2011年12月04日

藤枝、PK戦制しJFL昇格

今日は大阪市長居第二陸上競技場へ全国地域サッカーリーグ決勝大会の決勝ラウンド最終日を見に行った。今日の大阪は晴れたり曇ったりの天気で、試合前には陽射しがあって暖かかったが、キックオフ後には曇って寒くなってきた。

決勝ラウンドは昨日、第二日の第一試合でshizuoka.藤枝MYFCとHOYO AC ELAN大分が対戦し、0-0からPK合戦を7-6で制した大分が初勝ち点、初勝利を挙げた。

大分は徳島ヴォルティスから期限付き移籍中のDF安藤と、元徳島ヴォルティス・セカンドのFW佐藤がそろってフル出場、PK合戦では安藤が3人目のキッカーとしてゴールを決め、チームの勝利に貢献した。一方、藤枝はアランと元ヴォルティスの石田祐というスリートップのうちの2枚を同時に出場停止で欠いたのが響いた。

第二試合では横浜スポーツ&カルチャークラブ(YSCC)がスポーツクラブ相模原との関東勢対決を2-1で制し、連勝で2位以内、つまりJFL昇格を確定させた。一次ラウンドでは全参加チーム中唯一、PK合戦なしの3連勝を飾った相模原だったが、決勝ラウンドではまさかの2連敗となり、最終日を前に2位以内の可能性が消えた。

第二日を終わった段階での勝ち点は、YSCCが6、藤枝が4、大分が2、相模原が0。今日の結果次第でYSCCは1〜2位、藤枝は1〜3位、大分は2〜4位、相模原は3〜4位の可能性があり、それぞれが今大会優勝、JFL昇格決定、あるいは3位でのJFL入れ替え戦進出をかけて最終戦に臨んだ。

まず、今日の第一試合は藤枝とYSCCの対戦。藤枝は90分以内で勝てば優勝、PK勝ち以上でJFL昇格が決まる。PK戦で敗れても得失点差を考えれば2位以内確保の可能性が高いが、サッカーは何が起こるか分からないだけに、勝っておきたいところ。対するYSCCはすでに昇格が決まっており、90分以内で負けさえしなければ優勝が決まる。

「待ってろJFL!!」のシャツを着た藤枝FW皆川 ベンチ外選手のユニフォームが掲げられたYSCCベンチ

藤枝のスタメンは以下の通り。
GKは豊瀬。DFは右から斎藤、望月、内田、田隆法。MFはボランチに石井、その前に洪泰日と納谷。FWは右からアラン、橋本、石田祐。ただし、例によって藤枝のスリートップはポジションを流動的に変えてくる。

藤枝のスタメン

対するYSCCのスタメンは以下の通り。
GKは浜村。DFは右から片根、白井、服部、後藤。MFはボランチに平間と小澤、二列目に右から須原、吉田、吉野。FWは辻のワントップ。

YSCCのスタメン

余談だが、藤枝は元日本代表のDF斉藤俊秀氏が選手兼任で監督を務めており、上半身だけユニフォームという違和感のある格好でベンチから指揮を執っていた。

藤枝の斉藤監督

前半は立ち上がりから藤枝がいい出足を見せ、いきなり4分、相手のクリアボールをアランが正面から豪快なダイレクトボレーのミドルシュートでゴールに突き刺して先制した。まさかシュートを打たれると思っていなかったGK浜村はなすすべもなく頭上を抜かれてしまった。

先制点を決めてベンチに駆け寄る藤枝FWアラン

さらに藤枝は7分、左サイドで得たFKをMF納谷がゴール前へ蹴り込むと、誰にも触られずにそのままゴールを襲ったが、GK浜村の正面を突いて弾かれた。試合前には温かい陽射しが降り注いでいたが、キックオフ後まもなくして曇り空に変わり、寒くなってきた。

その後はYSCCもパスがつながり始めるが、藤枝は守備に人数をかけてYSCCの攻撃をしっかりと潰していく。藤枝は15分、右寄りで得たFKを納谷がゴール前へ蹴り込み、ファーサイドのアランが頭で合わせたが、クロスバーを越えた。

しかしYSCCは18分、MF平間のパスを左サイドで受けたDF後藤がドリブルからグラウンダーの左クロスを送ると、ニアサイドへ走り込んだMF吉田が合わせてゴール右隅へ決め、同点に追いついた。

同点ゴールを決めたYSCCのMF吉田

その後もどちらかと言えば藤枝が押し気味に試合を進め、20分にはアランの縦パスを正面でFW石田祐がつなぎ、石田祐のパスに左寄りへ抜け出したFW橋本がフリーでシュートを放ったが、GK浜村にセーブされた。

しかし30分を過ぎたあたりから徐々にYSCCが主導権を握り始め、いつも通りの華麗なパスサッカーで攻め込む。YSCCは34分、ペナルティエリアとバイタルエリアの境目付近から波状攻撃をかけると、最後は正面から吉田がシュートを放ったが、ゴール左隅を襲ったボールはGK豊瀬がキャッチ。

藤枝も37分、自陣で得たFKをDF内田が前線へ送り、ペナルティエリア手前の右寄りで石田祐が頭で落としたボールに、正面右寄りへ走り込んだアランが合わせたが、GK浜村にキャッチされた。YSCCは43分、右寄りで得たFKをMF須原が直接狙ったが、ポストの右へ外れた。結局、1-1の同点で前半終了。

ゴール前でシュートを放つ藤枝FW石田祐

後半も立ち上がりから藤枝が攻勢をかけ、3分には高い位置でボールを奪った橋本から左寄りでパスを受けたアランがフリーでシュートを放ったが、GK浜村にセーブされ、ファーサイドへこぼれたボールに詰めた石田祐も合わせられず。

YSCCも12分、正面でロングパスをフリーで受けた吉田が飛び出してきたGKと一対一になったが、ループシュートはクロスバーを越えた。16分にはMF吉野のパスを右寄りで受けた吉田がドリブルからシュートを放ったが、ポストの左へ外れた。

藤枝は18分、左寄りのゴールライン際で相手ボールを奪った橋本がドリブルでゴールに迫り、シュートを放ったが、左隅を襲ったボールはGK浜村にセーブされた。22分には右クロスに正面のアランが軽く頭で合わせたが、ポストの左へ外れた。

その後も藤枝がやや押し気味に試合を進めるが、疲れからか両チームともプレーの精度が悪い。YSCCは27分、左寄りでスルーパスを受けたFW辻がドリブルで攻め込んだが、シュートは相手に当たってポストの右へ外れた。

藤枝も29分、石田祐のパスを左寄りで受けたアランが正面左寄りへパスを出すと、そこへ石田祐が走り込んだが、わずかに合わずGK浜村にキャッチされた。31分には右寄りでスルーパスを受けた石田祐がゴールライン寸前で折り返すと、正面でフリーのアランが頭で合わせたが、GK浜村の正面を突いてキャッチされた。

YSCCは36分、平間の左CKのクリアボールを正面で拾った内田がフリーでシュートを放ったがブロックされ、跳ね返りを途中出場のMF森田が再びフリーでシュートしたがこれもブロック。さらにこぼれ球を右寄りからフリーの吉田がシュートしたが、クロスバーを越えた。

後半は陽射しが出て暖かかったが、40分頃からは細かい雨が落ちて天気雨になった。YSCCは42分、後藤の左スローインを左サイドで受けた辻がドリブルで攻め込み、左寄りからシュートを放ったが、相手に当たってポストの右へ。43分には平間の右CKを正面の内田が頭で流し、ファーサイドの辻が頭で合わせたが、クロスバーを越えた。結局、両チームとも勝ち越しゴールを奪えないまま、後半が終了した。

同点のまま後半が終了

この時点でYSCCが最低でも勝ち点1を上積みすることが確定したため、YSCCの優勝が決定した。藤枝はこの後に行われるPK合戦に勝てば昇格が決定することになる。

PK合戦はYSCCの1人目がクロスバーの上へ外したが、藤枝の1人目もGK浜村にセーブされた。その後は両チームとも6人連続で成功させ、迎えた8人目、YSCCのキックは藤枝のGK豊瀬にセーブされた。

PKをセーブした藤枝GK豊瀬 

そして藤枝は何と豊瀬が自ら8人目のキッカーを志願し、これをきれいに右隅へ決めて勝負あり。YSCCに続いて藤枝もJFL昇格を決めた。

PK成功で勝利を決めて喜ぶ藤枝GK豊瀬 昇格を決めて折り重なる藤枝の選手たち PK合戦のファイナルスコア

藤枝の応援席は大喜び。選手やスタッフの挨拶の後は、スタンドをバックに記念撮影が行われ、さらには監督の胴上げも行われた。

応援席に掲げられたJFL行きの片道切符 スタンドに挨拶する選手たち 斉藤監督の胴上げ

この後、第二試合の相模原対大分が行われたが、私は用事があるので会場を後にした。後で結果を確認したところ、大分が2-1で競り勝って3位を確保したとのこと。大分は安藤と佐藤がそろってフル出場し、佐藤は決勝点につながるラストパスを供給した。一方、相模原では今大会ここまですべてベンチを温めるにとどまっていた元ヴォルティスのDF八田が初めてスタメン入りし、後半20分までプレーした。

通常なら今大会の3位はJFL16位との入れ替え戦に回らなければならないが、今シーズンはジェフリザーブズのJFL退会が決まっているうえ、ちょうど大分の試合が終了する30分ほど前に松本山雅FCと町田ゼルビアがそろって勝ってJリーグ入りを濃厚にしたため、大分は3位でも入れ替え戦なしでJFLに昇格できる可能性が高くなった。初日の大敗からしっかりと立て直し、2勝1敗(うち1勝はPK勝ち)で目標を達成したのは見事というほかない。

◎全国地域サッカーリーグ決勝大会決勝ラウンド第3日第1試合
 2011年12月4日10時45分キックオフ
 (大阪市長居第二陸上競技場)観衆650人

shizuoka.藤枝MYFC  1(1−1)1  横浜スポーツ&カルチャークラブ
(東海リーグ1部)   (0−0)   (関東リーグ1部)
             PK戦
             7−6

得点:藤=アラン(4分)
   横=吉田(18分)
警告:藤=石田祐(75分)
   横=後藤(36分)、白井(40分)

(shizuoka.藤枝MYFC)
GK 豊瀬32
DF 内田4
   斎藤5
   望月17
   田隆法20
MF 石井7
   納谷8
   洪泰日13(→63分、清水19)
FW アラン9
   石田祐14
   橋本18

(横浜スポーツ&カルチャークラブ)
GK 浜村1
DF 白井3
   服部4
   後藤19
   片根32
MF 平間7
   吉田8
   小澤13
   須原23(→86分、松田9)
   吉野25(→64分、森田15)
FW 辻11

■PK合戦
先攻       後攻
横浜       藤枝
浜村 = GK = 豊瀬
服部 W 1 SV 内田
小澤 ○ 2 ○ 斎藤
後藤 ○ 3 ○ 田隆法
辻  ○ 4 ○ アラン
吉田 ○ 5 ○ 石井
松田 ○ 6 ○ 納谷
平間 ○ 7 ○ 清水
片根 SV 8 ○ 豊瀬
posted by ナカヲ at 17:27| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。