2011年06月27日

ユースは完封負けで3連敗

先週末の25日(土)、日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会四国予選や各県および四国高校総体開催のために2ヶ月近く中断していたプリンスリーグ四国が再開され、4位の徳島ヴォルティスユースは愛媛県の新居浜市営サッカー場(グリーンフィールド新居浜)第二グラウンドで2位の済美高(愛媛)と対戦したが、0-2の完封負けを喫した。
プリンスリーグ 四国 第6節 結果
JFAプリンスリーグ2011四国(JFA公式サイト)

ヴォルティスは前半11分に先制ゴールを許すと、後半33分にも追加点を奪われ、そのまま無得点で敗れた。ヴォルティスは中断前の最後の試合でも松山工業高(愛媛)に0-8の完封負けを喫しており、これで2試合連続の完封負け。開幕3連勝後の3連敗でとうとう5位まで順位を落としてしまった。

また、この日の新居浜には他の徳島県勢も登場したが、すべて大差で敗れた。3位の徳島市立高は首位・松山工に挑んだが、得点ランキングトップを走るFW城本にハットトリックを許すなどして0-6の大敗を喫し、8位の富岡東高も元徳島ヴォルティスジュニアユースのFW福住が今シーズン5点目のゴールを決めたものの、今治東中等教育学校(愛媛)に1-5で敗れて9位へ転落した。そして未だ勝利のない最下位の徳島北高は5位の香川西高に0-8と圧倒されてしまった。

その他、高知県立春野総合運動公園球技場では7位の市立高知商業高と6位の高松商業高(香川)が対戦し、3-2で競り勝った高知商が6位へ浮上している。
香川西3連勝/サッカープリンスL四国

次節は今週末の7月2日(土)に行われ、5位のヴォルティスは新居浜で8位の高松商と対戦する。同会場では1位・松山工と2位・済美の首位攻防戦や、3位・徳島市立と4位・香川西の上位争いなども組まれており、熱い試合が展開されそうだ。


posted by ナカヲ at 12:17| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。