2006年10月09日

対愛媛FC@大塚G

今日は大塚製薬徳島グラウンドに練習試合を見に行った。
対戦カードは徳島ヴォルティス対愛媛FC。四国ダービーの練習試合版だ。
祝日で晴天ということもあり、いつになく大勢の観客が集まった。
愛媛から駆け付けたサポーターも少なからずいたようだ。

大塚グラウンド

昨日試合があったばかりで、しかも試合に出なかった主力は休みのため、
スタメンにプロ選手は6人だけ。FW大島、トップ下に金尚佑、
ボランチにアンドレ、左サイドに石田、右DFに天羽、そしてGK高橋。
あとはすべてアマチュアやユースの選手、そして練習生(大学生か?)だ。

試合はどちらかといえば愛媛のペースで進み、
前半5分に最終ラインでミスパス奪われてそのままあっさりと失点。
その後も愛媛のスピードに押され、パスがつながらずに危ない場面を招いた。
攻撃では左サイドの石田がよく頑張っていたが、決定機は作れず。

後半はGK以外のプロ選手全員が退き、たびたびピンチを招いたが、
高橋が「ノリヲーラ」連発でことごとく防いだ。
すると30分、右CKに練習生が頭で合わせて同点。さらに39分には相手ゴール正面で
アマチュアのFW笹野がDFに競り勝って豪快にシュートを決め、勝ち越し!
そのまま2-1でヴォルティスが愛媛FCを破った。

正直言って、アマチュア主体の後半のほうがパスをしっかりつなぐ
いいサッカーを披露できていたと思う。
個々の能力ではプロの選手のほうが上なのだから、もっと練習を積んで
質の高いサッカーをできるようになってほしい。

トップ下で動き回ったMF金尚佑 ボランチとして前線へパスを供給したMFアンドレ

◎練習試合 10月9日14時00分キックオフ
 (大塚製薬徳島グラウンド)=45分ハーフ

徳島ヴォルティス 2(0−1)1 愛媛FC
(Jリーグ2部)  (2−0)  (Jリーグ2部)

得点:徳=練習生(75分)、笹野天史(84分)
   愛=小原(5分)

(徳島ヴォルティス)
GK 高橋
DF 天羽(→45分、古川敢也=アマ)
   練習生
   松本峻=アマ
MF 練習生
   アンドレ(→45分、辻本剛士=アマ →80分、青山一茂=ユース)
   練習生(→80分、前田昌志=ユース)
   金尚佑(→45分、中村雄太=ユース)
   石田祐樹(→45分、堀河俊大=ユース)
FW 笹野天史=アマ
   大島(→加藤祐樹=アマ)


posted by ナカヲ at 17:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。