2011年06月18日

東京学芸大、逆転で2位浮上

今日は東京の駒沢オリンピック公園総合運動場へ関東大学サッカーリーグ2部の第8節を見に行った。朝からどんよりとした曇り空で、気温もやや低めだ。

今日はこの運動場の第二球技場と補助競技場でそれぞれ2試合ずつが行われるので、第一試合は第二球技場で関東学院大対城西大、第二試合は補助競技場で東京学芸大対朝鮮大学校の試合を観戦することにした。

第二球技場前の案内サイン 第二球技場の正面

両スタジアムは隣り合っており、第二球技場のバック側と補助競技場のメイン側が道を挟んで向かい合う形で並んでいる。第二球技場は人工芝の球技専用スタジアムで、メインスタンドはベンチシートとなっている。それなりに高さもあって見やすい。

メインスタンドからの眺め

ちなみにバックスタンドと両方のゴール裏スタンドは芝生席だが、ほとんど傾斜がなく、高さもさほどないのであまり見やすくはない。

アウェイ側ゴール裏スタンド

第一試合は関東学院大対城西大。関東学院は現在5勝1分1敗の勝ち点16で2位につけており、首位の日本体育大を勝ち点差1で追っている。対する城西は1勝6敗の勝ち点3で最下位に沈んでおり、現在4連敗中。

関東学院のスタメンは以下の通り。
GKは大生川。DFは右から松本、常盤、佐藤祐馬、近藤。MFはボランチに太田と堀内、右サイドに前村、左サイドに安藤。FWは佐藤祐輝と喜屋武。

関東学院のスタメン

対する城西のスタメンは以下の通り。
GKは岩垂。DFは右から老田、徳永、吉住、谷川。MFはボランチに田森と新井、右サイドに小森、左サイドに壁。FWは寺田と松永。

城西のスタメン

前半は城西が前線からのプレスでリズムをつかみ、まずは4分、MF小森の右クロスにファーサイドのFW松永が頭で合わせたが、ポストの左へ外れた。関東学院も7分、FW喜屋武の左CKにニアサイドのFW佐藤祐輝が頭で合わせたが、クロスバーに跳ね返された。

その後も優位に試合を進める城西は19分、小森のパスを受けたMF田森が右サイドからスルーパスを送ると、正面右寄りへFW寺田が抜け出し、GKとの一対一をゴール右隅へ決めて先制した。

先制ゴールを決めて喜ぶ城西FW寺田

さらに城西は21分、右サイドからのパスを正面で受けた寺田がシュートを放ったが、GK大生川が弾いて自らキャッチした。しかし城西は25分、松永が正面で相手と競り合って倒れながらもミドルシュートを放つと、これがGK大生川の頭上を越えてゴールに吸い込まれ、2-0とリードを広げた。松永はこのシュートシーン以外にも、抜群のスピードでたびたび裏へ抜け出すなど、いいアピールを見せていた。

抜群のスピードを見せた城西FW松永(右)

その後は関東学院も反撃に転じ、30分には左サイドからのパスを正面左寄りで受けた喜屋武がドリブルからシュートを放ったが、GK岩垂にキャッチされた。さらに36分には左クロスにニアサイドのMF太田が合わせたが、これもGK岩垂がキャッチ。

43分にはDF松本が右サイドから送ったパスを正面右寄りでMF前村が受け、ドリブルで右へ流れてシュートを放ったが、ポストの左へ外れた。44分にも左サイドからのパスをニアサイドで受けた喜屋武がシュートを放ったが、ポストの左へ。

45分にもDF佐藤祐馬が正面からグラウンダーのミドルシュートを放ったが、GK岩垂の正面を突いてキャッチされた。結局、最下位の城西が2位の関東学院を2-0でリードするという意外な展開で前半を折り返した。

後半も追いかける関東学院がボールを支配して一方的に攻め込む。まずは開始48秒、右クロスをニアサイドの佐藤祐輝が落としてシュートを放ったが、これはGK岩垂にセーブされ、さらにこぼれ球に飛び込んだ途中出場のMF横山のシュートもポストの右へ外れた。

さらに4分には途中出場のDF大森の左クロスにファーサイドの前村が相手と競りながら頭で合わせたが、ポストの右へ外れた。6分には松本の右クロスにニアサイドの横山が頭で合わせたが、これもポストの右へ。その後も関東学院がセカンドボールを拾って攻め立てる。

防戦一方だった城西は15分、小森の右アーリークロスにファーサイドの松永が頭で合わせたが、ミートせずポストの左へ外れた。さらに18分にはカウンターからDF谷川が左サイドをドリブルで攻め上がり、正面左寄りからシュートを放ったが、ポストの左へ外れた。

関東学院は19分、喜屋武の左CKにニアサイドの佐藤祐輝が頭で合わせたが、ポストの右へ外れた。さらに20分にも喜屋武の右CKに正面の松本が頭で合わせたが、クロスバーを越えた。21分には松本の右アーリークロスがGK岩垂の頭上を越えたが、ファーサイドで合わせることはできず、そのまま流れてしまった。31分には松本の右CKにファーサイドのDF近藤が頭で合わせたが、クロスバーを越えた。

残り時間も10分を切ってから城西はダメ押し点を奪おうと再び反撃し、41分にはスルーパスを正面で受けた途中出場のFW渡邊がGKとの一対一からシュートを放ったが、GK大生川のセーブに阻まれた。

そして42分、関東学院は佐藤祐馬がヘディングで前線へ送ったボールを途中出場のMF柴崎が拾い、左寄りからドリブルで中へ入ると、正面からグラウンダーのシュートをゴール左隅へ決めた。これで1点差となり、勝負は全く分からなくなった。

一気に追いつきたい関東学院は45分、正面右寄りのいい位置でFKを得ると、これを佐藤祐輝が直接狙ったが、ポストの左へ外れた。ロスタイム1分には佐藤祐馬が正面からドリブルで攻め込み、そのままグラウンダーのシュートを放ったが、これもポストの左へ外れた。

結局、2-1で試合終了。城西が前半のリードを守り切って、実に5試合ぶりの白星を勝ち取った。関東学院は城西の3倍近いシュートを放ったが、シュートがなかなか枠を捉えられず、首位浮上どころか3位以下へ転落する可能性さえ出てきてしまった。

ファイナルスコア

続いて第二試合は隣の補助競技場へ移動し、東京学芸大対朝鮮大学校を観戦。「補助競技場」というと通常は陸上競技場の補助施設だが、ここは球技場の補助施設のようで、トラックのない人工芝の球技場になっている。

補助競技場のクラブハウス

スタンドは、メイン側にピッチレベルから3段ほどの石段があるのみで、そこも両チームの選手たちがベンチとして使用していたので、一般の観客はメイン側の金網の外から観戦するか、バック側のピッチレベルの芝生エリアから観戦するしかない。

メイン側の金網の外からの眺め

金網の外からでは写真を撮れないし、ピッチも遠くて見づらいので、バック側のピッチサイドから観戦することにした。ピッチ全体を俯瞰することはできないが、選手がすぐ目の前なので迫力は満点だ。

アウェイゴール裏 バック側ピッチサイドからの眺め ホームゴール裏

学芸は現在、5勝2敗の勝ち点15で3位につけている。開幕3試合で1勝2敗という苦しいスタートを切ったものの、その後の4連勝で首位に勝ち点差2まで迫ってきた。対する朝鮮は2勝1分4敗の勝ち点7で10位。総得点4、総失点15ともにリーグワーストタイの数字だが、接戦をモノにしてしぶとく勝ち点を拾ってきた。

学芸には昨シーズンまで徳島ヴォルティスでプレーしていたFW岡卓磨が在籍しており、1年生ながらここまで7試合すべてに出場、うち6試合はスタメンに名を連ねているが、まだゴールがない。今日あたり、そろそろゴールを見たいものだ。

学芸のスタメンは以下の通り。
GKは武田。DFは右から山形、藤井、大里、廣木。MFは右から佐藤、河野、佐々木、中村。FWは原田と岡。

レギュラー選手のうち、MF茶島とMF山崎は全日本大学選抜の一員として現在イタリアで開催中のアンジェロ・ドッセーナ国際ユース大会に参加しており、この試合には出られない。彼らの不在がどう影響するか、気になるところだ。

対する朝鮮のスタメンは以下の通り。
GKは朴一圭。DFは右から鄭壮輝、李永徳、馬舜、許亮。MFは右から蒋基栄、李志賢、朴利基、姜尚彦。FWは金弘淵と李應鉉。

両チームのスタメン 

前半は立ち上がりから朝鮮が素早い攻めを見せ、まずは7分、FW李應鉉のパスを受けたFW金弘淵が正面右寄りからゴール左隅へ鮮やかなシュートを叩き込んで先制した。さらに9分にも金弘淵の右クロスに正面のMF姜尚彦が頭で合わせたが、学芸の選手に当たってクロスバーを越えた。同じく9分、姜尚彦の右CKに正面の李應鉉が頭で合わせたが、ポストの左へ外れた。

ボールは保持しながらもなかなかフィニッシュまで持ち込めなかった学芸はようやく13分、FW岡が右寄りからドリブルで攻め込み、そのままシュートを放ったが、ポストの右へ外れた。朝鮮も16分、金弘淵が正面からミドルシュートを放ったが、ポストの右へ外れた。

先制ゴールを決めた朝鮮FW金弘淵

その後も学芸がボールを支配して攻め続け、19分には正面で得たFKをMF佐々木が直接狙ったが、わずかにポストの右へ外れた。29分には右クロスに正面のFW原田が頭で合わせたが、ゴール右隅を襲ったシュートはGK朴一圭にセーブされた。

学芸は36分にもGK朴一圭が飛び出して無人となったゴールをめがけてMF中村が左寄りからグラウンダーのシュートを放ったが、ゴール寸前で相手にクリアされてしまった。終盤には再び朝鮮が勢いを取り戻し、どちらもいい形を作れないまま、1-0で前半を終えた。

前半の終わり頃からぽつぽつと雨が落ち始め、後半に入ると本降りに変わってきた。後半は追いかける学芸が一方的に攻め込み、7分にはMF佐藤が右寄りからミドルシュートを放ったが、GK朴一圭のセーブに阻まれ、こぼれ球を拾った原田もシュートを打てなかった。同じく7分、今度は右寄りでこぼれ球を拾った岡がシュートを放ったが、これもGK朴一圭にキャッチされた。

リーグ初ゴールが待たれる学芸FW岡

なおも攻める学芸は13分、佐々木が右からシュートを放ったが、GK朴一圭にセーブされた。朝鮮も15分、金弘淵が右の角度のない位置からシュートを放ったが、GK武田にキャッチされた。後半の朝鮮のシュートはこの1本だけだった。

学芸は19分、途中出場のMF柏崎が左からシュートを決めたかに思われたが、オフサイドの判定で取り消しに。32分には右サイドの佐藤からパスを受けた岡が相手と競りながらシュートを放ったが、相手に当たってポストの右へ外れた。36分には中村の右クロスにニアサイドの佐藤が頭で合わせたが、GK朴一圭がキャッチ。

徐々に残り時間も少なくなってきたが、37分、ついに学芸の執念が実った。右寄りで得たFKを佐々木がゴール前へ蹴りこむと、GK朴一圭のクリアボールが中村の頭に当たって跳ね返り、ラッキーなことにそのままゴールに飛び込んだ。これで1-1の同点だ。

同点ゴールを決めた学芸MF中村

勢いづいた学芸はさらに猛攻を仕掛け、43分にはカウンターから右サイドでパスを受けた佐々木がドリブルで攻め込み、右寄りからループシュートを放ったが、これはクロスバーを越えた。しかし45分、MF河野のパスを受けた佐々木が右寄りからドリブルで攻め込み、またしてもループシュートを放つと、今度は鮮やかにGKの頭上を越えて逆転ゴールが決まった。

決勝ゴールを決めた学芸MF佐々木

学芸はさらにロスタイム2分にも岡のパスに反応した中村が正面へ抜け出したが、シュートはポストの右へ外れた。しかし最後まで朝鮮に反撃を許さず、そのまま2-1で試合終了。

ファイナルスコア

学芸が劇的な逆転勝利で連勝を5に伸ばし、関東学院を抜いて2位へ浮上した。岡は待望の公式戦初ゴールこそ決められなかったが、地道なポストプレーでチームの攻撃の組み立てに貢献しており、悪い出来ではなかったと思う。前期最終節となる次節は集中応援日とのことなので、大勢の観客の前でそろそろ初ゴールを決めてほしい。

応援席へ勝利を報告する選手たち

◎関東大学サッカーリーグ2部 第8節
 2011年6月18日11時30分キックオフ
 (駒沢オリンピック公園総合運動場第二球技場)観衆200人

関東学院大 1(0−2)2 城西大
       (1−0)

得点:関=柴崎(87分)
   城=寺田(19分)、松永(25分)
警告:関=太田(13分)
   城=新井(74分)

(関東学院大)
GK 大生川1
DF 近藤5
   常盤3
   佐藤祐馬7
   松本18
MF 堀内6
   太田35(→HT、大森16)
   前村8
   安藤14(→HT、横山15)
FW 佐藤祐輝9
   喜屋武10(→65分、柴崎26)

(城西大)
GK 岩垂1
DF 徳永4
   吉住5
   老田3
   谷川13
MF 田森6
   新井10
   壁7(→90+2分、細谷16)
   小森8
FW 松永32(→68分、井出33)
   寺田17(→76分、渡邊11)

◎関東大学サッカーリーグ2部 第8節
 2011年6月18日13時50分キックオフ
 (駒沢オリンピック公園総合運動場補助競技場)観衆100人

東京学芸大 2(0−1)1 朝鮮大学校
       (2−0)

得点:東=中村(82分)、佐々木(90分)
   朝=金弘淵(8分)
警告:東=山形(11分)、河野(33分)、中村(47分)、藤井(68分)
   朝=蒋基栄(48分)

(東京学芸大)
GK 武田1
DF 山形2
   藤井3
   大里23
   廣木6
MF 河野8
   佐々木14
   佐藤32
FW 中村9
   岡13
   原田17(→57分、柏崎18)

(朝鮮大学校)
GK 朴一圭18
DF 許亮26
   馬舜2
   李永徳4
   鄭荘輝34(→76分、金秀奎14)
MF 姜尚彦6
   李志賢7
   蒋基栄12
   朴利基19
FW 李應鉉17(→69分、張營根9)
   金弘淵10



posted by ナカヲ at 22:21| 徳島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。