2011年07月14日

IL前期MVPに徳島IS松嶋

四国アイランドリーグplusは11日、前期のリーグMVPを発表し、初優勝を果たした徳島インディゴソックスの松嶋亮太内野手が選ばれた。
前期リーグMVPは松嶋選手(徳島IS)に決定

松嶋は島根県出身の23歳。浜田高から大分大を経て今シーズン、徳島に入団し、前期は打率.433(104打数45安打)、17打点、2本塁打、5盗塁の好成績でチームのリーグ初優勝に大きく貢献した。

徳島の選手がリーグの(前期・後期・年間の)MVPを受賞するのは球団創設7年目にして初めて。後期に入ってから多少、打率を落としているが、まだリーグ史上最高打率の.364(2009年の福岡レッドワーブラーズ・中村真崇内野手が記録)を大きく上回っているので、引き続き活躍を続けて首位打者のタイトルを獲得し、チームを年間総合優勝に導くとともに目標のNPB入りを果たしてほしいものだ。


posted by ナカヲ at 06:14| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。