2011年12月06日

SAGAWA、2年ぶりJFL制覇

日本フットボールリーグ(JFL)は先週末の3〜4日、各地で前期第2節の8試合と震災復興支援試合が行われ、首位のSAGAWA SHIGA FCはアウェイでJリーグ準加盟の10位・カマタマーレ讃岐を2-1で破って7連勝を飾るとともに、2年ぶり3度目のリーグ優勝を決めた。
日本フットボールリーグ

SAGAWAは前半41分に先制したものの、前半AT2分に追いつかれたが、後半41分に再び勝ち越すと、今度は最後までリードを守り切った。シュート数は讃岐の半分の9本だったが、決定力の高さで上回った。

讃岐はホーム最終戦で4試合ぶりに得点を挙げたものの、9試合勝利なしの4連敗で11位へ後退した。なお、讃岐の元徳島ヴォルティス・セカンドMF野口はフル出場している。

2位のAC長野パルセイロはホームで8位のFC琉球と対戦し、3-1の逆転勝ちで3連勝を飾るとともに昇格1年目での2位以内を確定させた。しかし首位のSAGAWAも勝ったため、1999年の第1回大会の横浜FC以来となる参加初年度での優勝はならなかった。

3位を争うJリーグ準加盟の3チームは明暗が分かれた。3位の松本山雅FCはアウェイで9位のホンダロックSCと対戦し、2-0の完封勝ちで5連勝を飾った。最終戦はソニー仙台FCとの震災復興支援試合のため、これで今シーズンのリーグ戦全日程を終えたことになる。一方、敗れたロックは今シーズン2度目の3連敗で7試合勝利なしとなった。

また、4位の町田ゼルビアはアウェイで15位・アルテ高崎と対戦し、スコアレスドロー目前の後半43分にMF酒井のゴールで先制、そのまま逃げ切って前節の雪辱を果たした。町田の元ヴォルティスDF藤田はフル出場で完封勝利に貢献している。敗れた高崎は今シーズンホーム3勝目はならず、16位へ後退した。

一方、5位のV・ファーレン長崎はアウェイで11位・栃木ウーヴァFCと対戦し、相手の2倍のシュートを放ちながら0-4の大敗を喫した。長崎は7試合ぶりの黒星、逆に栃木は5試合負けなしで10位へ浮上した。

その結果、3位の松本と5位の長崎の勝ち点差が4に開いたため、松本の4位以内が確定し、Jリーグ昇格が内定した。また、4位の町田は5位の長崎に勝ち点差3をつけ、得失点差でも14点上回っていることから、こちらも4位以内がほぼ確実となり、Jリーグ昇格に大きく前進した。なお、昇格は今月12日のJリーグ臨時理事会で正式決定される。

6位のツエーゲン金沢はアウェイで16位・MIOびわこ草津と対戦したが、0-2の完封負けを喫し、5試合勝利なしで7位へ後退した。一方のびわこは元ヴォルティスFW菅原の2ゴールを挙げる活躍でホーム最終戦を飾り、5試合ぶりの勝利で15位へ浮上した。

金沢の元ヴォルティスMF井上は久々のスタメン出場で後半35分まで出場。びわこでは、フル出場の菅原がヒーローになったほか、元ヴォルティス・2ndのDF園田も後半15分から出場した。

7位のHonda FCはアウェイで17位のジェフリザーブズと対戦し、2-1で勝って6位へ浮上した。今シーズン限りで活動を終えるジェフは、この試合がホームでのラストゲームだったが、8月11日以来のホームでの白星は挙げられなかった。

最後に、ここ4試合勝利のない13位・ブラウブリッツ秋田はアウェイで14位の横河武蔵野FCと対戦し、激しい点の取り合いの末、3-3で引き分けて13位をキープした。

また、復興支援試合では、すでに最下位の決まっているソニー仙台FCが12位の佐川印刷SCと対戦し、1-1で引き分けた。この試合はソニーのホーム最終戦だったが、586人の観衆が詰めかけた。なお、ソニーの元ヴォルティスDF谷池はフル出場している。

松本と町田のJリーグ昇格が濃厚となったことから、最下位のソニーは入れ替え戦を戦うことなくJFLに残留できる可能性が高まった。同時に、全国地域サッカーリーグ決勝大会の決勝ラウンドで3位に入ったHOYO AC ELAN大分のJFL昇格も濃厚となっている。

今週末はいよいよ最終節となる前期第1節が行われ、優勝を決めたSAGAWAがホームに2位の長野を迎えるほか、4位の町田はホームで11位の讃岐と、5位の長崎はホームで17位のジェフと対戦する。得失点差に14もの開きがあるとはいえ、町田としてはホーム最終戦に勝利して気持ちよくJリーグ入りを決めたいところだろう。なお、3位の松本はホームで最下位のソニーと復興支援試合を戦う。
posted by ナカヲ at 20:33| 徳島 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Hondaは、調子がでないですね。
他のチームがHonda以上に力をつけたのでしょうか。
Posted by 遠くから応援しています。 at 2011年12月09日 09:23
山雅、とうとうやりました。
MF北村隆二の移籍以来、北信越1部一試合、市原での全社一試合(FC岐阜セカンドの試合もありました)、JFL三試合、今年の天皇杯長野県準決勝、計6試合応援に参加させていただきました。そういえばナカヲさんは、地域決勝行ったんやったね。素晴らしい経験でしたね。
厳しい戦いと辛過ぎる出来事を乗り越えたチームですから、恐るべきライバルになることでしょう。負けるわけにはいきませんが、今の岐阜では、ちょっと恐い。(アチャ〜〜!)
何人かのサポーターさんにたいへん親切にしていただきました。来年、また会うことになるでしょうけど、心から祝福したいと思います。
Posted by 元野球応援団 at 2011年12月11日 01:39
>遠くから応援しています。さん
Hondaは震災の影響も大きかったと思いますよ。
開幕戦は本当にいいサッカーをしていたので、それを考えるとこの成績は残念でした。

>元野球応援団さん
自力昇格のない状況から一転して昇格決定、なんとも劇的な幕切れでしたね。
結局、私は地域決勝では何度も見たのにJFLでは一度も見る機会がありませんでした。
来年は嫌でも2度は見るので、セカンドの借りをきっちり返したいところです(汗)
Posted by ナカヲ at 2011年12月24日 19:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。