2011年06月06日

JY、吉野川ともに白星発進

一昨日、日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会の四国予選が開幕し、Aグループの徳島ヴォルティスジュニアユースは香川県のユーヴィレッジ・ドリームフィールドでFCディアモ(香川)と対戦、6-1の大差で勝利を収めた。
第26回 日本クラブユースサッカー選手権(U−15)四国予選について

ヴォルティスはFW川添が2得点を挙げたほか、DF奥田、MF木内、FW辻、FW山田にもゴールが生まれ、守ってはディアモに1点を許したものの、白星スタートを切った。

またEグループの徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川も、徳島スポーツビレッジで松山サッカースクール(愛媛)と対戦し、2-0の完封勝利で初戦を飾った。
第26回 日本クラブユースサッカー選手権(U‐15)大会四国予選 結果

吉野川はMF板野とFW久米川がゴールを決め、守っては四国U-15クローバーリーグで4試合中3試合を無失点に抑えている鉄壁の守備陣が松山SSの攻撃陣を封じ込んだ。

その他の徳島県勢では、四国クラブユース新人大会優勝の徳島FCリベリモが愛媛FC新居浜ジュニアユースを1-0で、またプルミエール徳島SCが大会初参戦のカマタマーレ讃岐ジュニアユース(香川)を7-1でそれぞれ破ったが、阿南FCジュニアユースはFCゼブラ(愛媛)に0-2、またソレイユFCはシーガルFC(香川)に0-6で敗れた。さらに翌5日にはソレイユがJFAプレミアカップ四国予選優勝のFCコーマラント(香川)と対戦、0-13の大敗を喫して2連敗となった。

昨日の試合を終えた段階で、Aグループではヴォルティスが勝ち点3で首位に立ち、リベリモが得失点差で2位につけている。また、Bグループの首位はコーマラントで、ソレイユは勝ち点0の最下位。Cグループの首位はFCコラソン(高知)、Dグループの首位はクローバーリーグで現在首位の愛媛FCジュニアユースで、阿南は3位。Eグループは3チームが勝ち点3で並んでいるが、得失点差でプルミエールが首位、吉野川が3位となっている。

今週末の12日には、台風2号の影響で延期されていた2試合が愛媛県の四国中央市浜公園で行われ、ヴォルティスは12時半からFC Centrale(愛媛)と対戦する。一方、吉野川は今週末は試合がなく、来週末の19日にユーヴィレッジでMFC高松ジュニアユースと対戦する。MFC高松には昨年のこの大会のグループリーグ最終戦で敗れて初の決勝トーナメント進出を阻止された悔しい思い出があるので、今度はきっちりと借りを返したい。


posted by ナカヲ at 23:16| 徳島 | Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。