドルシュートを放ったが、ポストの右へ外れてしまった。結局、内容的には負けていなかったのに0-1とリードを許して前半終了。

ハーフタイムにはサガンティーナによるチアリーディングダンスが披露された。

110604-f.jpg

後半に入り、まずは5分、右寄りをドリブルで攻め上がった柿谷のパスを右サイドで受けた島田の右クロスに正面のドウグラスが頭で合わせたが、GK室のファインセーブに阻まれた。しかしその後は鳥栖が激しいプレスでヴォルティスに自由にボールを回させず、完全に試合の主導権を握る。7分には岡本の左CKにFW池田が頭で合わせたが、ポストの左へ外れた。

さらに18分には金民友が正面のボールの奪い合いからドリブルで右へ流れてシュートを放ったが、ゴール左隅を襲ったボールはGKオ・スンフンがセーブ。23分には途中出場のMF浦田が自陣から中央をドリブルで攻め上がり、そのままシュートを放ったが、ポストの左へ外れた。

鳥栖は26分にも右寄りの距離のある位置からのFKをファーサイドの豊田が頭で競り落とし、これを拾った早坂が相手に囲まれながらも反転して左寄りからシュートを放ったが、右ポストに嫌われた。

劣勢だったヴォルティスはようやく29分、右クロスを正面やや左寄りで受けた倉貫がシュートを放ったが、GK室にキャッチされた。さらに30分にも左サイドでのパス交換から途中出場のFW津田が左寄りへ抜け出してグラウンダーのシュートを放ったが、これもGK室にキャッチされた。

追加点を奪って楽に試合を運びたい鳥栖は35分、早坂が左からドリブルでゴールに迫り、シュートを放ったが、これはGKオ・スンフンがよく跳ね返した。そして40分、ヴォルティスは自陣のディビッドソンからの縦パスをドウグラスが中央でつなぎ、ドウグラスからのパスに左サイドへ抜け出した津田が左クロスを上げると、ファーサイドのドウグラスがGK室と競りながら頭で折り返し、ワンバウンドしたボールを正面から衛藤がヘディングで押し込んでついに同点に追いついた。

その後はホームで勝ち点3を奪いたい鳥栖が激しく攻め込んだが、ヴォルティスもよく跳ね返して相手にシュートを打たせない。一方のヴォルティスは防戦一方で逆転のチャンスは全く作れず、試合はそのまま1-1で終了。

ヴォルティスとしては負け試合と言ってもいい内容の試合を引き分けに持ち込めたので、アウェイ戦であることも含めて、この勝ち点1の価値は大きい。ただ、この内容ではこの先、J1昇格を争うライバルとの試合で良い結果を得るのは難しいので、立て直しに期待したい。

試合後は電車とバスと高速船を乗り継いで長崎県の島原半島へ渡り、そこで一泊した。スタジアムから島原港までは乗り換え時間を含めて2時間強(乗り換えがスムーズなら2時間かからない)と、意外に近かった。

大牟田〜島原の高速船の外観 高速船の船内

徳島ヴォルティス、執念のドロー

J's GOAL | ゲームサマリー
posted by ナカヲ at 18:53| 徳島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2011-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。m(__)m
今日は昇格圏浮上を狙う為、そして昇格争いのライバルを蹴落として勝ち点を稼いで連敗回避という厳しい状況の下、試合レポート・応援ご苦労様でした。
(私は某喫茶店でスカパー中継を見ておりました。)
まぁ昇格争いのライバルに負けなかったということで及第点ってことですかね?
しかし両サイドの上がり方を相手に読まれてましたね…。
(´・ω・`)ショボーン
そして私の今回のtotoは富山-熊本が引き分けた時点で終了してしまいました…
_| ̄|○
(#゚Д゚)ゴルァ!!大分!せっかく[10-]とダブル投票してやったのに徳島戦の時にやった終了間際にさっさと一点入れて引き分けで終了しろやヴォケ…
あっ、いえ、[10-]か[1-2]のどっちに投票するか迷ってドローが来そうと思ってしまった私が迂闊でしたwwwwwwwwwwwwwwwwwww
(ノ∀`) アチャー
本当は予想放棄でトリプル投票したかったんですよ、えぇ。
次回は岡山戦も対象試合に入ってるのでどういうコメントで最後に「社長涙目」でオチを付けるか考え中ですwwwwwwwwwwwwwwwwww
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

Posted by ナオキ at 2011年06月05日 01:42
>ナオキさん
負け試合で勝ち点1を取れたので、よしとしないといけないのかもしれません。
富山×熊本は確かに予想外でしたね。熊本の堅守にやや陰りが見えてきましたか。
Posted by ナカヲ at 2011年06月07日 12:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。