2005年03月05日

対ベガルタ仙台@仙台ス

◎Jリーグ2部第1節 2005年3月5日
 (七北田公園仙台スタジアム)観衆17,375人

ベガルタ仙台  0(0−1)3  徳島ヴォルティス
         (0−2)

得点:徳=大島(25分)、石川(50分)、大場(84分)
警告:徳=秋葉(24分)、谷奥(67分)、片岡(88分)
   仙=熊谷(10分)

(ベガルタ仙台)
GK 小針
DF 冨田(→53分、財前)
   森川
   根引
   磯崎
MF 熊谷
   千葉(→62分、清水)
   中田
   梁
FW シュウェンク(→72分、松浦)
   バロン

(徳島ヴォルティス)
GK 山口
DF 小峯
   石川
   谷奥
MF 秋葉
   鎌田
   大場
   伊藤
   片岡
FW 大島
   林(→19分、小林)


スタメンは、私の最初の予想と比べて、
小峯(谷池を予想)、大島(小林を予想)の2ヶ所が違っていた。
もっとも、どちらもSC鳥取戦の後の田中監督のコメントを受けて
変更があるならここかな、と思っていた部分なので、驚きはなかった。

試合前、スタジアムDJや、開幕の挨拶を述べた仙台のお偉方から、
ヴォルティスがJリーグにデビューするということで激励を受け、うれしかった。
「歓迎はするが、勝利は譲れない」と冗談ぽく言われたが、
譲られた勝利では意味がない。奪い取ってこその勝利だ、と気合いが入る。

2005年3月5日午後2時5分、ベガルタのキックオフで試合が始まった。
ついに我らがヴォルティスが、四国のチームとして初めて、
Jリーグの舞台を踏んだ瞬間だ。

しかし、試合開始直後から、どうもヴォルティスの選手たちの動きが悪い。
パスミスが多くてボールを支配できず、ほとんど自陣に張り付いたままだ。
ペナルティエリアのすぐ外で反則を犯し、
あわやという直接FKを与えたりもした。
これが「Jリーグデビュー」のプレッシャーなのか、と見ていてハラハラした。

ところが、サッカーというスポーツはおもしろいもので
(逆に言えば恐ろしいもので)、
一方的に攻められていても、守っていればいつかはチャンスが来る。
そして、それをものにすれば流れは変わる。

前半25分、それまで片岡のいいクロスが2本あった程度で、
シュートは秋葉のミドルシュート2本だけだったヴォルティスに
なんと先制点が転がり込んだ。
ハーフウェー付近からの石川のFKを
ベガルタGK小針がジャンピングキャッチしようと試みたが取りきれず、
後ろにこぼれたボールを大島がゴールへ流し込んだ。
思いもかけない先制点だった。

大島は新チームの練習試合初戦でも初ゴールを挙げており、
公式戦でも大仕事をやってのけた。
試合後に知ったのだが、彼はまだ右肩亜脱臼が完治しておらず、
痛み止め薬とテーピングでごまかしての出場だったらしい。
大したものだ。

点が入ってからヴォルティスの選手たちの動きがよくなってきた。
プレッシャーから開放され、自分たちのサッカーができるようになった。
逆にベガルタは焦っているのか、ロングボール中心の単調な攻撃が目立つ。

後半に入っても、リズムは変わらない。
50分、石川の直接FKをベガルタのGK小針がファンブルし、
ボールはゴールマウスへ。
これで2-0とリードを広げる。

こうなるとヴォルティスの選手たちはますます余裕が出てくる。
逆にいっそう焦りが募ってくるベガルタ仙台。
完全にヴォルティスの流れだ。
パス中心のヴォルティスのサッカーには、
リードされた相手を焦らせる力があると思うのだが、どうだろうか。

そして84分、大場が頭で落としたボールを自ら豪快にたたき込んで3点目。
これで勝負は決まった。
午後3時52分、試合終了のホイッスルが鳴り、
ヴォルティスは待ちに待ったJリーグ初舞台を見事な快勝で飾った。
10年間たまっていたものを一気に爆発させたような快勝だった。

歓喜のサポーター席に雪を投げ込む選手たち

全員がヒーローだと思うが、あえて一人を挙げるならDFの石川だろうか。
試合前から、長身のバロン対策がカギと言われていたが、
石川を中心としたDF陣は最後までバロンに仕事をさせなかった。
J2徳島、石川でバロン封じ
そしてもちろん、先制点と2点目につながった強烈なFKも印象深い。

チームはこれでJ2でも十分通用するという自信を得たと思う。
前半19分で負傷交代した林の状態が心配だが、
初のホームゲームとなる次のベルマーレ戦でも
自分たちのサッカーを展開してくれるだろう。

【J2:第1節 仙台 vs 徳島 レポート】Jリーグ初参戦の徳島が3-0と快勝。仙台の地で悲願の初勝利!!
【J2:第1節】仙台 vs 徳島:ハーフタイムコメント
【J2:第1節】仙台 vs 徳島:田中真二監督(徳島)記者会見コメント
【J2:第1節】仙台 vs 徳島:都並敏史監督(仙台)記者会見コメント
【J2:第1節】仙台 vs 徳島:試合終了後の各選手コメント


posted by ナカヲ at 16:13| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現地応援おつかれさま。そして、勝利おめでとう!
Posted by lulucchi at 2005年03月05日 15:56
ありがとうございます。歴史的な瞬間に立ち会えて感激しました。
Jリーグで戦えるだけでもうれしいのに、勝利、それも3-0の快勝なんて夢のようです。
Posted by Φ at 2005年03月07日 09:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

J2第1節雑感
Excerpt:  まずは仙台-徳島戦。昨季のJFLをわずか二敗で勝ち上がってきたヴォルティス徳島。 そのJ2初陣となるこの試合は、元J1のチームのホームスタジアムに乗り込みながらも 徳島が見事な完封勝ちをおさめるとい..
Weblog: El diario de Re-Lax
Tracked: 2005-03-09 01:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。