2005年03月12日

対湘南ベルマーレ@鳴門陸

◎Jリーグ2部第2節 2005年3月12日
 (徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場)観衆8,226人

徳島ヴォルティス  2(1−1)3  湘南ベルマーレ
           (1−2)

得点:徳=小林(40分)、OG(77分)
   湘=柿本(20分、88分)、加藤(66分)
警告:湘=高田(60分)

(徳島ヴォルティス)
GK 山口
DF 小峯
   石川
   谷奥
MF 秋葉
   鎌田(→69分、田中)
   大場
   伊藤
   片岡
FW 大島
   小林(→75分、羽地)

(湘南ベルマーレ)
GK 鈴木正
DF 冨山
   バリシッチ
   浮氣
   城定
MF 吉野
   佐藤
   高田(→84分、永里)
   加藤
FW 坂本(→67分、佐野)
   柿本


試合に先立って、13時からホーム開幕セレモニーが行われたが、
強風のためもあってか、音響設備のない(?)バックスタンドでは
社長らの挨拶が全く聞き取れなかった。
また、アウェイ側ゴール裏で歌われた第九の合唱の声は、
ホーム側の席やメインスタンドの大部分までは届かなかった。
せっかくのセレモニーなのに、ちょっと残念。

第九を歌う会

メンバー発表も、DJの声が届かないのでよく分からなかった。
全員を発表し終わってから電光掲示板に11人の名前が表示されたが、
音響設備を強化できないなら、一人ずつ名前を出す形式にしてほしいものだ。
まあ、大方の予想通り、前節の後半と同じ11人がスタメンだったので、
今回の試合に関しては、聞こえなくても問題はなかったが。

ホーム開幕戦先発メンバー

スタッフの客さばきを含めた会場運営や、音響・電光掲示板の操作などは、
とても「準備万端」とは言えなかったように思う。
とくに客さばきに関しては、もし本当に2万人来場していたら
大パニックになっただろう。
チーム旗100本設置 スタジアム準備は万全

今日のカード

14時4分、ついに徳島ヴォルティス初のホームゲームが始まった。
立ち上がり、ゴール前で何度か決定的なチャンスをもらったが
(今日も片岡のクロスがきれいに入った)、大島が浮かしてしまうなど
決めきれずにいるうちに、流れは徐々にベルマーレへ。

そして前半20分、FWベルマーレの柿本に決められ、
ついにJリーグで初の失点を喫してしまう。
私個人の観戦歴の中でも、徳島ヴォルティスになって以降、
練習試合を含めて初の失点だった。
とはいえ、先制点の前後各10分ほどの時間帯は一方的な湘南ペースであり、
むしろよく1点でしのいだというような内容だった。

前半30分を過ぎたあたりから、ようやくヴォルティスにも流れが出てきた。
しかしベルマーレの長身DFバリシッチに抑えられ、決定機は作れない。
そんな中で迎えた前半40分、相手ゴール前で伊藤−大島とつなぎ、
最後は小林が同点ゴールを押し込んだ。前半残り5分といういい時間帯での同点弾!
しかも林の代役・小林が初ゴールを決めたということで後半に弾みがつきそうだ。

ハーフタイムショーは、専属チアリーディングチーム「ヴォルティス」が初登場。
赤い衣装は派手でいいが、やはりヴォルティスブルーで行ってほしい気もする。
チアチームデビュー 華やかな応援会場盛り上げ

チアリーディング

後半は追い風に乗って押し気味に試合を進めるが、
ベルマーレDFに阻まれてなかなか勝ち越し点が奪えない。
逆にベルマーレのカウンターからピンチを招き、
後半21分、警戒すべきベテラン・加藤に中央から豪快に叩き込まれた。

勝ち越し点を許した直後、田中監督はやや精彩を欠いていた鎌田に代えて
MF田中を投入。田中はボランチと前線とのつなぎ役として活躍する。
さらに、疲れの見えてきたFW小林に代わって長身FWの羽地もデビュー。
同点ゴールを狙って攻勢をかける。

そして後半32分、強風に流された激しい雪が横向きに降るという、
鳴門では考えられないような悪天候の中、ヴォルティスが意地を見せる。
MF片岡が放った豪快なミドルシュートが、相手選手に当たってそのままゴールへ
(ホーム側のゴール裏からは直接入ったように見えたが)。
ホームスタジアムを埋めた8,224人(−湘南サポの数)の観衆から大歓声が上がる。
われらが徳島のチームが、二度にわたって同点に追いついたのだから、
盛り上がらないはずがない。

このまま引き分けでもいい。そう思い始めた後半43分。
ベルマーレFW柿本が左サイドからDF小峯との一対一を突破し、シュート。
ボールは無情にもゴールへと吸い込まれていった。

ヴォルティスはロスタイムに入ってからコーナーキックを3本蹴るが、
得点にはつながらない。二度あることは三度、とはいかず、そのまま試合終了。

試合終了

勝ち点1を取り損ねるという、非常に悔しい結果だったが、
パスを中心に組み立てる面白いサッカー、そして二度追いつく粘りで
地元ファンの心はつかんだと思う。
また、レベルの高い選手をそろえたベルマーレを相手に
互角に競り合えた(とまでは行かないが、大きな差はなかった)ことも
チームにとっては大きな自信につながるだろう。

次節、アウェイの水戸戦をいい形で終えて、
次のホーム・鳥栖戦ではホームゲーム初勝利を地元のファンにプレゼントしてほしい。

【J2:第2節 徳島 vs 湘南 レポート】
徳島は善戦するも、ホーム開幕戦を飾れず。湘南は開幕2連勝!

【J2:第2節】徳島 vs 湘南:ハーフタイムコメント
【J2:第2節】徳島 vs 湘南:田中真二監督(徳島)記者会見コメント
【J2:第2節】徳島 vs 湘南:上田栄治監督(湘南)記者会見コメント
【J2:第2節】徳島 vs 湘南:試合終了後の各選手コメント

ヴォルティス惜敗 ホーム開幕戦、湘南に2−3
終了間際、痛恨の失点 徳島惜敗、守りに粘り欠く
わずかな油断で初黒星 反省点、次までに修正


posted by ナカヲ at 15:59| ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
負けは負けです。それでも、いい試合でした。
2度追いついたあの強さは本物ですが、1対1で負けてしまいました。
ただ、最後まであきらめることがなければ、必ず結果は付いてくると思います。
Posted by sion at 2005年03月13日 21:18
コメントありがとうございます。
そうですね。J2レベルの戦いに慣れてきたら、
また新加入選手がチームに完全にフィットしてきたら、
もうワンランク上のチームになって、先日の湘南戦みたいな試合でも
きっちり勝ち点を取れるようになるでしょう。
Posted by Φ at 2005年03月16日 09:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

徳島ヴォルティスVS湘南ベルマーレ#2
Excerpt: ホーム開幕戦は惜しくも敗北。
Weblog: Snoblog
Tracked: 2005-03-13 21:12

試合を振り返って(ヴォルティスvsベルマーレ)
Excerpt: 雨の中の試合も、寒い日の試合も見たことがあったが、さすがに吹雪く中の試合は初めてだったよ(汗・・帰り、さすがにへとへとでした。 では、試合の経過と感想を。観衆は8200人位・・・だったはず。 ..
Weblog: うずれこ。
Tracked: 2005-03-13 21:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。