2011年12月03日

対ファジアーノ岡山@カンスタ

◎Jリーグ2部第38節 2011年12月3日12時30分キックオフ
 (kankoスタジアム)観衆8,833人

ファジアーノ岡山  1(0−0)0  徳島ヴォルティス
           (1−0)

得点:岡=久木田(90+5分)
警告:岡=田所(47分)、岸田(80分)
   徳=倉貫(74分)、衛藤(82分)

(ファジアーノ岡山)
GK 真子21
DF 一柳30
   後藤3
   植田23
MF 仙石28
   千明8
   澤口2
   妹尾7
   金民均26(→84分、纉c11)
   田所25(→86分、久木田35)
FW 石原45(→69分、岸田9)

(徳島ヴォルティス)
GK オ・スンフン21
DF ペ・スンジン20(→60分、島村22)
   三木2
   エリゼウ4
   西嶋6
MF 倉貫8
   斉藤16
   徳重7
   柿谷13(→70分、島田10)
FW 津田11
   ドウグラス9(→79分、衛藤17)


いよいよ最終節

今日はいよいよ運命の今シーズン最終戦。J1昇格をかけた大一番だ。岡山は朝から雨が降ったりやんだりの天気だったが、開門後には雨は上がった。ただ、試合が始まるとやや冷たい風が吹き始めた。空が暗いので、12時30分キックオフにもかかわらず照明が点灯された。

昇格のかかった試合ということで徳島からも大勢のヴォルティスサポーターが駆けつけた。ヴォルティスのアウェイ戦としては間違いなく過去最多の人数だ。岡山にとってもホーム最終戦なのだが、直前の雨の影響もあってか、岡山のサポーターは思ったほど多くなかった。

バックスタンドのアウェイエリア

アウェイエリアのスタンド前にはいくつものTVカメラが並び、サポーターの一喜一憂を映し出していた。アウェイでは今までになかったことだ。また、ファジ丸くんが「ようこそ岡山へ」のプラカードを持ってやってきた。

アウェイエリアを映すTVカメラとファジ丸くん

スタジアム正面にはファジフーズをはじめ、たくさんのブースが並び、なかなかの賑わいを見せていた。ヴォルティスのレプリカユニフォームを着た人も多い。

ファジフーズの行列

ヴォルタくんやティスちゃん、ボールくんもやってきていたが、今日のティスちゃんはプロポーションがいつもと違う(足が長い)。

自分のぬいぐるみを手にするヴォルタくん 足の長いティスちゃん

スタジアム正面のステージ前では、徳島から娯茶平による阿波踊り、岡山からは蓮雫によるうらじゃが披露された。

娯茶平による阿波踊り披露

ヴォルティスのスタメンは、出場停止の佐藤に代わってドウグラスがFWに入り、橋内に代わってペ・スンジンが右SBに入った以外は前節と同じ。リザーブには長谷川、橋内、佐藤に代わって榎本、島村、島田が入った。

前半は立ち上がりからヴォルティスがボールを支配して敵陣で試合を進めるが、決定機を作れない。次第に岡山が反撃に転じ、右サイドで相手の裏を取って何度か惜しい場面を作る。

岡山は15分、DF三木のパスを左寄りでカットしたMF妹尾からの縦パスをFW石原が受け、左寄りからフリーでシュートを放ったが、ポストの右へ外れた。19分には右サイドから妹尾がドリブルで仕掛け、石原を経由して正面のMF金民均へパスが通ると、金民均は反転してシュートを放ったが、クロスバーを越えた。

動きの硬かったヴォルティスはようやく21分、MF柿谷の左ロングスローをニアサイドのDF西嶋が頭で落とすと、正面からMF徳重がボレーシュートを放ったが、GK真子の正面を突いた。32分にはDFペ・スンジンの右アーリークロスにゴール前のFWドウグラスが頭で合わせたが、わずかにポストの左へ外れた。

41分には正面左寄りをドリブルで攻め上がった柿谷が思い切りよく左足を振り抜くと、これが対峙したDF一柳の足に当たって微妙に角度が変わり、ゴール右隅を襲ったが、GK真子がかろうじて触ったこともあって右ポストに跳ね返された。結局、スコアレスで前半終了。

ハーフタイムには他会場の途中経過の情報が入り、3位のコンサドーレ札幌がFC東京を2-0とリードして前半を折り返していた。もしこのまま札幌が2点差で勝つとすれば、ヴォルティスは4点差以上で勝たなければならない。

攻めるしかないヴォルティスは2分、ドウグラスのパスを左サイドで受けた柿谷がドリブルから左クロスを上げると、ゴール正面でFW津田がMF田所に倒されてPKを獲得。しかし3分に徳重が左寄りを狙ったキックはGK真子に弾かれ、クロスバーの下に当たって地面に跳ね返ったが、ゴールラインを割らずにGK真子にキャッチされた。

絶好の先制機を逃したヴォルティスはその後も前がかりになって岡山ゴールに迫るが、岡山の守備を崩せず、逆にたびたびカウンターからピンチを招く。岡山は16分、左寄りから石原がドリブルで攻め込み、ペナルティエリアの左角からシュートを放ったが、クロスバーを越えた。18分にはMF澤口がペナルティエリアの右角から強烈なシュートを放ったが、GKオ・スンフンのファインセーブに阻まれた。

ヴォルティスも22分、MF倉貫が途中出場のDF島村とのパス交換からドリブルでペナルティエリアの右寄りを攻め上がり、中央へ低いクロスを送ったが、DF植田の足に当たってゴール方向へ転がったボールはGK真子にキャッチされた。25分には津田の右クロスから波状攻撃を仕掛けるが、ドウグラスのシュートがブロックされるなどしてゴールは奪えない。

次第に残り時間が少なくなり、昇格のためには点を取るしかないヴォルティスはバランスを崩して必死で攻める。そして試合は4分間のATへ。岡山はヴォルティスの攻撃を防ぐと、カウンターで何度か決定機を迎えるが、フィニッシュを決めきれない。

それでもAT5分、岡山はMF千明とのワンツーパス交換で左寄りの裏へ抜け出した植田が、中央へフリーで走り込んだ途中出場のFW久木田へパスを送り、これを久木田がゴール右寄りへ蹴り込んで土壇場で先制。再開のキックオフ直後に試合終了の笛が鳴り、1-0で勝利を収めた岡山が「PRIDE OF 中四国」の初代王者に輝いた。

そして札幌ドームでは札幌がFC東京に2-1で勝ったため、ヴォルティスのJ1昇格の夢はここで破れた。引き分けでは昇格できないので最後の失点はやむをえないだろう。むしろ、それまでに1点も奪えなかったことが残念だった。

前節、そして今節と、昇格をかけた大事なラスト2試合で連続の完封負け。内容的にも攻撃の形を作れない試合が続き、残念ながらまだJ1に上がるだけの力はなかったと言わざるを得ない。悔しいが、この悔しさを忘れず、来シーズンに活かしたい。

とはいえ、今年はクラブ史上初めて、最終節まで昇格を争う充実したシーズンを過ごすことができ、本当に楽しい一年だった。選手やスタッフには心から感謝したい。一年間お疲れ様でした。そして感動をありがとうございました。

試合後にはヴォルティスの選手たちが涙を流しながらスタンドに挨拶をし、一段落した後、岡山のホーム最終戦セレモニーが始まった。

岡山のホーム最終戦セレモニー

ヴォルティス、大一番で不発

J's GOAL | ゲームサマリー
posted by ナカヲ at 21:58| 徳島 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全くいいところなく試合が終わり、残念な悔しい気持ちで一杯です。
しかし、ナカヲさんの言われるように、最後の最後まで昇格争いを演じてファンを楽しませてくれたわけですから、年間を通して見れば最高のシーズンだったと評価すべきなのでしょう。負け惜しみでなく、本当にそう思います。来年に期待します。
Posted by ファン4年生 at 2011年12月03日 22:53
こんばんは。m(__)m
帰宅してようやく頭の整理がついたので、今シーズンも色々ありましたが、試合レポート・応援お疲れ様でした。
まぁ来シーズンの課題としては昇格プレッシャーに負けない精神力と終了間際の守備力の強化ですかね?
来年のチーム編成がどうなるのか解りませんが、終了間際の失点はやめていただきたいと思いますwwwwww
(ノ∀`)アチャー
帰りのマリンライナーに乗る前にカツ丼屋の『味司野村』で一番値段の高いヒレカツ丼をやけ食いしてしまいました。今は反省してますwwwwwwww
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \/ \
Posted by ナオキ at 2011年12月04日 00:51
ナカヲさん、1年間参戦と詳細な現場レポートをありがとうございました。
ファン4年生さんのおっしゃるとおり、最終戦まで楽しみました。
選手、監督、チームに感謝です!
一夜明けた今となって、冷静になりました。

ここ一番の大きな試合で力を出せないのは、J1で通用しないでしょう。
キャンプでもっと力をつけて来季はJ1昇格だけでなく優勝を目標にしてもらいたいです。
できる限り今のメンバーでやって欲しいですが。
(ニュースに出ていた甲府のハーフナーマイクの意見に賛同・・・)

ナオキさん、胃腸は大丈夫ですか??
Posted by 遠くから応援しています。 at 2011年12月04日 08:18
>遠くから応援しています。さん
ちょっと胸焼けしましたが、今朝起きてJ'sGoalのフォトニュースで自分が写されて初めて現実を知って涙が...
。・ ゚・。* 。 +゚。・。* ゚ + 。・゚・(ノД`)
また来年お会い出来る機会がありましたら一緒に愚痴り合いしましょうね(はぁと)
(ノ∀\*)キャ
Posted by ナオキ at 2011年12月04日 21:17
FC岐阜サポーターより、一言申し上げます。
西京極行ってきまして、負けた悔しさを引きずりながら、徳島の結果も知ることとなりました。
申し訳ないのですが、どのような言葉で労ったらよいかわかりません。
お互い、来年もう一度やり直しですね。
Posted by 元野球応援団 at 2011年12月04日 23:50
>ファン4年生さん
コメントありがとうございます。
悔しかったですが、この悔しさを来年につなげればいいのです。
足りなかった部分を来年、しっかりと埋めて上がりましょう。

>ナオキさん
遠征お疲れ様でした。
まあ攻撃に関しても足りない部分が多々ありましたよね。
そしてやっぱりチーム以外の部分。まだまだJ1レベルには程遠いと思います。
それでも今年昇格争いをしたことでいい流れが来ているので、来年ですね!

>遠くから応援しています。さん
コメントありがとうございます。
最後まで楽しませてくれて、チームには本当に感謝ですね。いい経験ができました。
おっしゃるとおり、来年は3位ではなく1位を目標に戦っていきたいですね。

>元野球応援団さん
コメントありがとうございます。
悔しかったけど納得もしています。足りない部分があることは分かっていましたし。
来年は降格制度が始まるはずなので、昇格争いだけでなく残留争いも熾烈になるはず。
今年4位だから降格しないという保証はないし、今年最下位でも6位に入る可能性はあります。
お互いにまた来年頑張りましょう!
Posted by ナカヲ at 2011年12月09日 06:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。