2011年10月04日

徳島IS、3勝1敗で総合優勝

四国アイランドリーグplusは一昨日、JAバンク徳島スタジアムでチャンピオンシップ第4戦を行い、2勝1敗で総合優勝に王手をかけていた前期優勝の徳島インディゴソックスが、5度目の年間総合優勝を狙う後期優勝の香川オリーブガイナーズを2-1の逆転で下して、初の年間総合優勝に輝いた。
徳島インディゴソックス 初の総合優勝
インディゴソックス、最後も逆転勝利

香川は1回表に五番・国本のタイムリーで先制すると、2回以降も毎回、先頭打者を塁に出してチャンスを作ったが、徳島の先発投手・シモンの粘り強い投球に抑えられて追加点を奪えなかった。逆に徳島は4回まで香川の先発投手・大場にわずか1安打に抑えられていたが、5回裏に3安打を集中して二死二三塁から三番・國信の2点タイムリーで逆転した。

そして7回以降は石田、岩根、富永と徳島自慢のリリーフ陣が香川打線を完璧に抑え込み、最後は九番・西森のフライをライトの神谷がキャッチして試合終了。徳島が2-1の逆転勝ちで3連勝を飾り、球団創設7年目で初の年間総合優勝に輝いた。

最優秀選手には第3戦で同点本塁打と2点タイムリーを放つなど、4試合で15打数4安打5打点と勝負強い打撃を見せ、守っても投手陣を好リードした山村裕也捕手が選ばれた。また、優秀選手には第2戦と第3戦で先発していずれも勝利投手となった大川学史投手が、敢闘賞には第1戦と第3戦に先発して1勝を挙げ、12イニングでわずか2失点と好投を見せた香川の酒井大介投手がそれぞれ選ばれた。
チャンピオンシップ第4戦 徳島の総合優勝決定!

アイランドリーグの年間チャンピオンの座は、これまで高知ファイティングドッグス(2005年、2009年)と香川(2006〜2008年、2010年)の2球団に独占されていたが、ついに2強の壁を崩して徳島が頂点に立った。

なお、リーグ優勝の徳島は今月22日に開幕する日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ(先3勝方式)に出場し、独立リーグ日本一をかけてベースボールチャレンジリーグの覇者(新潟アルビレックスBCと石川ミリオンスターズの勝者)と対戦する。アイランドリーグの優勝チームは過去にグランドチャンピオンシップで優勝できなかったことはないので、徳島もリーグの代表としてこの名誉を守りたい。

初優勝おめでとう! グランドチャンピオンシップでも頑張れ、徳島インディゴソックス!


posted by ナカヲ at 12:16| 徳島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨年見た選手が活躍したようですね。
大川投手の出身の関商工は、今年夏の甲子園に出ました。大会の前、「大垣日大に勝って、甲子園を狙う」という目標を掲げ、ホントに優勝しました。私が在学中にもここに敗れてます。応援団長をやってた三年生のときのことですから、忘れられませんよ。
国信内野手は、昨年見た試合では、九番でしたが、そうですか、三番でいい仕事したんやね。
嬉しいですね。この二人はFC岐阜のことも含め長々と話し込んでたんですよ。
グランドチャンピオンシップも期待しましょう。
Posted by 元野球応援団 at 2011年10月06日 00:44
>元野球応援団さん
そうなんですよ。前回インディゴソックスを見たときも山村が本塁打を打って
大川が勝ち投手になったなぁ、と思いながら第3戦を見ていました(笑)
國信はリーグ在籍7年目のベテランですが、賞をもらってもいい働きでしたね。
Posted by ナカヲ at 2011年10月06日 08:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。