2011年11月05日

プルミエール、大金星を逃す

今日は新居浜市営サッカー場(グリーンフィールド新居浜)へ高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会四国予選の1回戦を見に行った。朝から弱い雨が降り続くあいにくの空模様で、ピッチも若干、霞んでいる。

第一試合は第一グラウンドで愛媛FCジュニアユース対プルミエール徳島SC、第二グラウンドでシーガルFCジュニアユース対FCリフォルマの香川県勢対決が行われたので、私は第一グラウンドの方を選択した。

愛媛は今シーズンの四国U-15クローバーリーグを無敗で制し、今大会に第1シードで臨んでいる。対するプルミエールは徳島県予選で準優勝して今大会の出場権を獲得した。優勝候補筆頭の愛媛を相手にどんな戦いを見せるか、注目したい。

愛媛のスタメンは以下の通り。
GKは21番。DFは右から3番、4番、5番、2番。MFはボランチに17番と14番、二列目に右から11番、7番の清川、9番。FWは10番のワントップ。

両チームのスタメン

対するプルミエールのスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から2番、5番、4番、3番。MFは右から13番、6番、7番、19番。FWは11番と10番。

円陣を組むプルミエールのスタメン

前半は立ち上がりから地力に勝る愛媛が優位に試合を進め、とくに左サイドからMF9番が攻め込んでくる。8分にはMF14番の縦パスにペナルティエリアの左寄りへ抜け出した9番がGKと一対一になったが、シュートはGK1番にセーブされた。

左サイドから攻め込む愛媛のMF9番

対するプルミエールも11分に相手ゴール前へ攻め込んだが、シュートは跳ね返された。クラブハウスから遠い側のゴール前のプレーは、ただでさえ遠い上に雨で霞んでいるので選手たちの背番号がほとんど確認できない。

プルミエールは愛媛に押し込まれても決して引きこもって放り込む戦術は採らず、しっかりとプレスをかけてボールを奪うと、自陣からパスをつないで攻撃を組み立てようとする。

愛媛は16分、カウンターで裏へのパスに抜け出したFW10番が相手DFと競りながらシュートを放ったが、GK1番の正面を突いてセーブされた。18分には右寄りでフリーでパスを受けたMF清川がグラウンダーのシュートを放ったが、GK1番にキャッチされた。

愛媛は19分にも清川が正面やや左寄りからフリーでシュートを放ったが、GK1番のファインセーブに阻まれた。その後も愛媛が攻め立てるが、プルミエールは連動した動きでチャレンジ&カバーを繰り返し、相手に決定機を与えない。

愛媛は35分、9番が正面左寄りの裏のスペースへ抜け出し、飛び出してきたGK1番と競り合いながらシュートを放ったが、ゴール直前でプルミエールの選手がクリアした。逆にプルミエールは35分、左寄りから放ったシュートはGK21番に弾かれたが、こぼれ球を左寄りから押し込んで先制ゴールを奪った。

愛媛も37分、左サイドからドリブル突破を試みたDF2番がペナルティエリアの左ゴールライン際でプルミエールのDF4番に倒されてPKを獲得したが、38分にDF5番が蹴ったボールはわずかにポストの右へ外れた。結局、プルミエールが1-0とリードする予想外の展開で40分ハーフの前半を終了。

愛媛のPKはポストの右へ外れた

後半はまずプルミエールが攻め込み、2分にはカウンターを仕掛けるとFW11番が左寄りからシュートを放ったが、GK21番に弾かれ、こぼれ球をフリーで拾ったシュートも跳ね返された。対する愛媛も4分、左からシュートを放ったが、GK1番にキャッチされた。

先制して勢いの出てきたプルミエールは7分、MF19番がペナルティエリアの左寄りへ入ってすぐのところで倒されてPKを獲得すると、これを8分にMF7番がゴール右寄りへ決めて2-0とリードを広げた。

2点目を決めたプルミエールのMF7番

愛媛も11分、正面右寄りで得たFKを直接狙ったが、惜しくも右ポストに跳ね返された。さらに12分には右寄りへ抜け出した選手がGKと一対一になったが、シュートはGK1番のファインセーブに阻まれた。

逆にプルミエールは15分、10番がペナルティエリアの右寄りへ抜け出すと、角度のない位置からシュートを決めて3-0とした。逆のスコアならともかく、プルミエールが3-0でリードするなどと、いったい誰が予想しただろうか。

3点目を決めて喜ぶプルミエールの選手

しかしこれでプルミエールの選手たちの気が緩んだわけではないだろうが、ここから愛媛の猛反撃が始まる。21分には左クロスを上げるとファーサイドの選手がヘディングシュートをゴール左隅へ決めて1点を返し、26分には正面でパスを受けた選手がゴール右隅へミドルシュートを叩き込んだ。あっという間に1点差だ。

そして37分にはペナルティエリア左寄りで今日2度目のPKを獲得すると、これを清川がゴール右隅へ決めてついに3-3の同点に追いついた。プルミエールもATに入って再び勝ち越すべく攻め込んだが、ゴールは奪えず、3-3のまま後半終了。試合は10分ハーフの延長戦へともつれ込んだ。

延長前半は追いついた勢いもあってか愛媛が優位に立ち、いきなり開始20秒、10番が正面で相手と競りながらシュートを放ったが、GK1番にセーブされた。その後も愛媛が攻め続けたが、プルミエールもよくしのいで延長前半終了。

ファインセーブを連発したプルミエールのGK1番

プルミエールは前半の立ち上がりから全力で飛ばしていたこともあり、さすがに動きが落ちてきた。攻撃も単発のドリブルばかりで、愛媛の守備陣に簡単に跳ね返されてしまう。

延長後半に入って2分、愛媛はペナルティエリアで相手GKに倒されたとの判定で今日3度目のPKを獲得。これを3分に清川がゴール左隅へ決めたが、蹴る直前に動きを止めていたため蹴り直しになった。しかしプレッシャーのかかる蹴り直しのキックも4分に清川がゴール中央へ決め、ついに愛媛がこの試合初めての勝ち越しに成功した。

その後は前がかりになったプルミエールの隙を突いて愛媛がさらに突き放す。5分にはスルーパスに裏へ抜け出した選手が、飛び出してきたGKとゴール正面で一対一になり、これをきっちり決めて5点目。10分にはゴール正面で相手ボールを奪うと、GKをかわして無人のゴールにダメ押しの6点目を決めた。プルミエールも最後まで点を取りに行く姿勢を見せたが、結局、6-3で試合終了。

愛媛が0-3からの大逆転勝利で初戦を突破した。3点差からの逆転勝利はそうたびたび見られるものではなく、おそらく私のサッカー観戦史上初めてのことだ。ただ、この試合の主役は勝者ではなく敗者だったと思う。自分たちのサッカーで優勝候補に真っ向から挑み、あわや大金星かという試合を演じたプルミエールの選手たちには最大級の賛辞を贈りたい。

なお、第二グラウンドで行われた試合は、四国U-15クローバーリーグ最下位のシーガルが香川県予選1位のリフォルマを2-1の逆転で下し、明日の2回戦へ勝ち上がった。ちなみにこの両チームは来月、来年のクローバーリーグ参入をかけた入れ替え戦でも対戦する予定だ。

リフォルマの選手と横断幕 第二グラウンドの様子

◎高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会四国予選1回戦
 2011年11月5日11時キックオフ
 (新居浜市営サッカー場(グリーンフィールド新居浜)第一グラウンド)
 =40分ハーフ+延長10分ハーフ

             (0−1)
愛媛FCジュニアユース 6(3−2)3 プルミエール徳島SC
             (0−0)
             (3−0)

得点:愛=?(61分)、?(66分)、清川(77分、94分)、?(95分)、
     ?(100分)
   徳=?(35分)、7番(48分)、10番(55分)
警告:愛=14番(80分)
   徳=19番(68分)

(愛媛FCジュニアユース)
GK 21番
DF 3番
   4番
   5番
   2番(→74分、19番)
MF 17番(→54分、6番)
   14番
   11番(→54分、8番)
   清川7
   9番(→54分、12番)
FW 10番

(プルミエール徳島SC)
GK 1番
DF 2番(→67分、12番)
   5番
   4番
   3番
MF 13番(→98分、8番)
   6番
   7番
   19番
FW 11番
   10番


posted by ナカヲ at 18:34| 徳島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。