2011年11月05日

吉野川、PK戦制し2回戦へ

第二試合はすぐ隣の第二グラウンドへ移動し、徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川対横浜ポラリスFC(高知)を観戦した。

吉野川は四国U-15クローバーリーグの4位。今シーズンで活動を休止するため、この大会が最後の大会となる。つまり、敗れればその時点でそれが最後の公式戦になるわけだ。何としても決勝まで勝ち上がり、最初で最後の全国大会出場を決めたい。

ベンチで監督の指示を受ける吉野川の選手たち 円陣を組む吉野川の選手とスタッフ

一方、ポラリスは高知県予選で準優勝し、2年連続2度目の四国予選出場を果たした。昨年は県予選を1位で通過したが、四国予選1回戦で当時クローバーリーグ所属の川内中(徳島)に3-5で敗れた。この試合で四国予選初勝利を狙う。

声援を送るポラリスの控え選手たち

吉野川のスタメンは以下の通り。
GKは松丸。DFは右から飯尾、藤澤、茨木、井浦。MFは右から山口、板野、葭本、重本。FWは稲井と金村。

対するポラリスのスタメンは以下の通り。
GKは16番。DFは右から3番、11番、4番、5番。MFは右から18番、7番、10番、6番。FWは8番と9番。

両チームのスタメン

第一試合が行われている間、雨は強弱を繰り返しながらも降り続いていたが、第二試合が始まる頃には雨は上がった。ただ、ピッチは水を多く含んでおり、とくにメイン側アウェイ寄りのコーナー付近にはかなり水が溜まっているようだ。

前半はまず吉野川が攻め込み、3分にMF板野が左クロスを送ると、相手のクリアボールを正面左寄りで拾ったMF葭本がシュート。これをGK16番が弾こうとしたものの、勢いを止めきることができず、そのままゴールラインを越えて先制ゴールが決まった。

先制点の起点となった吉野川MF板野

しかしポラリスも直後の4分、右サイドから攻め込むと、逆サイドでフリーでパスを受けた選手がシュートを決めてあっさりと同点に追いついた。

立ち上がりは優位に試合を進めていた吉野川だったが、チームとしての連動した動きがあまり見られず、効果的なプレスをかけられない。対するポラリスは最終ラインの裏のスペースを狙うものの、ことごとくオフサイドトラップに引っかかってしまう。

どちらも主導権を握れない互角の展開が続いたが、吉野川は15分、MF重本が左寄りを相手と競り合いながらドリブルで攻め上がり、GKとDFの間に速いクロスを送ると、ゴール前の右寄りでMF山口が合わせて勝ち越し点を決めた。

勝ち越し点をアシストした吉野川MF重本

さらに吉野川は28分、縦パスをFW稲井が落とし、正面でパスを受けた葭本がミドルシュートを放つと、これがGKの頭上を遅い、GK16番が弾いたものの勢いに負けてそのままゴールへ吸い込まれた。

前線でパスを受ける吉野川FW稲井

吉野川は32分にも正面で縦パスを受けたFW金村がドリブルで相手DFをかわしてシュートを放ったが、GK16番の正面を突いてセーブされた。一方のポラリスも終盤に攻勢をかけ、40分には正面からミドルシュートを放つとこれがGK松丸の頭上を越えてゴールが決まった。結局、吉野川が3-2とリードして前半終了。

ドリブルで攻め込む吉野川のFW金村

前半は止んでいた雨がハーフタイムには再び降り出し、その後は時折やや強まりながらも試合後まで降り続いた。吉野川は後半の頭から稲井に代えて久米を投入し、前線の活性化を図る。

後半の立ち上がりは吉野川が攻め込み、3分には左寄りでパスを受けた重本がシュートを放ったが、GK16番が弾いて自ら押さえた。さらに9分には正面から立て続けにミドルシュートを放ったが、GK16番にセーブされたり、クロスバーに跳ね返されたりして得点できない。

するとポラリスは10分、カウンターで最終ラインの裏へ抜け出したFW9番がGKとの一対一からGK松丸をかわし、追いかけてきたDF藤澤に背後から倒されながらも無人のゴールへシュートを決めて3-3の同点に追いついた。

しかし吉野川は12分、FW久米が右寄りからシュートを決めてすぐに4-3とリードを奪う。さらに14分には山口が右寄りからドリブルで攻め込むと、ゴール前の久米がシュートを放ったがクロスバーに跳ね返され、こぼれ球も押し込めず。久米は18分にもペナルティエリアの左寄りで相手のバックパスを奪い、GK16番をかわしてシュートを放ったが、ポストの左へ外れた。

するとポラリスは19分、左寄りの裏のスペースへ抜け出した選手が、飛び出してきたGK松丸の頭上を越すループシュートを放ち、これは戻ってきた吉野川の選手がゴール直前でヘディングでクリアしたものの、クリアボールをMF7番が押し込んで4-4の同点とした。吉野川は全体としては押し気味なのだが、裏を取られてピンチを招くシーンが多い。

粘るポラリスを何とか振り切りたい吉野川は23分、左寄りで葭本のパスを受けた重本がドリブルからシュートを放ったが、ポストの左へ外れた。しかし28分、正面右寄りでこぼれ球を拾った葭本がミドルシュートを放つと、GK16番が弾いたもののそのままゴールマウスに飛び込み、4度目の勝ち越しに成功。葭本はこれでハットトリック達成だ。

ハットトリックを達成した吉野川のMF葭本

粘るポラリスは33分、右クロスからファーサイドのMF18番がシュートを放ち、相手にクリアされたボールを左寄りから今度はFW8番がシュートしたが、わずかにポストの右へ外れた。

吉野川も34分、左寄りでパスを受けた重本がグラウンダーのシュートを放ったが、ポストの右へ外れた。さらに35分には右寄りから久米がシュートを放ったが、これもポストのわずかに左へ。直後の35分には飯尾に代えて伊藤を右SBに入れた。

しかしポラリスは37分、右CKのこぼれ球を右寄りで拾ったDF3番がシュートを放つと、これが吉野川のDF陣の間を抜けてゴール左隅へ決まった。これでスコアは5-5。今日4度目の同点劇だ。

4度目の同点劇に喜ぶポラリスの選手たち

吉野川も38分、重本の右CKからこぼれ球を正面で拾った山口がシュートを放ったが、ポストの右へ外れた。結局、5-5の同点で後半を終了し、第一試合に続いてまたも10分ハーフの延長戦に突入した。

延長に入って前半3分、吉野川は正面でこぼれ球を拾った葭本がシュートを放ったが、ポストの左へ外れた。その後は追いついた勢いもあってか次第にポラリスが攻勢に転じ、吉野川は守勢に回る。

ポラリスは5分、左寄りで得たFKをMF6番がゴール前へ送り、ファーサイドの3番が頭で合わせたが、ミートせずGK松丸がキャッチ。8分には9番が右寄りへ抜け出して角度のない位置からフリーでシュートを放ったが、右サイドネットへ。

吉野川もAT1分、左寄りでフリーでパスを受けた重本がシュートを放ったが、クロスバーに跳ね返された。延長後半4分にはポラリスの選手が正面からシュートを放ったが、GK松丸が逆を突かれかけながらも何とかキャッチ。

延長戦に入ってからは両チームに足を攣る選手が出始め、とくに吉野川のMF板野はかなり辛そうだったが、ついに延長後半10分に祁答院と交代した。吉野川はAT1分、右寄りでフリーでパスを受けた山口がシュートを放ったが、ポストの左へ外れた。結局、延長に入ってからはスコアは動かず、5-5のまま、決着はPK合戦へともつれ込んだ。

PK合戦はポラリスの先攻で始まり、いきなり1人目のDF4番がクロスバーに当てて失敗。対する吉野川は重本、葭本、茨木と3人続けて成功し、さらにポラリスの4人目、DF3番が右寄りを狙って蹴ったキックをGK松丸が見事にセーブ。最後は吉野川の4人目、山口がきっちりと決め、PK合戦を4-2で制した吉野川が2回戦へ勝ち上がった。

PKを見守る両チームの選手たち MF山口に駆け寄る吉野川の選手たち

吉野川にとっては内容的にはとても満足できる試合ではなく、勝ったからこそ言えることだが(負けたらもう次の試合はないので)、いい薬、いい経験になったと思う。明日以降は開き直って自分たちが3年間かけて築き上げてきたサッカーを表現してほしい。

それにしても、両チームが5点以上を挙げるという試合は私の観戦史上初めてであり、勝ち越されても勝ち越されてもそのたびに追いついたポラリスの粘りは本当に見事だった。その戦いぶりに拍手を贈りたい。

なお、第一グラウンドではクローバーリーグ5位の松山市立三津浜中と愛媛県予選1位の新居浜市立北中の愛媛県勢同士が対戦し、地元の声援を受けた新居浜北で3-2で競り勝って明日の2回戦へコマを進めた。

三津浜と新居浜北の横断幕 第一グラウンドの様子

試合後は、明日の2回戦に備えて新居浜市内で一泊。夜は新居浜名物のふぐざくに舌鼓を打った。フグの白身や皮をザクザクと刻み、ポン酢ともみじおろしで味付けした料理で、上にはカワハギの肝も乗っている。ひと通り食べ終わったら、残ったポン酢に湯豆腐を入れて「ざく豆腐」も楽しめる。お酒にも合い、とても美味しかった。

新居浜名物・ふぐざく ざく豆腐

◎高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会四国予選1回戦
 2011年11月5日13時30分キックオフ
 (新居浜市営サッカー場(グリーンフィールド新居浜)第二グラウンド)
 =40分ハーフ+延長10分ハーフ

                    (3−2)
徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川 5(2−3)5 横浜ポラリスFC
                    (0−0)
                    (0−0)
                     PK戦
                     4−2

得点:吉=葭本(3分、28分、68分)、山口(15分)、久米(52分)
   横=?(4分)、?(40分)、9番(50分)、7番(59分)、3番(77分)
     ※背番号は不明だが、得点者は政平2、福永、直江、柏原。
警告:吉=藤澤(50分)、伊藤(84分)

(徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川)
GK 松丸1
DF 飯尾3(→75分、伊藤2)
   藤澤23
   茨木7
   井浦9
MF 山口13
   板野16(→100分、祁答院8)
   葭本17
   重本21
FW 稲井22(→HT、久米12)
   金村5

(横浜ポラリスFC)
GK 16番
DF 3番
   11番
   4番
   5番
MF 18番
   7番
   10番(→35分、2番 →73分、15番)
   6番
FW 8番
   9番

■PK合戦
先攻      後攻
横浜      吉野川
16番 = GK = 松丸
4番 C 1 ○ 重本
8番 ○ 2 ○ 葭本
18番 ○ 3 ○ 茨木
3番 SV 4 ○ 山口
     5


posted by ナカヲ at 20:14| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。