2011年06月17日

ヴォルティスナイター号運行

徳島ヴォルティスは今日、昨シーズンに引き続き今シーズンも18時30分以降にキックオフされる8月までのホームゲームにおいて、JR四国の臨時列車「ヴォルティスナイター号」が運行されることが決まったと発表した。
JR四国「ヴォルティスナイター号」を運行 〜ナイターはJRに乗って試合観戦!〜

臨時列車は2両編成で運行される予定で、鳴門駅を21:37に出発し、徳島駅までの各駅に停車して22:17に徳島駅に到着する。徳島駅から阿南方面や池田方面へも乗り換え可能だ。

運行される試合は、来週末25日の湘南ベルマーレ戦から8月5日のギラヴァンツ北九州戦、および8月28日の大分トリニータ戦で、8月14日の水戸ホーリーホック戦は18時キックオフのため運行されない(鳴門駅21:07発の定期便に十分間に合うため)。

また、この臨時列車の運行日には鳴門駅とスタジアムを結ぶシャトルバスも運行される。基本的にはJR鳴門線のダイヤに合わせて運行され、往路便は列車が鳴門駅に到着してから約10分後に鳴門駅を出発する(第1便は15:45発、最終便は18:10発の予定)。

一方、復路便は18時30分キックオフの試合では20:45発と21:05発の2便、19時キックオフの北九州戦では21:05発の1便のみが運行され(定員は各便とも50名)、鳴門駅で21:07発の定期便最終か21:37発の臨時列車「ヴォルティスナイター号」に連絡する。なお、渋滞等で臨時列車に間に合わない場合は、松茂とくとくターミナルを経由して徳島駅へ向かうとのこと。運賃は大人、小人ともに片道100円だ。

徳島駅、あるいは自宅の最寄り駅まで帰ってきても、そこから自宅までの交通手段がないというケースも多々あり、どうしても自家用車を使わざるを得ないサポーターが多いとは思うが、臨時列車やシャトルバスが利用者の少なさを理由に廃止されることのないように、可能な方はぜひこれらの交通手段を積極的に利用してほしい。


posted by ナカヲ at 23:57| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。