2011年06月26日

JY、吉野川ともGL1位通過

今日は鳴門・大塚スポーツパーク球技場へ日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会四国予選のグループリーグ最終日を見に行った。大粒の雨が激しく降ったり小止みになったりを繰り返し、午前中には時折薄日も射す変わりやすい天気だ。風がとても強いので、傘は雨をしのぐのに大して役に立たない。

第一試合はEグループの徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川とカマタマーレ讃岐ジュニアユースの対戦。現在3勝の吉野川は引き分け以上で1位通過が決まる。対する大会初参加の讃岐は1勝2敗の4位で、すでに決勝トーナメント進出の可能性は消えている。

吉野川のスタメンは以下の通り。
GKは松丸。DFは右から飯尾、藤澤、茨木、井浦。MFは右から山口、板野、葭本、重本。FWは久米川と金村。

対する讃岐のスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から9番、5番、4番、16番。MFは右から10番、6番、7番、11番。FWは12番と8番。

両チームのスタメン

前半は立ち上がりから吉野川が攻め込み、いきなり開始30秒、MF重本の左クロスをファーサイドのMF板野が落とし、正面からMF葭本がシュートを放ったが、クロスバーを越えた。さらに2分にも重本の左クロスにファーサイドのFW久米川が頭で合わせたが、これもクロスバーを越えた。しかし4分、またも重本が左クロスを送ると、今度はニアサイドのFW金村が合わせて先制ゴールを決めた。

2日続けて先制ゴールを決めたFW金村

その後も吉野川がボールを支配して敵陣で試合を進め、8分にはDF茨木のスルーパスに正面右寄りへ抜け出した久米川がシュートを放ったが、クロスバーを越えた。13分には正面でこぼれ球を拾った金村がシュートを放ったが、GK1番の正面を突いてキャッチされた。

次第に雨脚が強まり、ピッチのあちらこちらに水溜まりができてきたが、吉野川の攻勢は変わらず、14分には左サイドからドリブルで攻め込んだ重本がクロスを上げると、ファーサイドのMF山口が頭で合わせて追加点を奪った。

吉野川は16分にも右寄りで相手のクリアボールを拾った板野がミドルシュートを放ったが、クロスバーを越えた。18分には葭本が左寄りからシュートを放ったが、GK1番にセーブされ、こぼれ球を右寄りで拾った山口のシュートもポストの右へ外れた。

20分には重本が左サイドで粘ってクロスを上げると、ファーサイドの久米川が落としたボールをゴールのすぐ左から金村がシュートしたが、クロスバーを越えてしまった。24分には左寄りでパスを受けた重本がシュートを放ったが、これもクロスバーの上へ。それでも吉野川は29分、正面やや左寄りで得たFKを葭本が直接ゴール右隅へ叩き込んで3点目を挙げた。

防戦一方だった讃岐はロスタイム1分、左寄りのハーフウェイからやや敵陣に入った位置でFKを得ると、これをDF4番がゴール前へ蹴り込み、GK松丸が弾いたボールを押し込んだが、オフサイドで得点ならず。

FKからチャンスを演出した讃岐DF4番

逆に吉野川はロスタイム2分、葭本の左CKにニアサイドの茨木が頭で合わせて4点目を奪い、4-0と大きくリードして前半を折り返した。

陽射しが降り注ぐ中でプレーしたり 大粒の雨が激しく降る中でプレーしたり

後半の頭から吉野川は久米川に代えて久米をFWに、飯尾に代えて中道を右SBに入れた。後半も吉野川が押し気味に試合を進めるが、決定機はなかなか作れない。逆に讃岐は4分、FW8番が左寄りからループシュートを放ったが、クロスバーを越えた。

吉野川は11分、自陣からのロングボールが左寄りへ流れ、これを拾った重本がシュートを放ったが、クロスバーを越えた。直後に吉野川は葭本に代えて祁答院をボランチに、山口に代えて堀部を右SHに、金村に代えて稲井をFWに入れた。

吉野川は14分、相手GKから最終ラインへのパスを右寄りで奪ったFW久米がシュートを放ったが、GK1番に跳ね返され、さらにこぼれ球を拾って波状攻撃を仕掛けたもののゴールはならず。15分には茨木に代えて後藤をCBに、井浦に代えて前川を左SBに、板野に代えて野村を左SHに入れ、重本がボランチに回った。

何とか一矢報いたい讃岐は18分、正面のやや距離のある位置でFKを得ると、8番が直接狙ったが、GK松丸の正面を突いてキャッチされた。逆に吉野川は25分、相手GKが前に出ているのを見たDF中道が右サイドのハーフウェイライン付近から思い切ってロングシュートを放つと、頭上を越されたGK1番が慌ててボールを追いかけたものの間に合わず、見事にゴールが決まった。

さらに吉野川は27分、左寄りで相手のパスをカットした重本からの縦パスにMF野村が左寄りへ抜け出し、ドリブルからシュートを放ったが、GK1番の正面を突いてキャッチされた。しかし吉野川は29分、重本が相手のパスを正面で奪うと、GK1番が前に出ているのを見逃さずに頭上を越すループミドルシュートを決めた。

左サイド突破を試みるMF重本

そのまま6-0で試合終了。吉野川が力の差を見せ付けて快勝し、初のグループリーグ突破を4戦全勝の1位通過で決めた。決勝トーナメント初戦の相手はBグループを4戦全勝で制した今越FC(愛媛)。今年2月にはJFAプレミアカップの愛媛県予選で愛媛FCジュニアユースを破っている強豪だが、鳴門で戦えるという地の利を生かして勝ち上がりたい。

続く第二試合はDグループの愛媛FCジュニアユース対阿南FCジュニアユース。愛媛FCはここまで3勝を挙げており、得失点差を考えればグループ1位通過はほぼ確実だ。対する阿南はここまで1勝2敗で、すでにグループリーグ敗退が決まっているが、最後に意地を見せたい。

愛媛のスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から3番、4番、5番、2番。MFはボランチに14番と6番、トップ下に7番。FWは右に11番、左に9番、ワントップに10番。

対する阿南のスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から6番、5番、2番、4番。MFは右から10番、9番、11番、14番。FWは15番と8番。

前半は立ち上がりから愛媛が攻め込み、まずは開始56秒、右サイドをドリブルで攻め上がったFW11番からのパスにニアサイドへ走りこんだDF4番が合わせたが、シュートはGK1番にセーブされた。

さらに4分にはロングパスに左寄りへ抜け出した11番がシュートを放ったが、相手に当たってポストの左へ外れた。しかし愛媛は8分、MF7番が裏へ抜け出し、飛び出してきたGKもかわして右から無人のゴールへシュートを決めた。

活躍が目立った愛媛MF7番(左)

その後は阿南も粘り強く守っていたが、愛媛は15分、右寄りで7番の縦パスを受けたDF3番がマイナスのクロスを送ると、正面へ走り込んだMF14番が合わせてゴール右隅へグラウンダーのミドルシュートを叩き込んだ。

劣勢が続いていた阿南もようやく22分、FW8番が左寄りからシュートを放ったが、これはGK1番にセーブされた。逆に愛媛は26分、正面やや右寄りで得たFKを7番が直接狙ったが、GK1番がキャッチした。結局、愛媛が2-0とリードして前半を折り返した。

後半も立ち上がりから愛媛が攻め込み、まずは開始30秒、FW10番の左クロスに正面へ走り込んだ7番が合わせたが、ポストの右へ外れた。しかし愛媛は7分、相手のクリアボールを右寄りで拾った10番がシュートを決めて3-0とリードを広げると、10分には7番のパスに右寄りへ抜け出したDF3番の右クロスに正面で10番が合わせて4点目を奪った。

これでほぼ勝負は決したが、その後も愛媛が追加点を狙って攻め続ける。17分には7番が裏へ抜け出し、正面左寄りでGKと一対一になったが、シュートはポストの左へ外れた。さらに18分には7番がゴールの右から送ったクロスに途中出場のFW19番が正面で合わせたが、GK1番にセーブされた。

25分には途中出場のMF22番のパスにMF6番が右寄りへ抜け出し、シュートを決めて5-0。27分にも途中出場のFW8番が右寄りからシュートを放ったが、これはGK1番のセーブに阻まれた。結局、5-0で試合終了。愛媛が4戦全勝でDグループを1位通過し、来週末に行われる決勝ラウンドへコマを進めた。

5点目を決めた愛媛MF6番

続いて第三試合はAグループの大一番、徳島FCリベリモ対徳島ヴォルティスジュニアユース。リベリモは現在2勝1分の2位で、この試合に勝てばグループリーグを1位で通過できるが、引き分け以下の場合は敗退の可能性が高くなる。対するヴォルティスは現在3勝の首位。この試合に勝つか引き分ければ1位通過が決まる。

リベリモのスタメンは以下の通り。
GKは20番。DFは右から2番、12番、17番、5番。MFは右から8番、10番、19番、11番。FWはトップ下に7番、ワントップに9番。

対するヴォルティスのスタメンは以下の通り。
GKは小畑。DFは右から三原、奥田、佐藤、小田。MFは右から吉川、小栗、中尾優、中尾慶。FWは辻と川添。

前半の立ち上がりはヴォルティスが主導権を握り、まずは2分、MF中尾慶が正面から送ったパスを右寄りで受けたMF吉川がシュートを放つと、これが左ポストを叩いてゴールの中へ跳ね返った。さらにヴォルティスは13分、左寄りで得たFKをMF中尾優が直接狙ったが、ポストの左へ外れた。

半ば過ぎからはリベリモも反撃に転じ、21分にはFW7番が左からグラウンダーのシュートを放ったが、GK小畑が弾いて自ら押さえた。さらに23分にはMF11番が左寄りをドリブルで攻め上がり、パスを受けた7番の左クロスに正面でFW9番が合わせてゴールネットを揺らしたが、判定はオフサイド。

しかしリベリモは26分、11番の左クロスにファーサイドでフリーになっていた9番が頭で合わせ、今度こそ同点のゴールを決めた。結局、1-1の同点で前半を終えた。

リベリモの攻勢を押し返すヴォルティスDF佐藤

後半に入っても、引き分けではグループリーグ敗退が濃厚なリベリモが押し気味に試合を進め、4分には右寄りで得たFKをMF8番が直接狙ったが、GK小畑のセーブに阻まれた。ヴォルティスは11分、川添に代えて山田をFWに入れた。すると直後の12分、左寄りの距離のある位置からDF小田がFKを直接狙ったが、GKの頭上を襲ったシュートはGK20番がよく弾き出した。

リベリモも14分、FKを起点にゴール前へ攻め込むと、最後はDF5番が正面からシュートを放ったが、ポストの右へ外れた。その後もリベリモの攻勢が続いたが、ヴォルティスはよく跳ね返して決定機を作らせない。ヴォルティスは21分に吉川に代えて鏡を右SHに、26分には中尾優に代えて長野を左SHに入れ、中尾慶がボランチに回った。

結局、そのまま1-1の同点で試合終了。ヴォルティスが3勝1分の勝ち点10でAグループ1位を決め、決勝トーナメントへ進出した。リベリモは2勝2分の勝ち点8でグループ2位となったが、他のグループとの比較で惜しくも決勝トーナメントには進めなかった。

水浸しのピッチで戦う両チーム

引き続き、第四試合としてEグループのプルミエール徳島SC対MFC高松ジュニアユースが組まれていたが、どちらが勝ってもグループリーグ突破の可能性が低いことと、あまりにも雨が激しいことから、観戦を断念して帰宅の途に就いた。帰宅後に確認したところ、試合は1-1の引き分けに終わり、MFCが2勝1分1敗の2位、プルミエールが1勝2分1敗の3位で全日程を終えたとのこと。

◎日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会四国予選グループリーグ Eグループ
 2011年6月26日10時キックオフ
 (鳴門・大塚スポーツパーク球技場)=30分ハーフ

徳島ヴォルティス    6(4−0)0 カマタマーレ讃岐
 ジュニアユース吉野川  (2−0)   ジュニアユース

得点:吉=金村(4分)、山口(14分)、葭本(29分)、茨木(30+2分)、
     中道(55分)、重本(59分)

(徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川)
GK 松丸1
DF 飯尾3(→HT、中道25)
   藤澤23
   茨木7(→45分、後藤6)
   井浦9(→45分、前川20)
MF 山口13(→41分、堀部19)
   板野16(→45分、野村18)
   葭本17(→41分、祁答院8)
   重本21
FW 金村5(→41分、稲井22)
   久米川10(→HT、久米12)

(カマタマーレ讃岐ジュニアユース)
GK 1番
DF 9番
   5番
   4番
   16番
MF 10番(→22分、15番)
   6番
   7番
   11番
FW 12番
   8番

◎日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会四国予選グループリーグ Dグループ
 2011年6月26日11時30分キックオフ
 (鳴門・大塚スポーツパーク球技場)=30分ハーフ

愛媛FCジュニアユース 5(4−0)0 阿南FCジュニアユース
             (2−0)

得点:愛=7番(8分)、14番(15分)、10番(37分、40分)、6番(55分)

(愛媛FCジュニアユース)
GK 1番
DF 3番
   4番(→52分、20番)
   5番
   2番
MF 14番
   6番
   7番(→51分、22番)
FW 11番(→45分、8番)
   9番(→51分、15番)
   10番(→45分、19番)

(阿南FCジュニアユース)
GK 1番
DF 6番
   5番
   2番
   4番(→17分、21番)
MF 10番(→42分、7番)
   9番
   11番
   14番(→42分、13番)
FW 15番(→55分、12番)
   8番

◎日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会四国予選グループリーグ Aグループ
 2011年6月26日13時キックオフ
 (鳴門・大塚スポーツパーク球技場)=30分ハーフ

徳島FCリベリモ 1(1−1)1 徳島ヴォルティスジュニアユース
          (0−0)

得点:リ=9番(26分)
   ヴ=吉川(2分)
警告:ヴ=佐藤(49分)

(徳島FCリベリモ)
GK 20番
DF 2番
   12番
   17番
   5番
MF 8番
   10番
   19番(→HT、25番)
   11番
FW 7番
   9番

(徳島ヴォルティスジュニアユース)
GK 小畑1
DF 三原5
   奥田18
   佐藤4
   小田2
MF 吉川17(→51分、鏡28)
   小栗3
   中尾優8(→56分、長野23)
   中尾慶10
FW 辻9
   川添11(→41分、山田14)


posted by ナカヲ at 23:10| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。