2011年09月09日

相模原の優遇措置適用承認

関東リーグ2部のSC相模原は昨日、昨年に続いて今年も申請していた「Jリーグ加盟を標榜するクラブに対する優遇措置」の適用が、昨日開催された日本サッカー協会理事会で承認されたと発表した。
Jリーグ準加盟クラブ優遇措置承認のお知らせ

それにより相模原は来月岐阜県で行われる全国社会人サッカー選手権大会で上位2位までに入らなくても、11〜12月に開催される全国地域サッカーリーグ決勝大会に参加することが可能となり、関東リーグ2部から同1部を飛ばしていきなりJFLへ昇格する道が開けた。

相模原は神奈川県リーグに所属していた昨シーズンも同優遇措置の適用を承認されて全国地域リーグ決勝大会に出場したが、グループリーグで敗退していた。

優遇措置の適用は2004年のザスパ草津、昨年の相模原に続いて3例目(2クラブ目)となるが、同一クラブが2年続けて承認されたのはもちろん史上初めてのこと。実施要項によると、優遇措置は承認された年度限りのもので、翌年以降は効力を発揮しないとのことだが、逆に優遇措置を受けて挑んだ全国地域リーグ決勝大会で結果が出なくても、そのことが次年度には影響しないという前例が成立したわけだ。

相模原は現在、関東リーグ2部で8勝1分2敗の2位。この成績では「競技力が地域リーグ上位もしくはJFL下位の競技力と同等」と認めるのはやや苦しいと思われるが、昨シーズンも神奈川県リーグで苦戦を強いられながら最終的には優勝し、全国社会人サッカー選手権大会でも3位に入った。昨シーズン徳島ヴォルティスでプレーしていたDF八田康介を含めて数多くの元Jリーガーを抱えており、今シーズンもきっとこれから競技力を上げてくるはずだ。

なお、今シーズンの全国地域リーグ決勝大会への出場チームは、すでにJAPANサッカーカレッジ(北信越リーグ優勝)とshizuoka.藤枝MYFC(東海リーグ優勝)が決まっており、相模原で3チーム目となる。


posted by ナカヲ at 18:06| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。