2011年10月26日

対コンサドーレ札幌@鳴門大塚

◎Jリーグ2部第7節 2011年10月26日19時キックオフ
 (鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)観衆3,571人

徳島ヴォルティス  0(0−0)2  コンサドーレ札幌
           (0−2)

得点:札=近藤(51分)、内村(80分)
警告:なし

(徳島ヴォルティス)
GK 榎本23
DF ペ・スンジン20
   三木2
   エリゼウ4
   西嶋6
MF 倉貫8(→75分、衛藤17)
   斉藤16
   濱田14(→65分、徳重7)
FW 柿谷13
   津田11(→80分、キム・ジョンミン30)
   佐藤18

(コンサドーレ札幌)
GK 李昊乗16
DF 日高2
   山下23
   奈良37
   高木7
MF 宮澤10
   河合4
   砂川8
   内村13(→90+5分、古田15)
   近藤32(→90+3分、岡山34)
FW ジオゴ11(→83分、上原26)


冠なしの試合

今日はポカリスエットスタジアムにコンサドーレ札幌を迎えての平日ナイトゲーム。鳴門は昨夜から急に気温が下がり、とくに風の通る場所に長時間いると身体が冷えてくる。

今月のホームゲームは2日に「スタジアム学園祭」、23日に「鳴門渦まつり」とここまでイベント盛りだくさんだったが、今日は一転してほとんどイベントのない寂しいホームゲーム。せめてものファンサービスにと、スタジアム前の広場にはヴォルタくんとティスちゃんが出てきて、ボールくんに抱きついたり、写真撮影に応じたりしていた。

ボールくんに抱きつくヴォルタくん ポーズをとるティスちゃん

ステージイベントも今日は演目が少なく、ピープルズシンガーJUNさんの弾き語りやヒルストーンのミニライブ、ポンポコ倶楽部くらいしかなかった。

ヒルストーンのミニライブ

平日ということもあって客足は鈍かったが、さすがに3位と4位の直接対決ということで、キックオフが近づくにつれて来場者も増えてきた。札幌にとっても大事な試合であり、平日にもかかわらず多くの札幌サポーターが来場していた。

アウェイゴール裏スタンド アウェイゴール裏のバンデーラ

ヴォルティスのスタメンは前節から島村に代えてペ・スンジンを右SBに、衛藤に代えて濱田を右SHに入れた以外は変更なし。リザーブを含めたベンチ入りメンバーは前節と全く同じだ。

前半の立ち上がりは風上のヴォルティスが長いボールを使って攻め込むが、札幌もしっかりと守ってシュートを打たせない。札幌は9分、FKのこぼれ球をつなぎ、最後は相手のクリアボールを左寄りで拾ったMF河合がダイレクトでシュートを放ったが、ポストの左へ外れた。

ヴォルティスも13分、カウンターからMF柿谷が左寄りをドリブルで攻め上がり、FW佐藤とのパス交換から左サイドのDFペ・スンジンへパスを送ると、ペ・スンジンからのマイナスのパスをDF西嶋がつなぎ、正面左寄りからMF濱田がフリーでシュートを放ったが、相手に当たってクロスバーを越えた。

札幌は15分にもFWジオゴが高い位置でMF倉貫からボールを奪うと、ジオゴのスルーパスに反応したMF内村が正面左寄りへ抜け出し、フリーでグラウンダーのシュートを放ったが、ポストの右へ外れた。

その後はヴォルティスがワンタッチのパスを素早くつないで押し気味に試合を進めるが、札幌も厳しくプレスをかけてくる。19分には中盤で相手のパスをカットした倉貫からFW津田、濱田とパスをつなぎ、濱田のパスを正面で受けた柿谷がワントラップからボレーでシュートを放ったが、わずかにクロスバーを越えた。

さらにヴォルティスは28分、右サイドで津田のパスを受けたペ・スンジンがアーリークロスを上げると、相手のクリアボールを正面で拾った西嶋がフリーでミドルシュートを放ったが、ポストの右へ外れた。

札幌も32分、自陣からのFKを前線へ放り込むと、ジオゴが落としたボールを正面左寄りで受けたMF近藤が粘って相手をかわし、近藤のパスをジオゴがつないで最後は正面からMF砂川がフリーでシュートを放ったが、クロスバーを越えた。

ヴォルティスは36分、MF斉藤の浮き球の縦パスを前線の佐藤が頭で落とし、柿谷が頭でつないだマイナスのパスを正面で受けた濱田がシュートを放ったが、相手に当たってポストの左へ外れた。

40分には右寄りの距離のある位置で得たFKを濱田がゴール前に蹴り込み、正面で西嶋が相手と競りながら頭で合わせたが、ポストの右へ外れた。さらに攻勢を強めるヴォルティスは44分、濱田の右CKに正面の佐藤が頭で合わせ、これにGKの前で津田が触ろうとしたが、そのままGK李昊乗にキャッチされた。

ヴォルティスは45分にも倉貫のパスを正面右寄りで受けたペ・スンジンがゴール前へロングボールを蹴り込むと、正面に津田が走り込んだがわずかに届かず、さらにファーサイドへ飛び込んだ佐藤のシュートもミートできずにポストの左へ外れた。結局、両チームともスコアレスで前半終了。

ハーフタイムには、最近オフィシャルブログ「ヴォルティス日記」に頻繁に登場する「BLUE SPIRIT」がチアダンスを踊った。

BLUE SPIRITのチアダンス

後半に入ると風上の札幌が優位に立ち、まずは4分、左サイドからのサイドチェンジのパスを右寄りで受けたDF日高がワントラップで西嶋をかわしてグラウンダーのシュートを放ったが、ポストの右に外れた。

しかし札幌は6分、GK李昊乗からのロングフィードがDFエリゼウのヘディングでのクリアミスを誘い、裏へこぼれたボールを拾った内村からジオゴを経由して左寄りでフリーの近藤へパスが通ると、近藤がワントラップからGK榎本のニアサイドを抜くシュートをゴール左隅へ決めて先制した。

さらに札幌は8分、正面でパスを受けた砂川がフリーでミドルシュートを放ったが、GK榎本の正面を突いてキャッチされた。ヴォルティスも9分、濱田の左CKからクリアボールをファーサイドで拾ったペ・スンジンがダイレクトでシュートを放ったが、ゴール右隅を襲ったボールはGK李昊乗がセーブ。さらに10分にも濱田の右CKに正面の西嶋が頭で合わせたが、ポストの左へ外れた。

その後は札幌がペースを握り、運動量の落ちたヴォルティスはほとんどチャンスを作れなくなってきた。札幌は24分、GK李昊乗からのロングフィードを前線で内村が落とし、パスを受けた近藤が左寄りでドリブルからミドルシュートを放ったが、クロスバーを越えた。

そして35分、札幌は自陣から右サイドの裏へ大きくクリアしたボールに内村が俊足を飛ばして追いつき、ドリブルでペナルティエリアの右寄りへ侵入すると、角度のない位置からシュートを放った。これはGK榎本の正面を突いて上へ弾かれたが、高く跳ね上がったボールはそのままゴールラインを割って2点目のゴールが決まった。札幌らしい電光石火のカウンター攻撃だった。

一方のヴォルティスは札幌の堅いブロックを崩せず、後半35分に投入されてJリーグデビューを飾ったFWキム・ジョンミンの奮闘もチャンスには結びつかない。40分にはゴール前でハイボールの競り合いに勝った西嶋からのヘディングのパスに反応した柿谷がペナルティエリア内で相手に倒されたが、判定はノーファウル。

逆に札幌は42分、正面左寄りで内村のパスを受けた河合がフリーでミドルシュートを放ったが、GK榎本の正面を突いてキャッチされた。ヴォルティスはAT3分、DF三木が途中出場のDF岡山にタックルを受けて負傷し、足を引きずりながら自らピッチを去ったが、交代枠を使いきっていたため、そのまま10人で戦わざるを得なくなった。

結局、そのまま2-0で試合終了。ヴォルティスは大事な直接対決を落とし、2位のサガン鳥栖がジェフユナイテッド千葉に勝ったため、自力でのJ1昇格の可能性が消えた。とはいえ、3位との勝ち点差はわずか1。札幌と鳥栖がともに残り試合を全勝するとも思えないので、追いつける可能性は十分にある。最後まで昇格を信じて戦いたい。

ヴォルティス完敗、4位後退

J's GOAL | ゲームサマリー
posted by ナカヲ at 23:28| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。