2011年07月22日

四国4県の前期MVPに岩根

四国アイランドリーグplusは一昨日、四国4県知事連携による前期の四国4県各チーム優秀選手賞(チームMVP)と四国4県全体の最優秀選手賞(四国4県MVP)の受賞者を発表し、徳島インディゴソックスの岩根成海投手がチームMVPと四国4県MVPの両方を受賞した。
四国4県知事連携による前期シーズンMVP表彰について

岩根は島根県出身の23歳。出雲西高から帝京大を経て昨シーズン、徳島に入団し、今シーズンの前期は主にセットアッパーとして20試合に登板、33イニングを投げて1勝0敗、奪三振35、防御率0.55という素晴らしい成績をマーク。チームの初優勝に大きく貢献した。

リーグは今月から後期に入り、徳島はここまで4勝3敗で、首位の香川オリーブガイナーズ(4戦全勝)に次ぐ2位タイにつけている。岩根はやや防御率を落としているものの、後期だけですでに2勝を挙げており、前・後期完全制覇へ向けて、そして目標のNPB入りへ向けて、さらなる活躍を期待したい。


posted by ナカヲ at 12:13| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。