2011年06月24日

1ヶ月ぶり白星で上位追撃を

明日の対戦相手は湘南ベルマーレ。湘南は昨シーズンはJ1で戦っていたので、対戦するのは一昨年の10月以来、約1年9ヶ月ぶりということになる。

Jリーグでの通算対戦成績は7勝5分6敗(ホームでは3勝4分2敗)と勝ち越しており、最終順位では湘南を上回ったことが一度もないことを考慮すれば、直接対決の相性は非常にいい。ただ、ホームではここ3試合すべて引き分けており、4年前の9月を最後に白星がない。

湘南は現在、5勝3分3敗の勝ち点18で6位。とはいえ、昇格圏の3位・愛媛FCとの勝ち点差はわずか2しかない。開幕から2試合連続の完封勝ちで首位に立ち、その後ややペースダウンしたものの、6月初旬までは2位につけていたが、ここ2試合はいずれも複数失点を喫して完封負けし、順位を大きく下げてしまった。

J1の清水エスパルスで長年レギュラーを務めたGK西部を中心とする守備陣が、開幕から9試合を終えた時点で無失点試合6、総失点はわずか3というリーグでも断トツの守備力を誇っていただけに、ここ2試合で6失点という守備の崩壊は衝撃的だった。

とくに前半立ち上がりの失点が多く、ここまでに喫した9失点の半分以上に当たる5点が開始15分までの失点。今シーズン、1点でも失点した試合は2分3敗と全く勝てていないだけに、立ち上がりの失点がその後の試合展開を大きく左右することになりそうだ。

一方、攻撃陣はここまで11試合でリーグ9位タイの12得点。湘南在籍6年目を迎えるMFアジエルや、湘南だけでJリーグ通算400試合出場の偉業を達成したMF坂本ら、経験豊富なベテランが攻撃陣をけん引するが、エースストライカー不在という印象は否めず、開幕2戦目以降は得点力不足に悩んでいる。ただ、京都サンガFC時代からヴォルティス戦での活躍が目立つFW田原には十分に気をつけたい。

対するヴォルティスは現在、湘南と同じ5勝3分3敗の勝ち点18で8位につけている。1ヶ月前には首位と同勝ち点の2位だっただけに、ここ最近の低迷ぶりは残念だが、3位との勝ち点差は2しかないだけに、ここで悪い流れを断ち切ることができればまだまだ上位に返り咲くことは可能だ。少なくとも明日の試合に勝てば確実に順位は上がる。

アウェイでFC東京と対戦した前節は、前半ロスタイムの失点を最後まで取り戻せず、0-1の完封負けを喫した。前々節のファジアーノ岡山戦でも後半ロスタイムの失点で白星を逃しており、今シーズン、前後半合わせてロスタイムの失点で失った勝ち点は計6点。これは現在の首位・栃木SCとの勝ち点差よりも大きい。

フィジカルの強いDF陣がきっちりと相手の攻撃を跳ね返し、まず失点しないことを前提としたチームだけに、守るべき時間帯に守れていないことは重大な問題であり、DF陣の再整備、意思統一は不可欠だ。

また、明日は実に2年ぶりとなるホームでの土曜ナイター開催。今シーズンのホームゲームは毎試合のように悪天候に悩まされ、その影響もあって平均入場者数は目標の7,000人に遠く及ばない4,412人にとどまっているが、明日は久々に天気も持ちそうなので、大勢のサポーターの後押しで、5試合ぶりの白星を勝ち取りたい。

ヴォルティス 25日湘南戦
ヴォルティス 7月30日までのホーム4戦「土曜ナイター」
(余談だが、この記事中に2009年の土曜ナイター3試合の平均観客数が7,287人という数字が挙げられているが、この3試合のうちの1試合は13,473人を集客した四国ダービーであり、それを除けば平均は4,194人まで下がる。とても「盛況」とは言えない数字であり、土曜ナイターの集客力が極端に高いわけではない。)

【J2:第18節 徳島 vs 湘南】プレビュー:自分たちを見つめ直す時にある両チーム。ただ4試合勝ち星なしの徳島はこれ以上足踏みしていられない。


posted by ナカヲ at 18:51| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。