2011年10月29日

窪川FC、名門相手に力負け

今日は千葉県の姉崎公園姉崎サッカー場(フットパークあねさき)へ全国クラブチームサッカー選手権大会の1回戦を見に行った。朝からいい天気だが、空気はひんやりしている。

姉崎公園は市原市の施設で、サッカー場のほか、人工芝の多目的広場やアイススケート場兼プールなどもある。サッカー場はかつてジェフユナイテッド市原の練習場としても使用されていたが、今はフクダ電子アリーナの隣に誕生したユナイテッドパークにその座を譲った。

ジェフのホームタウン・市原市 姉崎公園の入口 人工芝の多目的広場

姉崎サッカー場は、天然芝グラウンドの周囲にネットが張られ、その外側にピッチレベルの簡易なベンチがいくつか設置されている程度で、ネットの外からコートまでの距離もやや遠く、あまり観戦向きの施設とは言えない。ただ、芝生はよく手入れされており、とても美しい。

メイン側からの眺め

全国クラブチームサッカー選手権大会は、全国の都道府県リーグ以下のクラブ(ただし自治体チームと自衛隊チームを除く)によって争われる全国大会で、初日の今日は千葉県内の各地で1回戦の計8試合が行われる。

全国クラブチームサッカー選手権大会幕

姉崎の第一試合は京都伏見蹴友会対FC.TON(石川)。京都伏見蹴友会は京都リーグ1部に所属しており、今シーズンは全国社会人サッカー選手権大会にも出場したFCマキシマを勝ち点差1でかわして優勝を決めている。対するFC.TONは今シーズン、石川県リーグ1部で首位と同勝ち点ながら、得失点差でわずか1点及ばず、2位に終わった。どちらも都道府県リーグトップクラスの強豪だ。

FC.TONの横断幕

伏見のスタメンは以下の通り。
GKは西村。DFは右から中田、中嶋、中川、大西。MFは右から奥村、赤松、日浦、吉田。FWは上村と西垣。

伏見のスタメン

対するTONのスタメンは以下の通り。
GKは北島。DFは右から吉本、星場、山田、畑。MFはボランチに吉川、二列目に右から源野、乙村、西田、若林。FWは山本将のワントップ。

FC.TONのスタメン

前半はいきなり開始1分も経たないうちに、TONの選手が左サイドから上げたアーリークロスをゴール前で伏見のDF中川がヘディングでクリアしたが、このクリアはクロスバーのわずかに上を越えるあわやオウンゴールかと思うようなクリアだった。

その後はほぼ互角の攻防が続き、ボール支配率ではやや伏見が上回っていたように思うが、どちらも相手の守備を崩せず、ほとんどチャンスを作れない。伏見は34分、正面からMF上村が送ったスルーパスにDF吉田が左寄りへ抜け出し、フリーでシュートを放ったが、クロスバーを越えた。結局、スコアレスのまま35分ハーフの前半を終了。

後半は立ち上がりから伏見が攻め込み、いきなり開始30秒、正面でパスを受けた上村がミドルシュートを放ったが、GK北島の正面を突いてキャッチされた。さらに4分にも左サイドからのFKを中川がゴール前へ蹴り込むと、正面のDF中田が頭で合わせたが、クロスバーを越えた。

その後は徐々にTONが反撃に転じ、13分にはMF乙村が右寄りから放ったミドルシュートがクロスバーのすぐ下を襲ったが、GK西村がわずかに触って弾き出した。伏見も16分、DF大西の左クロスに正面のFW西垣が頭で合わせたが、ポストの右へ外れた。

惜しいシュートを放った伏見のFW西垣

TONは17分にも正面でクリアボールを拾ったMF山本将がミドルシュートを放ったが、ゴール右上隅を襲ったボールはこれまたGK西村のセーブに阻まれた。伏見も19分に相手ゴールに迫るが、TONの守備陣が身体を張ってよく跳ね返した。

前線でポストを務めたTONのMF山本将

そして22分、TONは左寄りで途中出場のDF源野のパスを受けた途中出場のDF井上航が相手に競り勝って裏へ抜け出すと、GKとの一対一からゴール右隅へシュートを決めてついに先制した。その後はTONがしっかりと守って伏見に反撃の機会を与えず、そのまま1-0で試合終了。2回戦へコマを進めた。

決勝ゴールを決めたTONのDF井上航

第二試合は窪川FC(高知)対名古屋クラブ(愛知)。窪川FCは1994年に窪川高校サッカー部OBによって創設されたクラブで、今シーズンは高知県リーグ1部で2試合を残して3位につけている。すでに優勝の可能性はなくなったが、1位の高知大は四国リーグには上がれないため、2位に浮上すれば四国リーグチャレンジチーム決定戦には進める。

対する名古屋クラブは1950年の創部で、かつては日本サッカーリーグ2部にも参戦し、全国大会では全国地域リーグ決勝大会で優勝1回、全国社会人サッカー選手権大会で3位が2回、さらには天皇杯でも4位になった実績を持つ超名門。今年は愛知県リーグ1部で3試合を残して首位と勝ち点差1につけており、首位との直接対決も残していることから、逆転優勝も十分に狙える状況だ。

窪川FCのスタメンは以下の通り。
GKは八塚。DFは右から公文、鮫島、藤坂、三木。MFは右から下元、大山、和田、濱田。FWは安岡と山中。

窪川FCのスタメン

対する名古屋クラブのスタメンは以下の通り。
GKは黒柳。DFは右から副島、中嶌、木許、坂本。MFは右から上村、酒井、松田、西上。FWは浦部と水谷。

名古屋クラブのスタメン

前半は立ち上がりから名古屋が一方的にボールを支配して攻め立てる。まずは2分、FW水谷が右寄りからミドルシュートを放ったが、ポストの右へ外れた。6分には右アーリークロスに正面のFW上村が頭で合わせたが、これもポストの右へ外れた。

対する窪川は9分、MF和田が正面からミドルシュートを放ったが、ゴール左隅を襲ったボールはGK黒柳にセーブされた。その後は窪川の反撃もあって互角の時間帯が続いたが、しばらくすると再び名古屋が攻勢に転じる。

そして25分、名古屋はゴール前でパスをつなぎ、FW西上、水谷を経て最後はMF浦部が正面からシュートを決めて先制した。さらに28分には左サイドの水谷からパスを受けた上村が正面左寄りからミドルシュートを放つと、これがGK八塚の頭上を越えてゴール左上隅に決まり、名古屋が2-0とリードを広げた。

先制ゴールを決めて喜ぶ名古屋MF浦部

名古屋は31分にも浦部の左クロスに正面へ飛び込んだ水谷が頭で合わせたが、ポストの左へ外れた。窪川も32分、正面でMF大山からの縦パスを受けたFW山中が相手と競りながらシュートを放ったが、相手にブロックされて勢いの弱まったボールはGK黒柳にキャッチされた。

中盤で攻守に奮闘した窪川のMF大山

名古屋は34分、こぼれ球を右寄りで拾った上村がシュートを放ったが、ポストの右へ外れた。GK八塚が飛び出していただけにきっちり枠の中へ入れたかった。結局、地力に勝る名古屋が2-0とリードして前半を折り返した。

後半に入っても名古屋のペースは変わらず、まずは2分、MF酒井のパスを正面で受けた途中出場のMF宮前が豪快なミドルシュートを決めて3点目を奪った。7分には浦部が正面左寄りへ抜け出してGKと一対一になったが、シュートはGK八塚にセーブされた。

さらに名古屋は12分、DF木許のマイナスのパスを正面で受けたMF松田がミドルシュートを放ったが、これもGK八塚にセーブされた。13分には水谷のマイナスのパスを右寄りでフリーで受けた木許がシュートを放ったが、クロスバーを越えた。

積極的にゴールを狙った名古屋DF木許

18分には上村のマイナスのパスを右寄りで受けた浦部が豪快なミドルシュートを放ったが、クロスバーの左上へ外れた。名古屋は20分にも上村の縦パスを木許が落として上村が右寄りからフリーでシュートを放ったが、ポストの左へ外れた。

26分には浦部が相手と競り合いながらドリブルで右寄りを攻め上がり、角度のない位置からシュートを放ったが、GK八塚にセーブされた。しかし28分、名古屋は3回連続でCKを獲得すると、浦部の右CKからファーサイドで途中出場のFW岩崎が頭で折り返したボールにゴール前の左寄りで木許が合わせて4点目を決めた。

さらに攻撃の手を緩めない名古屋は31分、右寄りでパスを受けた途中出場のDF岩下がドリブルからループ気味のミドルシュートを放ったが、クロスバーを越えた。

意地を見せたい窪川はAT3分、途中出場のFW井上が正面で相手DFをかわしてシュートを放ったが、途中出場のGK塚崎にキャッチされた。名古屋もAT3分、ロングボールに右寄りの裏へ抜け出した上村がGKとの一対一からシュートを放ったが、GK八塚にキャッチされた。結局、そのまま4-0で試合終了。名古屋が力の差を見せつけて初戦を突破した。

ファイナルスコア

◎第18回全国クラブチーム選手権大会1回戦 2011年10月29日11時キックオフ
 (姉崎公園姉崎サッカー場)観衆20人=35分ハーフ

京都伏見蹴友会 0(0−0)1 FC.TON
         (0−1)

得点:T=井上航(57分)
警告:なし

(京都伏見蹴友会)
GK 西村12
DF 中嶋7
   中川13
   中田14
   吉田16
   大西28
MF 赤松4
   日浦6
   上村17
   奥村22
FW 西垣88

(FC.TON)
GK 北島1
DF 畑2
   星場9
   山田17(→70分、牧野16)
   源野21(→61分、松木24)
   吉本22
MF 吉川5
   山本将11
   西田14(→56分、池田7)
   乙村20(→69分、本田23)
FW 若林3(→42分、井上航29)

◎第18回全国クラブチーム選手権大会1回戦 2011年10月29日13時30分キックオフ
 (姉崎公園姉崎サッカー場)観衆22人=35分ハーフ

窪川FC 0(0−2)4 名古屋クラブ
      (0−2)

得点:名=浦部(25分)、上村(28分)、宮前(37分)、木許(63分)
警告:窪=鮫島(24分)

(窪川FC)
GK 八塚1
DF 藤坂5
   下元6(→HT、津野18)
   三木7(→58分、楠瀬10)
   公文17
   鮫島25
MF 大山15
   濱田19
   和田24(→68分、古味11)
FW 山中20(→49分、味元16)
   安岡26(→62分、井上9)

(名古屋クラブ)
GK 黒柳24(→55分、塚崎1)
DF 中嶌2
   木許6
   坂本19
   副島37(→HT、岩下31)
MF 酒井10
   浦部18
   松田20(→51分、岩崎13)
FW 水谷3
   上村9
   西上16(→HT、宮前22)


posted by ナカヲ at 19:58| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。