2011年10月16日

対京都サンガFC@西京極

◎Jリーグ2部第31節 2011年10月16日13時キックオフ
 (京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場)観衆5,690人

京都サンガFC  1(0−2)2  徳島ヴォルティス
          (1−0)

得点:京=宮吉(52分)
   徳=佐藤(3分、31分)
警告:京=森下(47分)
   徳=島田(38分)、ペ・スンジン(54分)、ディビッドソン(90+4分)

(京都サンガFC)
GK 水谷1
DF 酒井2
   アライール5(→46分、内野32)
   森下3
MF チョン・ウヨン7
   伊藤25(→79分、ドゥトラ9)
   内藤19(→63分、中村太17)
   中村充23
   福村16
FW 宮吉13
   久保31

(徳島ヴォルティス)
GK 榎本23
DF 橋内26(→28分、ペ・スンジン20)
   三木2
   エリゼウ4(→69分、ディビッドソン27)
   西嶋6
MF 倉貫8
   斉藤16
   島田10(→66分、濱田14)
FW 衛藤17
   柿谷13
   佐藤18


電光掲示板に表示された京都対徳島 おいでやす西京極

今日は京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で京都サンガFCとのアウェイ戦。なかなかの晴天で陽射しが強く、かなり暑く感じられる。

最近はJ2に関西のクラブがなかったため、ヴォルティスが関西で試合をするのは2009年3月以来、約2年半ぶり。サンガの試合の時に開放される西京極駅の臨時改札口の装飾を見るのも久々だ。

西京極駅の臨時改札口

駅からスタジアムへ向かう途中には、野球場「わかさスタジアム京都」の三塁側スタンド裏を通るが、そこには「KYOTO SANGA F.C.」と書かれたアーチや空気注入式のパーサくん人形が設置されていた。

野球場脇のアーチ 空気注入式のパーサくん人形

スタジアムのホームゴール裏スタンドからバックスタンドにかけての裏手には各種のブースが並び、行列のできているブースも見られた。

ヴォルティスパークの京都版 巨大ボールのアトラクション

グッズ売り場ではカードフェスタが行われていたほか、ワンピースとサンガのコラボレーショングッズなども売られていた。

カードフェスタin西京極 ワンピースとのコラボレーション

今日は南区民デーであると同時に、守山市・京都サンガFC応援デーでもあり、PRブースの前ではパンダのマスコットがポーズをとったりしていた。

ポーズをとるパンダのマスコット 守山市のPRブース

京都は徳島から比較的近く、しかも日曜のデーゲームということもあって大勢のヴォルティス・サポーターがアウェイ側のゴール裏スタンドを埋め尽くした。メインスタンドやホームゴール裏に空席が目立つのとは対照的だが、現在の成績が反映されているのだろう。

メインスタンド ホームゴール裏のビッグフラッグ バックスタンド

ヴォルティスはサポーターだけでなく、ヴォルタくんやボール君まで遠征してきており、選手入場時にはヴォルタくんとパーサくんのツーショットも見られた。

出番を待つヴォルタくんとボール君 ヴォルタくんとパーサくんのツーショット

ピッチ内アップ前にメインスタンド前のアウェイ寄りで選手とスタッフが円陣を組んで気合を入れた。アウェイサポーター席からもすぐそばなので、サポーターも気持ちが入る。

円陣を組む選手とスタッフ

ヴォルティスは前節からスタメンを大幅にいじってきた。GKには榎本が初めて入り、CBにはペ・スンジンに代わってエリゼウが復帰。また、濱田に代わって島田が右SHに、津田に代わって衛藤がトップ下に入った。リザーブからは島村と杉本が外れ、キム・ジョンミンが天皇杯に続いてのベンチ入り。

ヴォルティスのスタメン

京都のメンバー発表は以前と同様、電光掲示板にモノクロの顔写真が表示される。前回対戦した時はモノクロでも顔が表示できるだけうらやましいと思ったものだが、今や鳴門には大型カラービジョンがある。こんなところにも時代の変化が感じられる。

FW宮吉の紹介

前半はまず3分、ヴォルティスはDF西嶋の左スローインを受けたMF斉藤が西嶋にパスを返すと、西嶋の左クロスにニアサイドのFW佐藤が頭で合わせてクロスバーのすぐ下へふわりとしたヘディングシュートを決めた。

先制された京都はパスを回して攻めるが、ヴォルティスの守備陣も身体を張ってクロスやシュートをブロックし、決定機を作らせない。9分には右サイドでMF伊藤のパスをフリーで受けたMF内藤が右クロスを上げると、ファーサイドのFW久保が頭で合わせたが、ポストの右へ外れた。

その後はどちらもチャンスを作れない時間が続き、ヴォルティスは19分、MF島田の右CKがファーサイドへ流れ、これを拾った西嶋の左クロスにDF橋内が合わせたが、GK水谷にセーブされた。

そして26分、ヴォルティスにアクシデントが発生する。橋内が負傷退場し、28分にペ・スンジンが急きょ、右SBに入った。京都は30分に相手ゴールに迫ったが、ヴォルティスもしっかりと対応して隙を見せない。

すると32分、ヴォルティスは左サイドのハーフウェイラインから少し敵陣に入ったあたりでDF三木のパスを受けた斉藤が前線へ長いアーリークロスを送り、ペナルティエリア内の正面でDFペ・スンジンが相手と競り合ってこぼれたボールを佐藤がフリーでゴール右隅へ叩き込んだ。

ヴォルティスは直後の33分にも、西嶋からのロングパスに反応した佐藤がペナルティエリアの左寄りへ抜け出し、GKと一対一になったが、グラウンダーのシュートをポストの右へ外してしまった。さらに36分にはペ・スンジンからのロングフィードを前線の右寄りで佐藤が頭で落とし、正面へ走り込んだ島田がミドルシュートを放ったが、クロスバーを越えた。

京都は39分、左コーナー付近で得たFKをMFチョン・ウヨンが直接狙ったが、GK榎本のファインセーブに阻まれ、ファーサイドへこぼれたボールもMF衛藤にゴールラインへクリアされた。同じく39分、今度はチョン・ウヨンの右CKにファーサイドの久保が頭で合わせたが、GK榎本にキャッチされた。結局、ヴォルティスが2-0とリードして前半終了。

後半の頭から京都はDFアライールに代えてDF内野を入れ、4−4−2のフォーメーションに変更した。これが功を奏したか、京都は4分、MF中村充からのスルーパスをペナルティエリアの右で受けたDF酒井がシュート性のクロスを送ると、これが直接ゴールを襲ったが、GK榎本に弾かれた。

さらに京都は7分、DF福村からのロングボールにFW宮吉がオフサイドぎりぎりで最終ラインの裏へ抜け出すと、ワントラップからGKとの一対一を落ち着いて決め、1点を返した。

対するヴォルティスは暑さもあって次第に足が止まり、なかなかチャンスが作れない。京都は18分にも中村充がペナルティエリア奥の左隅からマイナスのクロスを上げると、ファーサイドの久保がボレーで合わせたが、ヴォルティスの守備陣に跳ね返された。

ヴォルティスは22分、途中出場のMF濱田の縦パスをバイタルエリアの左寄りで受けた衛藤がドリブルで右寄りへ流れてシュートを放ったが、相手DFの足に当たってクロスバーを越えた。

ヴォルティスは24分、20分頃に負傷していたDFエリゼウをベンチに下げてスクランブルでディビッドソンを右SBに入れ、ペ・スンジンがCBに回った。これで交代のカード3枚をすべて使い切ってしまったことになる。

27分には相手のパスを高い位置でカットした斉藤がドリブルで攻め上がり、ペナルティエリアの右寄りからグラウンダーのクロスを送ると、正面へ佐藤が走り込んで合わせたが、GK水谷のセーブに阻まれた。京都も直後の27分、右寄りでフリーでパスを受けた酒井がドリブルでやや中へ入ってシュートを放ったが、GK榎本にキャッチされた。

ヴォルティスは31分、左サイドでパスを受けた柿谷がワントラップで相手DFをかわして強烈なミドルシュートを放ったが、ポストの左へ外れた。その後はヴォルティスがしっかりと守備を固めて京都の攻撃を跳ね返し続け、4分間のATもしのいでそのまま2-1で試合終了。

ファイナルスコア

ヴォルティスは楽勝ムードの前半から一転して後半は苦しい戦いを強いられたが、前半のリードを何とか守りきり、Jリーグ参入7年目にして関西初勝利を飾った。これから短い間隔で試合が続くというのに、守備陣に故障者が相次いだのは誤算だったが、チーム一丸となって乗り切るしかない。まずは3日後の東京ヴェルディ戦に全力を注ぎたい。

J's GOAL | ゲームサマリー

ヴォルティス、4位浮上
posted by ナカヲ at 22:14| 徳島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもありがとうございます。
私も本当に久しぶりにアウェイに参戦させて頂きました。
メインアウェイ側の最前列で見させて頂きましたが、いい結果で何よりです。堪能させて頂きました。
次いつアウェイに行けるかは何年先かわかりませんが、いつも参戦されてる皆様には脱帽です。
Posted by go!vortis!go! at 2011年10月18日 21:46
>go!vortis!go!さん
なかなか見られないアウェイで勝ち試合を見られて良かったですね。
私の友人でも参戦十何回目にしてこの日、やっとアウェイ初勝利という人がいました。
来年は関西のチームとたくさん対戦できるはずですし、ぜひまた遠征してください!
Posted by ナカヲ at 2011年11月01日 18:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/230705496
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。