2011年12月04日

シーズン終了謝恩会を開催

大阪で全国地域サッカーリーグ決勝大会の第一試合を観戦した後、高速バスで徳島へ移動し、徳島駅に隣接したホテルクレメント徳島の宴会場で行われた徳島ヴォルティスの2011年シーズン終了謝恩会に出席した。

ロビーに飾られたヴォルティスグッズ

選手とチームスタッフが一人ずつ紹介されて背番号順にステージに上がった後、まずは新田社長が挨拶し、美濃部監督が今シーズン限りで退団することが明かされた。

ステージに上がった選手とスタッフ

引き続き、美濃部監督が挨拶し、大きな拍手を受けた。挨拶の最後には感極まって涙ぐむ場面も見られた。さらには飯泉県知事の挨拶、そしてスポンサーを代表してキョーエイグループ副会長の挨拶と続いた。

涙ぐむ美濃部監督 挨拶する飯泉県知事 挨拶するキョーエイグループ副会長

乾杯の後は歓談タイムとなり、出席者が選手やスタッフとの会話を楽しんだ。退任が決まった美濃部監督の前には順番待ちの長い列ができていた。

その後、ステージ上では徳島ヴォルティス専属チアリーディング部「BLUE SPIRIT」によってチアダンスが披露された。

BLUE SPIRITのチアダンス

さらには全選手サイン入りユニフォームが当たる抽選会が行われ、当選者がプレゼンター役の選手と記念撮影していた。

当選者を発表するMF倉貫 ユニフォームを贈呈するDF西嶋 当選者と記念撮影するGK榎本

オフィシャルファンクラブ「CLUB VORTIS」のポイント上位者の表彰に続いては、サポートスタッフ皆勤賞の表彰も行われた。

新田社長との記念写真に応じる皆勤のサポートスタッフ

その後はステージの両隣にあるビジョンを使って今シーズンの全ゴール集が上映され、試合会場などでの投票で決まったベストゴール上位3つが発表された。3位は11月の四国ダービーでのDFエリゼウのゴール、2位は11月の湘南ベルマーレ戦でのMF徳重の逆転ゴール、そして1位は7月の東京ヴェルディ戦でのFW津田の同点ゴールだった。

全ゴール集の上映

ベストゴールを受賞した津田はステージに上がって花束を受け取り、引き続きインタビューが行われた。

記念撮影に応じるFW津田 花束を手にインタビューに応えるFW津田

最後に全選手とスタッフが再びステージに上がり、まずは倉貫キャプテンが一年間の声援に感謝の言葉を述べた。

ステージ上の選手とスタッフ 挨拶するMF倉貫

続いて、飯泉県知事から美濃部監督への花束贈呈が行われ、最後は冨本取締役の挨拶で閉会となった。

飯泉県知事から花束を受け取る美濃部監督 飯泉県知事と美濃部監督のツーショット
posted by ナカヲ at 23:50| 徳島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美濃部監督、お疲れさまでした!敵サポーターから見ても、すばらしい監督だったと思います。でも、勿体無いですよ。
シーズン終了直後に、こうしてお別れできる機会を持てるヴォルティスを羨ましく思います。
Posted by 元野球応援団 at 2011年12月11日 01:52
>元野球応援団さん
オファーしてみてはいかがでしょうか? あ、もう新監督決まりましたね(笑)
謝恩会に参加できる人はお別れの機会を持てますが、誰でも参加できるわけではないので
本当は以前のようにファン感謝祭をシーズン終了後に開催してほしいんですけどね。
Posted by ナカヲ at 2011年12月24日 19:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。