2006年07月16日

対東京ヴェルディ1969@味スタ

◎Jリーグ2部第28節 2006年7月16日
 (味の素スタジアム)観衆5,473人

東京ヴェルディ1969  4(1−1)2  徳島ヴォルティス
            (3−1)

得点:東=青葉(14分)、斎藤(71分、76分)、平本(84分)
   徳=ジョルジーニョ(20分)、大場(89分)
警告:東=青葉(36分)
   徳=金位漫(3分)、大場(37分)

(東京ヴェルディ1969)
GK 高木
DF 海本(→45分、喜名)
   萩村
   青葉
   藤田
MF ゼ ルイス
   菅原
   マルクス(→85分、富澤)
   根占(→45分、大橋)
FW 斎藤
   平本

(徳島ヴォルティス)
GK 島津
DF 金位漫
   石川(→77分、伊藤)
   井手口(→50分、天羽)
   石田
MF 大場
   挽地
   片岡(→67分、岡本)
   玉乃
FW 羽地
   ジョルジーニョ


飛田給駅に着いてから味の素スタジアムへ向かう間に感じたこと。
それは「ここはFC東京のホームであってヴェルディのホームではない」
ということだった。いくら大企業がバックにつき、
選手を40人以上も確保できるだけの資金を持ったチームであっても、
地元に支持されないというのは非常に不幸なことだと思う。
このチームに比べれば、ヴォルティスの方がはるかに可能性に満ちている。

味の素スタジアムの正面

スタジアム前のグッズショップ(FC東京、ヴェルディのほか、
今話題のユベントスやイタリア代表のグッズも販売されていた。
味の素スタジアムとイタリアはどういう関係にあるのだろう?)、
サブグラウンドに当たる「アミノバイタルフィールド」を見学して
開場までの時間をつぶす。

味の素スタジアム前のグッズショップ アミノバイタルフィールドのメインスタンド

スタンドに入ると、確かにきれいなスタジアムではあるが、
ゴール裏席は傾斜が緩いので、フィールド全体を見渡しづらい。
(今日は開いていなかったが、2階席からだと見やすいかもしれない。)

ゴール裏最前列からの眺め ゴール裏1階最上段からの眺め

また、屋根が付いているのはいいが、今日のような蒸し暑い日のナイターは
風が通らないのでさらに暑く感じる。
(コンコースは風があってまだ涼しかった)

メインスタンド

ヴォルティスのスタメンは先週の山形戦と同じ。
一方のヴェルディは、新外国人選手のMFゼ・ルイスがデビュー。
鳴り物入りの選手らしいが、ヴォルティス・サポとしては
周囲との連携がうまくいかないことを祈りたい。

味の素スタジアムのオーロラビジョン

試合開始。前半はヴォルティスが押し気味に試合を進めるが、
14分、ヴェルディはカウンターからDF青葉が左サイドを駆け上がり、
前線でパスを受けたFW斎藤が左サイドをえぐって折り返すと、
そこへ青葉が走りこみ、豪快なシュートを叩き込んだ。

ヴォルティスも15分、DF金位漫の右クロスにゴール前のFWジョルジーニョが
頭で合わせたが、シュートはGK高木の正面へ。
しかし20分、右サイドでのパス回しから、最後はFW羽地のパスを受けた
ジョルジーニョがペナルティエリア外からループ気味にミドルシュート。
これがGK高木の手とクロスバーの間を通ってゴールネットを揺らした。

さらに28分にも、高木のミスキックを拾った羽地が
グラウンダーのミドルシュートを放ったものの、わずかにポストの右へ。
ヴェルディも40分、カウンターからMF菅原の右クロスを
MFマルクスが押し込んだが、わずかにマルクスの戻りが遅く、オフサイド。

そのまま前半終了。
ヴォルティスは、パスをつなぐサッカーもできていたし、
サイドからの崩しもあって、攻撃面ではなかなかいい印象だ。
一方、守備ではやや不安なシーンもあったが、井手口がよく頑張った。

後半も、最初の15分くらいまではヴォルティスがペースを握る。
まずは9分、羽地が左からミドルシュートを放ったが、
クロスバーをかすめてゴールマウスの外へ。
13分にもMF玉乃が豪快なミドルシュートを放つが、高木がファインセーブ。
16分には玉乃の左CKにニアサイドのMF挽地が頭で合わせたが、右へ外れた。

一方のヴェルディは、4分に左サイド寄りからのFKをマルクスが
ゴール前へ放り込み、FW平本が頭で合わせたのが唯一のチャンスだったが、
このシュートはポストの左へ外れた。

しかし、15分を過ぎた頃から、ヴォルティスの選手の運動量が落ち始め、
次第にヴェルディがリズムをつかみ始める。しかもDFの要・井手口が
後半5分にアクシデントでピッチを去り、守備の安定感がなくなっていた。

ヴェルディは21分、ゴール正面のFKをマルクスがふわりと浮かせて
直接ゴールを狙ったが、クロスバーに当たって跳ね返った。
GK島津は全く反応できていなかったので、クロスバーに救われた形だ。

さらに23分、今度は斎藤が平本とのワンツーでヴォルティスのDF陣を
置き去りにして裏へ抜け出し、島津と一対一になるが、
シュートはサイドネットを揺らしただけ。

しかし26分、ヴォルティスは中盤でパスをカットされてカウンターを食らい、
DF陣も斎藤にスピードで抜かれ、そのままゴールを決められてしまった。

ヴェルディは29分にもDFライン裏へのパスに斎藤がスピードで抜け出したが、
シュートは島津が足でセーブした。

31分、ヴェルディはFKからのパス回しでヴォルティスのDFを崩し、
最後は斎藤が正面からフリーでシュートを決めた。これでスコアは3-1。

苦しくなったヴォルティスは38分、右からのFKをジョルジーニョが
ファーサイドへ放り込み、そこから3選手がヘディングシュートを試みたが、
ヴェルディの守備陣にことごとく跳ね返され、得点できず。

逆に39分、DFライン裏へ放り込まれたボールの処理を島津が誤り、
平本にヘッドでかわされて左足でダメ押しの4点目を押し込まれた。
流れが悪いときにミスが絡んで失点する癖は早く直したい。
さらに41分にも平本に裏へ抜け出されたが、シュートはサイドネット。

ヴォルティスはロスタイムに入って意地の反撃を見せ、
左からのFKを玉乃がゴール前へ放り込み、これをゴール前のMF大場が
足でコースを変えてゴールへ流し込んだ。
しかし反撃もそこまで。2-4で敗れ、4連敗(アウェイ11連敗)を喫した。

内容的にはいい時間帯が多かったのに、結果はいつもと同じ。
ただ、1-4になってから意地の反撃を見せて1点を返したのは
今までにないパターンだったし、少なくとも気持ちは伝わってきた。

守備陣のつまらないミスが命取りになったが、
内容的にはかなり改善されてきたと思う。
もう少し踏ん張れれば必ず結果は出るはず。もうあとちょっと、頑張れ!

ところで、後日、TV放送の録画を確認したところ、
ヴォルティスサポーターの人数は決して多くないのに、
声が屋根に反響することもあって、かなり迫力ある声が出ていたようだ。
サポーターの後押しはきっと選手の力になったことと思う。

味スタに集まったサポの皆様、ありがとうございました。
これからもサポートを続けていきましょう!

徳島、今季初の4連敗 東京Vに2−4、後半ミスから3失点

【J2:第28節】東京V vs 徳島:ハーフタイムコメント
【J2:第28節】東京V vs 徳島:ラモス瑠偉監督(東京V)記者会見コメント
【J2:第28節】東京V vs 徳島:田中真二監督(徳島)記者会見コメント
【J2:第28節】東京V vs 徳島:試合終了後の各選手コメント
【J2:第28節 東京V vs 徳島 レポート】東京V、今季味素スタ初勝利を飾り2連勝! 徳島は4連敗で最下位脱出ならず


posted by ナカヲ at 21:36| ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | Soccer 2006-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりにコメントさせていただきます。
味スタにおいでになっていたのですね!。
高校野球観戦もお疲れさまでした。
私は今、東京在住ですが、そこまでの行動力がありません…。m(__)m
今日は、私も味スタに行っていましたが、
試合については貴殿と同じ感想をもちました。
面白いサッカーは出来ていたと思いました。
自分のブログに明日以降レポートしようと思っています。
Posted by 八木 at 2006年07月17日 02:20
Φさん、いつも速報をありがとうございます。
負けた中でも、大場の1点は嬉しいです。
大塚戦士の意地でしょうか?
次回は点の取れない羽地を下げ、大島&林の
懐かしのツートップ+トップ下のジョルジーニョが
個人的な理想です。(左に片岡、右に大場)
GKは2004年のレッジーナ戦で健闘した山口を
出してあげたい。大塚出身の選手をもっと先発させて、
「勝ち」のイメージを持って試合に臨んでもらいたいです。
このように大胆なメンバーチェンジもこの時期には
必要かなとも思います。結果をださない選手を下げ、
他の選手にチャンスを与える、これは、田中監督なら
戦略のひとつとしてそれができるかも。。。

しかし、DFが安定しませんねー。
小さなミスでも見逃されることがないJの舞台ですから、
DF強化は急務でしょう。シーズン当初からまだ解決
できてません。横浜FCとの違いは何なんでしょう?
秋葉のCB起用もすぐに戦術上なくなりましたが、
うまく機能しなかったのでしょうか?

8月6日は仕事を蹴散らし、久々にホームに行けそうです!勝利を信じて応援に行きます!!
Posted by 遠くから応援してます。 at 2006年07月17日 09:20
昨日はありがとうございました。

僕も内容は決して悪くないと感じました。
Φさんをはじめとする徳島の皆さんと、交流を持たせてもらったことで
徳島に親しみを感じ、僕も陰ながら、徳島を応援しています。
またお会いしましょう。
Posted by コール at 2006年07月17日 20:20
昨日はお世話になりました。
本当にもう少しという感じがしますね。
次は神戸戦、勝ってほしいですね。
期待しましょう。
Posted by まちきん夫婦@La Cookai at 2006年07月17日 22:17
>八木さん
日曜日はお疲れ様でした。気持ちを感じられる試合でしたよね!
あ、私も最近は(ヴォルティス以外には)行動力ダウンしてきてますよ。

>遠くから応援してます。さん
あとはDFですね。それと、つまらないミスをなくすこと!
8月6日、ぜひお越しください。サポの応援で勝たせましょう!

>コールさん
こちらこそいろいろとありがとうございました。
徳島を気にかけてもらえてうれしいです。
J31番目のどん底から這い上がっていく様子を見守っていてください。
そしていつかJ1でFC東京と勝負しましょう!

>まちきん夫婦@La Cookaiさん
こちらこそありがとうございました。
今年のアウェイの試合の中では、かなり収穫のある内容だったと思いますよ。
きっと次につながるはず。神戸戦も応援がんばりましょう!
Posted by Φ at 2006年07月18日 18:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

06.J2第28節・東京V‐徳島
Excerpt: 昨日は昼間に栃木グリーンスタジアムにて、JFLの栃木SC-SC鳥取戦を観戦、その後夜は 東京V‐徳島を味スタにて観戦してまいりました。サッカーを楽しめるのは、やはり嬉しいものです。 順序が逆になります..
Weblog: 珈琲もう一杯
Tracked: 2006-07-17 20:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。