2011年09月24日

対コンサドーレ札幌@厚別

◎Jリーグ2部第29節 2011年9月24日13時キックオフ
 (札幌厚別公園競技場)観衆10,215人

コンサドーレ札幌  0(0−0)0  徳島ヴォルティス
           (0−0)

得点:なし
警告:札=ジオゴ(45+1分)
   徳=斉藤(16分)、ペ・スンジン(20分)、徳重(75分)

(コンサドーレ札幌)
GK 李昊乗16
DF 日高2
   山下23
   櫛引25
   上原26(→87分、前31)
MF 高木7
   河合4
   古田15(→67分、砂川8)
   岡本17(→78分、内村13)
   近藤32
FW ジオゴ11

(徳島ヴォルティス)
GK オ・スンフン21
DF 島村22
   橋内26
   ペ・スンジン20
   西嶋6
MF 倉貫8
   斉藤16
   衛藤17(→81分、島田10)
FW 柿谷13
   佐藤18(→69分、徳重7)
   津田11(→90+4分、杉本19)


今日は札幌厚別公園競技場で首位・コンサドーレ札幌とのアウェイ戦。四国や関西もここ数日で急に涼しくなったが、北海道は寒いくらいの気温だ。ただ、陽射しが顔を出すとかなり暑く感じられる。

1位と3位の対決のためか、あるいは「道新サンクスマッチ」ということで北海道新聞から招待券が大量に配られているのか、観客の入りは上々だ。とくにバックスタンドとホームゴール裏スタンドはびっしりと埋まっていた。

道新サンクスマッチ ホームゴール裏のサポーター

グッズ売り場には「抱き枕ドーレくん」などのマスコットグッズが並んでいた。ヴォルティスも印刷モノばかりでなくこういう立体的なマスコットグッズをもっと売り出してほしい。

抱き枕ドーレくん

バックスタンド裏の売店には長い行列ができ、厚別食堂の「塩ホルモン」や「キノコ汁」は早々に売り切れてしまった。駅弁としても有名な森町のいかめしも人気だ。私はいかめしと厚別食堂のクリームシチューをいただいたが、どちらも美味しかった。

森のいかめしのブース 厚別食堂のブース クリームシチュー

試合前には北海道新聞のマスコットキャラクター「ぶんちゃん」が登場し、ホーム南スタンドにはコンサドールズのダンスに合わせて踊るサポーターの姿も見られた。

コンサドールズとぶんちゃん ホーム南スタンドで踊るサポーター

ヴォルティスのスタメンは、前節の前半に負傷交代したDF三木に代わってDF橋内が入った以外は前節と同じ。リザーブには三木に代わってDF登尾、MF六車に代わって元札幌のMFディビッドソン、FWドウグラスに代わってFW杉本が入った。

前半はまず3分、ヴォルティスは元札幌のDF西嶋が正面やや右寄りから低い弾道のミドルシュートを放ったが、ポストの左へ外れた。その後は札幌が激しくプレスをかけて押し気味に試合を進める。ヴォルティスはミスからたびたびピンチを招き、何とかしのぐものの、ほとんど攻撃に転じることができない。

優位に試合を進めながらなかなか決定機のなかった札幌は23分、MF岡本が正面からシュートを放ったが、クロスバーを越えた。そして半ばを過ぎた頃から札幌は足が止まり始め、逆にヴォルティスがボールを支配して攻め始める。

28分にはMF衛藤が正面左寄りからシュートを放ったが、クロスバーを越えた。38分にはGKオ・スンフンのロングフィードを前線のやや左寄りでFW佐藤が頭で落とし、正面へ走り込んだFW津田が胸でトラップして左寄りからシュートを放ったが、DF櫛引が身体を張ってブロックし、こぼれ球はGK李昊乗がキャッチ。45分にはMF柿谷の左クロスに正面の佐藤がダイビングヘッドで合わせたが、ポストの左へ。

結局、ヴォルティスは札幌の堅い守備を崩しきれず、スコアレスのまま前半終了。ハーフタイムにはドーレくんが自転車に乗ってスタンドの前を一周していた。アウェイサポーターの前で何か芸でもするのかと思ったが、完全スルーだった。

自転車で素通りするドーレくん

後半に入ると再び札幌が主導権を握り、5分にはMF古田の右クロスにニアサイドへ走り込んだFW近藤が頭で合わせようとしたが、わずかに合わず。10分過ぎからは互角の攻防が続き、13分には西嶋の左クロスからこぼれ球を正面で拾った衛藤がフリーでシュートを放ったが、クロスバーを越えた。札幌も14分、左寄りでこぼれ球を拾ったDF上原がドリブルで攻め上がり、左から強烈なシュートを放ったが、GKオ・スンフンにセーブされた。

ヴォルティスは左右からクロスを上げては札幌のCB陣にことごとく跳ね返されていたが、24分に佐藤に代わって徳重が入ると、グラウンダーのボールをつないで崩す方針に転換し、チャンスを作り始める。27分にはDF島村の右クロスに正面のFW徳重が頭で合わせたが、ポストの右へ外れた。

札幌は35分、途中出場のFW内村が右サイドからドリブルで攻め込み、中へパスを送ると、正面やや右寄りへ走り込んだMF高木がミドルシュートを放ったが、ゴール右隅を襲ったボールはGKオ・スンフンがファインセーブ。

さらに40分にはカウンターで右サイドから内村がドリブルで中央へ攻め込み、内村のパスを左寄りでフリーで受けたMF砂川がグラウンダーのシュートを放ったが、GKオ・スンフンが足で止めて自らキャッチした。

結局、両チームが死力を尽くした死闘はスコアレスドローに終わり、勝ち点1ずつを分け合った。ヴォルティスの選手たちはよく戦ったし、決して勝てない試合内容ではなかっただけに、悔しい引き分けだ。ただ、久々の無失点は自信を取り戻すきっかけになると思うので、この勝ち点1を次につなげたい。

試合後は札幌市中心部の大通公園で行われていた「オータムフェスト」のご当地グルメコーナーへ向かった。お目当ての芽室コーン炒飯は売り切れていて食べられなかったが、オホーツク網走ザンギ丼にありつくことができた。その後はススキノの繁華街でジンギスカンや新鮮な魚介類に舌鼓を打った。

オータムフェスト オホーツク網走ザンギ丼 魚介の舟盛り

ヴォルティス、首位札幌とドロー

J's GOAL | ゲームサマリー
posted by ナカヲ at 17:55| 徳島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。m(__)m
今日は昇格圏内に残るべく、そして首位撃破を目差すもののDFが人材不足という非常事態でありながらも北海道アウェー初勝利を勝ち取るための一戦、徳島から最も遠く、かつ最北端アウェーでの試合レポート応援ご苦労様でした。

あぁ振り向けば目の前に鳥栖が…。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

そして私のtotoは岐阜が同点ゴールしか入らなかった時点で終了してしまいました。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
だって今日は『波乱とドローの集い』なんですものwwwwwwwwwwwwwwwwww
(ノ∀`) アチャー
Posted by ナオキ at 2011年09月25日 01:05
>ナオキさん
北海道初勝利のつもりが、恒例の北海道グルメツアーとなってしまいました。
今回は勝つチャンスが十分にあっただけに残念でした。
Posted by ナカヲ at 2011年10月05日 17:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。