2011年11月06日

JリーグU-13、逃げ切り勝利

高円宮杯の試合後は、新居浜からJR四国の特急列車と「四国ダービー号」を乗り継いで鳴門へ。JR鳴門駅では「四国ダービー号」に乗って来場した客にヘッドマークのレプリカなどが当たる抽選券が配布されていた。

特急うずしおとすれ違う「四国ダービー号」 「四国ダービー号」利用者へのプレゼント

鳴門市内に入ると雨が降り出したが、キックオフの約2時間前にスタジアムに到着すると雨は上がった。スタジアム前の広場には各種ブースが並び、なかなかの賑わいだ。

時計台広場の賑わい

ピッチ内では前座試合の徳島シニア選抜対愛媛シニア選抜が行われており、私が見始めてまもなくスコアレスドローで終了した。

試合後に挨拶する両シニア選抜 結果はスコアレスドロー

続いてはJリーグU-13サザンクロスCブロックの徳島ヴォルティスジュニアユース対愛媛FCジュニアユースが行われた。こちらも毎年恒例の前座試合だ。試合に先立ち、まずは両チームの選手が入り混じっての記念撮影。

両チーム入り混じっての記念撮影

ヴォルティスのスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から15番、3番、5番、6番。MFは右から17番、7番、4番、14番。FWは10番の郡と9番。

対する愛媛のスタメンは以下の通り。番号が背中にしか書かれていないので、前を向いていると選手の特定が難しい。
GKは1番。DFは右から19番、12番、4番、5番。MFはボランチに15番と3番、二列目に右から11番、13番、8番。FWは7番のワントップ。

前半は立ち上がりから風上のヴォルティスが一方的に攻め込み、まずは7分、FW郡が左寄りからドリブルで攻め込むと、角度のない位置からシュートをシュートを放ったが、これは左サイドネットへ。

さらに8分にはMF4番が正面からミドルシュートを放ったが、GK1番の正面を突いてキャッチされた。しかし13分、左サイドからのFKをファーサイドのMF17番が落とすと、これを正面の郡がゴールに蹴り込んでヴォルティスが先制した。

先制点を決めたヴォルティスFW郡(左)

その後は愛媛が反撃に転じ、ほぼハーフコートで試合を進めるが、ヴォルティスもしっかりと守って決定機を作らせない。愛媛は失点直後の13分、FW7番が右寄りからシュートを放ったが、GK1番にキャッチされた。17分にはペナルティエリアの左寄りでこぼれ球を拾ったMF8番がシュートを放ったが、ポストの右へ外れた。結局、ヴォルティスが1-0とリードして前半終了。

ドリブルで攻め込むヴォルティスFW9番(左)

後半の頭から両チームとも選手を4〜5人、入れ替えてきた。ヴォルティスは1番に代わって12番がGKに、6番に代わって13番が左SBに、14番に代わって16番の大西が左SHに、9番に代わって11番がFWに、15番に代わって8番が右SHに入り、17番が右SBに下がった。

ハーフタイムには厚い雲の間から陽射しも漏れてきたが、後半開始前からまた雲に覆われ、照明が点灯していないのでかなり暗くなってきた。後半も立ち上がりはヴォルティスが攻め込み、まずは2分、FW11番が左寄りから中央へドリブルで入り込み、ミドルシュートを放ったが、GK16番がキャッチ。

そしてヴォルティスは3分、郡が左寄りから意表をついてミドルシュートを放つと、これがGK16番の頭上を越えてゴールに飛び込んだ。さらに8分にはMF大西が正面左寄りからミドルシュートを放ち、これもGK16番の頭上を越えて決まった。

しかし愛媛は前半と同様、失点してからエンジンがかかり、13分にはクリアボールを正面で拾って前線へ浮き球のパスを送ると、8番が左寄りへ抜け出し、GKとの一対一からシュートを決めて1点を返した。

ヴォルティスも15分、4番のマイナスのパスを正面で受けたMF7番がロングシュートを放ったが、GK16番にキャッチされた。愛媛は16分、MF13番からの縦パスを右寄りで受けた8番がドリブルからシュートを放ったが、右サイドネットへ。

さらに愛媛は16分、左寄りの裏のスペースを狙ったパスを相手と競り合い、奪ったボールを中央へ送ると、正面でフリーの8番がシュートを決めて1点差に詰め寄った。その後、ようやくスタジアムの照明に灯りがともった。

ヴォルティスは20分、5番に代えて2番をCBに入れた。21分には郡が正面で相手と競り合いながらドリブルで攻め込み、シュートを放ったが、GK16番にセーブされた。しかしヴォルティスはそのまま逃げ切り、3-2で試合終了。

ファイナルスコア

ヴォルティスが3日前の高知中戦に続いて勝利を収め、連勝を4に伸ばすとともに今大会の成績を7勝1敗とした。なお、次節は今月23日(祝)の15時から徳島スポーツビレッジに徳島FCリベリモを迎えて行われる。
2011 Jリーグ U−13リーグ サザンクロスC結果について

◎JリーグU-13 サザンクロスCブロック 2011年11月6日16時キックオフ
 (鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)=25分ハーフ

徳島ヴォルティスジュニアユース 3(1−0)2 愛媛FCジュニアユース
                 (2−2)

得点:徳=郡(13分、28分)、大西(33分)
   愛=8番(38分、41分)

(徳島ヴォルティスジュニアユース)
GK 1番(→HT、12番)
DF 15番(→HT、8番)
   3番
   5番(→45分、2番)
   6番(→HT、13番)
MF 17番
   7番
   4番
   14番(→HT、大西16)
FW 郡10
   9番(→HT、11番)

(愛媛FCジュニアユース)
GK 1番(→HT、16番)
DF 19番(→HT、18番)
   12番
   4番
   5番
MF 15番(→HT、17番)
   3番(→HT、6番)
   11番
   13番
   8番
FW 7番


posted by ナカヲ at 17:50| 徳島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。