2011年10月15日

クローバーL、3連覇はならず

今日は香川県営サッカー・ラグビー場へ四国U-15クローバーリーグの最終節を見に行った。今日の香川はどんよりとした曇り空で、風が吹くとやや肌寒く感じられる。

第一試合はメインスタジアムで帝人サッカースクール対徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川を観戦。帝人はここまで1勝1分4敗の7位。この試合に勝つか引き分ければ残留が決まるが、もし敗れると他の試合の結果次第で最下位転落、入れ替え戦行きの可能性もある。

対する吉野川はここまで4勝2敗の4位。すでに4位以上が決まっており、数字上は最高で2位まで上がれる可能性があるが、上位とは得失点差がかなり離れているので、第二サッカー・ラグビー場で同時並行で行われる試合で3位のFCコーマラント(香川)が5位の高知中に敗れるか引き分けない限り、順位は上がりそうにない。

円陣を組む吉野川ベンチ

帝人のスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から19番、6番、13番、2番。MFはボランチに14番と7番、二列目に右から11番、17番、9番。FWは10番のワントップ。

対する吉野川のスタメンは以下の通り。
GKは松丸。DFは右から飯尾、藤澤、茨木、井浦。MFは右から山口、板野、葭本、重本。FWは稲井と金村。

両チームのスタメン

前半は立ち上がりから吉野川が攻め込むが、帝人は4分、カウンターからFW10番が右寄りをドリブルで攻め上がり、正面やや右寄りのDF2番へパス。2番はさらに正面でフリーのMF9番へパスを送ったが、9番のシュートは飛び出してきたGK松丸にブロックされた。

ピンチを防いだ吉野川は7分、MF板野が正面をドリブルで攻め上がり、グラウンダーのシュートを放ったが、GK1番の正面へ。対する帝人も次第にボールを保持し始めるが、吉野川の守備を崩せず、チャンスを作るまでには至らない。

そして22分、吉野川はDF茨木のロングフィードを右サイドの高い位置で受けたMF山口が右クロスを送ると、これをFW金村がニアサイドで受け、金村のマイナスのパスに正面へフリーで走り込んだFW稲井が合わせてゴール右寄りへ先制点を叩き込んだ。

先制点を決めた吉野川FW稲井

さらに吉野川は23分、MF葭本がバイタルエリアの左寄りからワンツーパス交換で正面へ入り、ゴール右隅へ豪快なシュートを叩き込んで2点目。30分には中盤でのパスカットから正面の金村からのパスを右寄りでフリーで受けた山口が右からゴール左隅へシュートを決めた。

対する帝人もMF14番がたびたび右サイドの裏のスペースでパスを受け、クロスを上げるが、ことごとくGK松丸にキャッチされてしまう。決して一方的に攻められているわけではないのだが、吉野川に堅い守備の前に攻めきれない。

吉野川は37分にも茨木が自陣でのパスカットからそのまま攻め上がり、MF重本のスルーパスに左サイドへ抜け出したが、ドリブルからのループシュートはポストの右へ外れた。結局、吉野川が3-0とリードして40分ハーフの前半を折り返した。

ボランチを務めた帝人のMF7番

後半も立ち上がりは吉野川が攻め込み、2分には葭本の縦パスを正面で受けた金村が左寄りでフリーの重本にパスを送ったが、重本のシュートはクロスバーを越えた。5分には右寄りでフリーでパスを受けたDF飯尾がドリブルからシュートを放ったが、ポストの右へ外れた。

その後は帝人が反撃し、6分には右寄りの混戦からこぼれ球を拾った2番がシュートを放ったが、GK松丸がキャッチ。9分にもクリアボールを正面やや左寄りで拾った2番がグラウンダーのシュートを放ったが、わずかにポストの左へ外れた。

帝人はさらに10分、右サイドを突破してクロスを上げると、途中出場のMF8番がニアサイドで合わせたが、クロスバーを越えた。吉野川はこの時間帯はセカンドボールが拾えず、劣勢を強いられる。吉野川は11分、稲井に代えて久米をFWに入れた。

なおも攻める帝人は13分、吉野川のGK松丸が飛び出してボールの処理を誤っている隙を突いて、左クロスに正面でフリーの14番が頭で合わせたが、ポストの右へ外してしまった。ゴールポストは誰も守っておらず、決定的な場面だったが、このチャンスをモノにできなかった。

吉野川は13分に板野に代えて祁答院を、15分には山口に代えて中道を右SHに入れた。すると16分、吉野川は左寄りでフリーでパスを受けた金村がシュートを放ったが、左ポストに弾かれた。18分には金村のパスを正面で受けた葭本がドリブルからシュートを放ったが、GK1番にキャッチされた。

吉野川はさらに波状攻撃を仕掛けると、19分には金村が左寄りからドリブルで攻め上がり、左の角度のない位置からシュートを放ったが、これも左ポストに弾かれた。20分には右サイドからドリブルでやや中へ入った葭本が、相手をかわして右寄りからシュートを放ったが、GK1番の正面を突いてキャッチされた。

25分にはMF祁答院がドリブルから縦パスを送り、これを正面でフリーで受けたFW久米がGKとの一対一からシュートを放ったが、GK1番のセーブに阻まれた。吉野川は27分、飯尾に代えて伊藤を右SBに入れた。30分にはペナルティエリアの右でFKを得ると、重本がこれを直接狙ったが、クロスバーの上へ。

吉野川は31分には葭本に代えて堀部をボランチに入れた。32分には左SHに回っていた金村に代えて久米川をFWに入れ、重本が左SHに回った。35分には井浦に代えて後藤を左SBに入れた。37分には重本に代えて野村を左SHに入れた。

そして40分、吉野川はカウンター攻撃で久米がFW久米川へ縦パスを送ると、久米川はドリブルから久米へパスを返し、久米が正面左寄りからシュートを決めて4点目を奪った。AT1分にはMF堀部が正面からミドルシュートを放ったが、わずかにクロスバーを越えた。

結局、そのまま4-0で試合終了。吉野川が4度目の完封勝利で飾り、5勝2敗という見事な成績でリーグ戦を締めくくった。敗れた帝人はこの後の第二試合でシーガルFCジュニアユース(香川)が敗れるか、三津浜中(愛媛)が8点差以上で敗れなければ最下位に転落するという窮地に立たされた。

試合後、握手する選手たち

なお、同時刻に隣の第二サッカー・ラグビー場で行われていた試合は、コーマラントが高知中を4-0で破り、3位以内を決めるとともに暫定2位へ浮上した。その結果、吉野川は4位がほぼ確定した(この後の第二試合で徳島ヴォルティスジュニアユースが6点差以上で敗れた場合のみ、3位に浮上できる)。

続いて第二試合は第二サッカー・ラグビー場へ移動し、首位の愛媛FCジュニアユースと2位の徳島ヴォルティスジュニアユースによる優勝をかけた大一番を観戦。5勝1分の愛媛は引き分け以上で初優勝が決まるが、5勝1敗のヴォルティスも勝てば愛媛を逆転してリーグ創設以来の3連覇を達成できる。

愛媛のスタメンは以下の通り。
GKは21番。DFは右から3番、4番、14番、2番。MFはボランチに17番と6番、二列目に右から11番、清川、9番。FWは洲之内のワントップ。

対するヴォルティスのスタメンは以下の通り。
GKは小畑。DFは右から三原、奥田、川添、鏡。MFは右から小田、中尾優、姫田、山田。FWはトップ下に中尾慶、ワントップに辻。

田村監督の指示を聞く選手たち

前半の立ち上がりは一進一退の攻防が続き、ヴォルティスは10分、右寄りでパスを受けたFW辻がシュートを放ったが、クロスバーを越えた。しかし11分、ヴォルティスはMF小田の右クロスを正面で受けた辻がゴール上寄りへシュートを決めて先制した。

先制点をアシストしたヴォルティスMF小田

ヴォルティスは13分に最終ラインの軽率なプレーから相手にボールを奪われて波状攻撃を浴びるが、シュートを身体を張ってブロックし続け、何とかしのいだ。同じく13分、愛媛のMF11番の右CKが直接ゴールを襲ったが、GK小畑がセーブ。

その後はパスをつないで攻め立てる愛媛に対し、ヴォルティスは厳しくプレスをかけてボールを奪うと、一気に前線の辻にロングボールを当てて、そこを起点に早い攻撃を仕掛ける。どちらが有利とも言えない互角の攻防が続いた。

ヴォルティスは24分、MF中尾優からのロングボールを右寄りで受けた辻がGKと一対一になったが、シュートはGK21番にセーブされ、さらにこぼれ球を拾ったシュートもGK21番が弾いて右サイドネットへ。これは決定的な場面だった。

ピンチを逃れた愛媛は30分、浮き球のパスに裏へ抜け出したFW洲之内がGK小畑の頭上を越すループシュートを放つと、これがゴール右隅へ決まって1-1の同点に追いついた。引き分けなら愛媛の優勝となるだけに、この1点は非常に大きい。

同点ゴールを決めた愛媛FW洲之内

その後も一進一退の攻防が続き、愛媛は37分、左寄りでパスを受けたMF清川がクロス気味のシュートを放ったが、GK小畑がキャッチ。ヴォルティスも40分、MF山田が中盤で相手のパスをカットし、ドリブルから体勢を崩しながらも前線へ縦パスを送ると、左寄りから辻がシュートを放ったが、相手にブロックされた。結局、1-1の同点で前半終了。

トップ下を任されたヴォルティスFW中尾慶

後半の頭からヴォルティスは山田に代えて長野をトップ下に入れ、中尾慶が左SHに回った。後半はまず3分、ヴォルティスは辻が右寄りをドリブルで攻め上がると、ペナルティエリアに入ったところで愛媛のDF4番に倒されてPKを獲得した。しかし辻のキックは無情にもポストの右へ外れた。

これでヴォルティスは気落ちしたか、その後は愛媛が攻め込み、10分には左サイドからのパスを正面で受けた洲之内がシュートを放ったが、クロスバーを越えた。さらに愛媛は13分、清川が右寄りで粘ってドリブルからシュートを放つと、これが右ポストの内側に当たって勝ち越しゴールが決まった。

勝ち越しゴールを決めた愛媛MF清川

なおも愛媛が攻め立てるが、ヴォルティスもDF川添が立ちはだかり、相手のシュートやクロスをことごとくクリアしていく。少なくともあと2点取らなければ優勝できないヴォルティスは18分、小田に代えて小栗をCBに入れ、川添がFWへ、姫田が右SHへ、長野が左SHへ、中尾慶がボランチへ回った。

逆に愛媛は21分、洲之内が相手のバックパスを奪ってGKと一対一になったが、決定的なシュートはポストの右へ外れた。ヴォルティスは25分、姫田に代えて金澤廉を右SHに入れ、さらに38分には三原に代えて木内を入れた。

39分頃には曇り空からわずかに雨粒が落ち始めた。愛媛は40分、左クロスにファーサイドでフリーの洲之内がボレーで合わせたが、GK小畑にキャッチされた。しかしそのまま2-1で試合終了。愛媛が逃げ切って悲願の初優勝を飾った。

ヴォルティスは前半の立ち上がりに幸先よく先制しながら、いずれも決定機を逃した後に同点ゴール、逆転ゴールを許して逆転負けを喫し、リーグ初年度からの3連覇はならなかった。勝つチャンスは十分にあっただけに残念だが、この悔しさを来月前半の高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会四国予選にぶつけ、3年連続の全国大会出場を果たしてほしい。

なお、メインスタジアムで行われた第二試合では、三津浜がシーガルを3-2で下して5位へ浮上、敗れたシーガルは最下位に終わり、香川県リーグの優勝チームと来シーズンのクローバーリーグ参戦をかけた入れ替え戦を戦うことになった。

第二試合終了後、メインスタジアムでは四国U-15クローバーリーグ2011の閉会式が行われ、出場全8チームの選手たちが整列した。

全8チームの選手たちが整列

まずは優勝した愛媛FC、準優勝のコーマラント、3位のヴォルティスが順に表彰され、愛媛には表彰状とトロフィ、他のチームには表彰状が贈られた。

優勝した愛媛FCの表彰 準優勝のコーマラントの表彰 3位の表彰を受けるヴォルティスGK小畑

続いて最優秀選手に選ばれた愛媛FCのMF清川流石、得点王に輝いたコーマラントのFW近藤舜介、そしてフェアプレー賞のコーマラントにそれぞれトロフィが贈られた。

最優秀選手に選ばれた愛媛MF清川 得点王のコーマラントFW近藤 フェアプレー賞の表彰

今シーズンのクローバーリーグは4月から10月までの半年間、8チームによって争われたが、来シーズンは出場チーム数が10に拡大され、開幕も2月と早まることが決まっている。吉野川の活動休止により、徳島県勢は来シーズンも2チームの参加となるが、今シーズン同様、2チームとも上位に入ってほしいものだ。

◎四国U-15クローバーリーグ第7節 2011年10月15日11時キックオフ
 (香川県営サッカー・ラグビー場)=40分ハーフ

帝人サッカースクール 0(0−3)4 徳島ヴォルティス
            (0−1)   ジュニアユース吉野川

得点:徳=稲井(22分)、葭本(23分)、山口(30分)、久米(80分)
警告:帝=1番(34分)

(帝人サッカースクール)
GK 1番
DF 19番(→35分、20番 →HT、4番)
   6番
   13番
   2番
MF 14番
   7番(→14分、16番 →HT、8番)
   11番
   17番
   9番(→69分、3番)
FW 10番

(徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川)
GK 松丸1
DF 飯尾3(→67分、伊藤2)
   藤澤23
   茨木7
   井浦9(→75分、後藤6)
MF 山口13(→55分、中道25)
   板野16(→53分、祁答院8)
   葭本17(→71分、堀部19)
   重本21(→77分、野村18)
FW 稲井22(→51分、久米12)
   金村5(→72分、久米川10)

◎四国U-15クローバーリーグ第7節 2011年10月15日13時キックオフ
 (香川県営第二サッカー・ラグビー場)=40分ハーフ

愛媛FCジュニアユース 2(1−1)1 徳島ヴォルティスジュニアユース
             (1−0)   

得点:愛=洲之内(30分)、清川(53分)
   徳=辻(11分)
警告:愛=4番(43分)

(愛媛FCジュニアユース)
GK 21番
DF 3番
   4番
   14番
   2番
MF 17番(→50分、5番)
   6番
   11番(→66分、18番)
   清川7
   9番
FW 洲之内10

(徳島ヴォルティスジュニアユース)
GK 小畑1
DF 三原5(→78分、木内7)
   奥田18
   川添11
   鏡28
MF 小田2(→58分、小栗3)
   中尾優8
   姫田19(→65分、金澤廉13)
   山田14(→HT、長野23)
FW 中尾慶10
   辻9


posted by ナカヲ at 22:14| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。